1ヶ月もの間、車の中に監禁されていた犬が無事に保護された瞬間がこちら…! | Lenon-2ページ

Lenon


Lenonをフォローしよう!


1ヶ月もの間、車の中に監禁されていた犬が無事に保護された瞬間がこちら…!


救出劇

動物愛護団体のスタッフは飼い主である男性に対し、

「この子を直ちに安全な場所へ移しなさい」と話しましたが、彼は言うことを聞こうとはしませんでした。

そのためスタッフたちは地元の行政機関と協力し、少々強引な方法で犬を救出することに成功します。

栄養失調で弱っていた犬ですが命に別状はなく、外に出ると興奮した様子を見せていました。

動物愛護団体のスタッフによるとケージの扉を開けるやいなや、

目を輝かせながら犬は地面に飛び降りてきたと言います。

そして、ずっと足踏みを続けていたとのこと。

一体どれほどつらい思いをしていたのか、想像もつきませんね…。

犬のその後

救出された犬は、現在は地元の施設で保護されています。

施設でケアと治療を受けながら、のんびりとした日々を送っているそうです。

彼女の心の傷は深く、回復までにはたくさんの時間がかかることでしょう。

しかし彼女がこれから幸せな犬生を歩めるよう、全力で支えるつもりだと動物愛護団体は話しています。

車内にペットを閉じ込めるなど、絶対にやってはいけない行為です。

それが例え短時間であったとしても、気温の高い日はそれだけでペットが命を落とすこともあります。

夏場にはペットと一緒にドライブをする人も多くなってくると思いますが、

車外に出る際は必ずペットも連れていくようにしましょう。

気に入ったらいいね!してね♪

【関連記事】

愛犬を真夏の車内に置き去りにするということがどれほど危険なのかをこの写真で感じてください!

あとちょっと遅かったら…真夏の車内に放置されていたワンちゃんを警察官が窓をぶち破って決死の救出!

猛暑の中、男性はBMWの車を見て、即座に石を投げつけ破壊しようとした→車内に犬が置き去りにされ、結果・・・

谷底に捨てられていたワンちゃんを保護しに行くとそこで衝撃的な光景を目の当たりに…!

新しい家族と出会えて幸せいっぱいになった日!ワンちゃんの記念写真集14選にほっこり・・・

出典:The Dodo



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

3度の出産と劣悪な環境…母犬の我が子を思う悲痛な願いに涙が止まらない・・・

アメリカのノースカロライナ州に、産後まもないメス犬がいました。 この犬は名前を「ナナ」といいました。 …

雑種犬の里親を探すためのドッグシェルターは犬の楽園だけど名前がホラー映画のタイトルっぽい!?

野良犬たちの領域 B級ホラー映画のタイトルにもなりそうな「野良犬たちの領域」という名前の場所。 実は …

ここだけは譲れない!猫たちの本気すぎるストーブ場所取りバトルをご覧ください(笑)

3匹の猫による、本気すぎるストーブ場所取りバトルの模様をご紹介!絶対に譲れない場所が、猫たちにはあるようです…(笑)

犬たちが平等な権利を得るために贈られたプレゼント!再び自由を手にした姿に涙・・・

殺処分は断固拒否 病気や事故、生まれつきの障害など、 不運にも体に障害を背負ってしまうのは命があれば …

シェルターから救い出されて1年!御年24歳の長寿猫がこちら・・・

御年24歳になる長寿の猫をご紹介!シェルターから救助されて1年、老猫は一体どのような暮らしをしているのでしょうか…?

PREV : 『鉄腕ダッシュ』が「反抗期の息子とも会話しながら見られる番組」だと大絶賛される!
赤ちゃんを”サイレントベビー”にさせてしまう親の行動がこちら!あなたは知っていますか? : NEXT