Lenon


Lenonをフォローしよう!


ひどい被毛のもつれに苦しんでいたシーズーミックス!2キロの被毛との3時間にも及ぶ格闘の末・・・


ひどい被毛のもつれ

シーズーミックスと言う犬種でラグズと言う名前の犬が、ある家の裏庭に迷い込みました。

彼の被毛はもつれが酷く、毛玉のような状態でした。

家主によって、ラグズはミシシッピー州にある

「Clarksdale Animal Rescue Effort and Shelter(CARES)」に引き渡されます。

ラグズは被毛のもつれで体を締め付けられており、

CARESのスタッフはすぐに被毛をカットする作業を始めました。

CARESのペイジ・ドハーティーさんはこう語っています。

「今までで一番酷いもつれだったわ。長い時間をかけて耳や脚周りに絡みついて、ノミだらけだったの」

ラグズは穏やかで優しい犬のようで、ノミともつれで苦しんでいてもスタッフに笑顔を見せていました。

ラグズの生まれ変わった姿を、次のページにてご覧ください。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

猫とフェレットが仲良く昼寝している下でこの1匹は犠牲になったのだ・・・

猫とフェレットが仲良くお昼寝中!しかし一方で、その下で犠牲になっている1匹がいたのです…(笑)詳細はこちら・・・

モップのように汚れていたプードルが大変身を遂げ、第二の人生で幸せを掴む…!

モップのようなプードル ある日、 動物保護団体「Hope For Paws」に毛の絡まったホームレス …

子猫と離れ離れになった母猫が保護された場所で再会した瞬間に胸が熱くなる…!

母猫と子猫 不動産会社スタッフが、アメリカのニュージャージー州にある古い家屋を訪れました。 そしてそ …

10年間繁殖することを強制されたうえ、保護された後に余命半年と宣告された犬の運命は!?

10年間パピーミルで繁殖することを強制され続けていた犬!しかも保護された後には、余命半年だと宣告されてしまい・・・

「育てる価値はない」と言われた片目の猫がもう一度生きるチャンスをもらった結果・・・

特徴的な見た目から、「育てる価値はない」と言われた片目の猫!心無い言葉を受けながらも、もう一度生きるチャンスをもらい・・・

PREV : ファンが作った実写版ドラゴンボールが、DBファンなら絶対に見るべきクオリティだと話題に!
免許更新の講習で婦警さんが言い放ったこの世の真理に思わず心が折れそう・・・ : NEXT