Lenon


Lenonをフォローしよう!


「元気すぎる」と言う理由で2回も人間に捨てられたボーダーコリー!果たしてこの犬の運命は?


子馬ほど大きな大型犬のセントバーナードから猫よりも小さな超小型犬のチワワなど、

人間の都合によって犬達は改良されてきました。

そして、犬種の数は400以上にもなります。

そのように数ある犬種の中で、

盲導犬としても有名なあのラブラドールレトリバーをも越える頭脳を持ったワンちゃんがいます。

その犬種は「ボーダーコリー」です。

イギリス原産の牧羊犬であるボーダーコリーは広い大地に放牧された羊を誘導するのが主な仕事で、

仕事に対しての判断力と賢さと羊を思いやる優しい心の持ち主です。

しかしそんな広い牧場で声を出しながら走り回るワンちゃんが、狭い都会で暮らしたらどうなるのでしょう。

「元気が良すぎる」という理由で見捨てられてしまったワンちゃんのエピソードを、

次のページで詳しくご紹介いたします。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

飼い主のエゴで捨てられた2匹の仲良しワンちゃんたちの、たった1つの願いに耳を傾けてください…!

「引っ越すから」 「赤ちゃんが生まれるから」 そんな人間の勝手な都合で、捨てられてしまうワンちゃんた …

愛犬の安楽死を決めた飼い主が「最期の散歩」を呼び掛ける→胸が熱くなる光景が待っていた…!

イギリスの南西部に住んでいるマーク・ウッズさんは、あるつらい決断をしました。 18歳と高齢になる愛犬 …

飼い主が20日ぶりに帰宅!猫ちゃんは飼い主の顔を見た瞬間に・・・

20日間の留守番 私達の身近にいるペットで犬は「人に付き」、猫は「家に付く」といいます。 飼い主さん …

愛するペットとの「初めまして」と「さようなら」の日を写した15の写真が胸を打つ・・・

ペットとのお別れの日 時の流れは皆に平等にやってきます。 決して抗うことはできません。 出会いの後に …

野生に返したライオンは育てた人間を忘れてしまうのか?1年後に会いに行ってみると・・・

1969年のロンドンで、とある百貨店にライオンが売られていました。 客を呼び込むため「動物売り場」が …

PREV : エド・はるみの現在がとんでもないと話題に!芸人から慶應の研究者に転身!?
たとえ空振っても腕に止まっている蚊を思いっ切り叩くことで腕の痛みも吹っ飛ぶような効果が得られる!? : NEXT