Lenon


Lenonをフォローしよう!


お互いに支えあいながら集団社会をたった2匹で生き抜くウサギの美しい姿に胸が熱くなる…!


不遇な2匹

今回ご紹介する2匹のウサギは、連れてこられたシェルターでいつも一緒に行動していました。

茶色い毛色で耳が垂れている方は、「ブランブル」と言う名前でドワーフロップ種である5歳のウサギ。

元の飼い主は、長期休暇のため世話ができなくなったという理由で、イギリスのイーストサセックス州にある

「Raystede Centre for Animal Welfare」と言うシェルターに連れて行きました。

白いヒマラヤン種のウサギは、「ボタン」という名前で6歳になります。

この子の場合は、金銭的な理由で元の飼い主が連れて来ました。

お互いに飼い主に恵まれなかったせいか、見知らぬシェルターでかけがえのない存在となります。

それには、ある理由が隠されていたのでした。

詳細は次のページでお伝えいたします。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

短くてかわいい足で夏を満喫→水遊びに大はしゃぎなコーギーをご覧ください…!

夏といえばプール、海、スイカ、花火など、考えればきりがありません。 しかし、今からあなたは「夏といえ …

必死の訴え…!眉間にしわを寄せて何を言ってるのかにゃ?

とあるお家に一匹の猫がやってきました。 場所を変えながら一生懸命何かを必死に訴えているその顔は、緊急 …

飼い主がいない間、ベッドではしゃいでいたワンちゃん!その様子が飼い主にバレた結果・・・

ワンちゃんを飼われている方ならこの姿、一度は見たことあるのではないでしょうか? 今、とあるワンちゃん …

オーストラリアから地球の裏側のアイルランドへ…迷子になった飼い猫がご主人様と奇跡の再会!

10歳の飼い猫であるジョージは、 オーストラリアのシドニーで飼い主のフィオナさんと一緒に幸せな日々を …

猫がいつもどこを散歩しているのか調べるためにGPSをつけた結果、驚愕の事実が判明!

街中を歩いていると日当たりの良さそうな民家の軒下で、 どこかの猫が心地よさそうにひなたぼっこしている …

PREV : 思わず応援したくなる楽屋裏の姿(笑)暑い夏でもゆるキャラは笑顔を絶やしません!
動物園にて、「多すぎるから」と言う理由だけで殺処分された9頭の小さなライオンたち! : NEXT