Lenon


Lenonをフォローしよう!


お互いに支えあいながら集団社会をたった2匹で生き抜くウサギの美しい姿に胸が熱くなる…!


不遇な2匹

今回ご紹介する2匹のウサギは、連れてこられたシェルターでいつも一緒に行動していました。

茶色い毛色で耳が垂れている方は、「ブランブル」と言う名前でドワーフロップ種である5歳のウサギ。

元の飼い主は、長期休暇のため世話ができなくなったという理由で、イギリスのイーストサセックス州にある

「Raystede Centre for Animal Welfare」と言うシェルターに連れて行きました。

白いヒマラヤン種のウサギは、「ボタン」という名前で6歳になります。

この子の場合は、金銭的な理由で元の飼い主が連れて来ました。

お互いに飼い主に恵まれなかったせいか、見知らぬシェルターでかけがえのない存在となります。

それには、ある理由が隠されていたのでした。

詳細は次のページでお伝えいたします。




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

2匹の犬は殺処分に怯える毎日を送っていた!お互いを守るように抱き合う彼らに救いの手が差し出される・・・

殺処分ゼロを目標に、動物保護活動に取り組む人は世界中に多く存在します。 しかし、殺処分が完全にゼロの …

保護施設で悲しそうな表情を浮かべていた猫!1週間後の幸せそうな様子に感動・・・

保護施設にいた時は、どこか悲しそうな表情を浮かべていた猫!あるお家に迎えられて1週間後の幸せそうな様子に感動・・・

悲惨なネグレクトの影響でボロボロだった犬を虐待を許さない人々の愛が救う・・・

タッカー この子はジャーマンシェパードのタッカー。 保護された時の彼の様子ですが皮膚の感染症にかかっ …

怪我をしたキツネの前に現れたライオンの家族がとった、弱肉強食の世界では信じがたい仰天行動とは?

アフリカのサバンナは過酷な弱肉強食の世界。 その頂点に君臨する「百獣の王ライオン」は、猫科の仲間では …

自然災害の写真を収めようとしていた→その数分後、まさかの救世主出現に驚かされる!

嵐に見舞われた南米の小さな町で起きた奇跡の救出劇。 そこに登場するのは私たち人間ではありません。 嵐 …

PREV : 思わず応援したくなる楽屋裏の姿(笑)暑い夏でもゆるキャラは笑顔を絶やしません!
動物園にて、「多すぎるから」と言う理由だけで殺処分された9頭の小さなライオンたち! : NEXT