Lenon


Lenonをフォローしよう!


お互いに支えあいながら集団社会をたった2匹で生き抜くウサギの美しい姿に胸が熱くなる…!


不遇な2匹

今回ご紹介する2匹のウサギは、連れてこられたシェルターでいつも一緒に行動していました。

茶色い毛色で耳が垂れている方は、「ブランブル」と言う名前でドワーフロップ種である5歳のウサギ。

元の飼い主は、長期休暇のため世話ができなくなったという理由で、イギリスのイーストサセックス州にある

「Raystede Centre for Animal Welfare」と言うシェルターに連れて行きました。

白いヒマラヤン種のウサギは、「ボタン」という名前で6歳になります。

この子の場合は、金銭的な理由で元の飼い主が連れて来ました。

お互いに飼い主に恵まれなかったせいか、見知らぬシェルターでかけがえのない存在となります。

それには、ある理由が隠されていたのでした。

詳細は次のページでお伝えいたします。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

思い出してください!戦争が起こると人間のみならず、動物にも犠牲が出るのです・・・

今回は、戦争によって深く傷ついた犬の悲しいお話をご紹介いたします。 マーリーと名付けられた犬は、紛争 …

大好物のご飯をじ〜っと見つめる子犬→食事前にとってもお行儀の良い行動をとった!

食べ盛りの生後11週になるラブラドールの子犬です。 どうやらご飯の時間が来たようです。 この年頃のワ …

ずっと行方不明だった愛猫と念願の再会を果たした自閉症の少年!嬉し涙を流した感動の瞬間がこちら・・・

ストレスや強い不安感を和らげるために、動物の力を借りることをアニマルセラピーといいます。 動物と触れ …

キシリトールガムを食べたワンちゃんが死んでしまった!→全ての人にこの危険な事実を知ってほしい・・・

皆さんは動物を飼ったことはありますか? 動物によって食べてはいけないものがあるということをご存じです …

飼い主の結婚式に参列した犬は、式が終わった途端に歩かなくなった→事情を知った時、招待客全員の涙が止まらなかった…!

アメリカのコロラド州で獣医を務めているケリー・オコーネルさんは、 人生で最も幸せな一日とも言える自身 …

PREV : 思わず応援したくなる楽屋裏の姿(笑)暑い夏でもゆるキャラは笑顔を絶やしません!
動物園にて、「多すぎるから」と言う理由だけで殺処分された9頭の小さなライオンたち! : NEXT