「元気すぎる」と言う理由で2回も人間に捨てられたボーダーコリー!果たしてこの犬の運命は? | Lenon-2ページ

Lenon


Lenonをフォローしよう!


「元気すぎる」と言う理由で2回も人間に捨てられたボーダーコリー!果たしてこの犬の運命は?


元気すぎる

イギリスで生まれたボーダーコリーの「ビキ」は、生き生きとした瞳を持つ元気な3歳の女の子です。

高齢の飼い主さんが施設に行くことになり、

ビキは2016年9月に動物保護施設(動物虐待防止協会)に収容されてしまいました。

悲しい別れでしたが、元気一杯で可愛らしいビキにはすぐに里親さんが見つかります。

しかし、その里親さんはすぐにビキを手放してしまいました。

そして、次に名乗り出た里親さんも彼女を見捨ててしまったのです。

ビキを見捨てた2組の里親が語るには、「この子は元気が良すぎて手が付けられない」とのこと。

ボーダーコリーの特徴である活発さが、欠点にしか受け取られなかったのです。

ビキの未来

ビキは3年間という短い期間に、3度も施設に預けられました。

しかしそれでも、前向きに生きようとしています。

施設のスタッフは、責任感のある家族が見つかるまで里親を探し続けるそうです。

ビキに悲しい思いを二度とさせないと誓いました。

ボーダーコリーはフリスビー競技、ダンス競技にも適したワンちゃんです。

とにかく、ビキと一緒に思いっきり遊んであげられる里親さんや、

遊べなくても広い場所で好きなだけ走らせてくれる里親さんと出会えると良いですね。

気に入ったらいいね!してね♪

【関連記事】

何度も何度も人間に捨てられてしまっていた顔が変形している犬の運命は…?

飼い主に捨てられた過去を持つチワワが11匹の子犬を出産し、祝福の声続々!

この犬がゴミ同然に車の窓から捨てられた理由に背筋が凍る・・・

谷底に捨てられていたワンちゃんを保護しに行くとそこで衝撃的な光景を目の当たりに…!

ダンボールに入れられた状態で捨てられ、ひとりぼっちだった2本足の犬が自由を手に入れた瞬間に涙…!

出典:The Dodo



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

ニュースキャスターを驚かされるちょっとうるさい乱入者が現れる可愛い放送事故映像(笑)

ニュース番組中に大きな音 今回ご紹介するのは、番組の途中にいきなり現れた乱入者についてのお話です。 …

シェルターで一緒に暮らしていたフェネックと黒猫→感動の再会を果たした時の笑顔が微笑ましい…!

世界中には犬と猫、虎とライオン、オオカミとキツネなど、 異なる動物どうしにもかかわらず仲良く暮らして …

愛犬の大きな鳴き声が聞こえたので外を見ると、そこには兄想いの小さなヒーローがいた!

愛犬の大きな鳴き声 チワワのカーリー(Carly)には、サイラス(Silas)というお兄ちゃん的存在 …

ドッグショーでテンションが爆発したジャックラッセルテリア(笑)大会の話題を独り占め!

『Crufts』は英国で開かれる世界最大のドックショーです。 今年は3月9日から3月12日まで開かれ …

警察官が廃屋の中からの叫び声を聞き取った→その叫び声の主の正体に目を覆いたくなった…!

警察ドラマでは、警察官は事件の解決のため捜査して犯人を逮捕しますよね。 警察の仕事といえば、事件の解 …

PREV : エド・はるみの現在がとんでもないと話題に!芸人から慶應の研究者に転身!?
たとえ空振っても腕に止まっている蚊を思いっ切り叩くことで腕の痛みも吹っ飛ぶような効果が得られる!? : NEXT