Lenon


Lenonをフォローしよう!


皮膚の疾患が原因で飼育放棄された兄弟犬が預けられた施設で直面した運命とは…?


疥癬を患った兄弟犬

2018年3月上旬の出来事です。

テキサス州ヒューストンのアニマルシェルターに、見るも痛々しい状態の兄弟犬が連れられて来ました。

2匹はまだ子犬でしたが『疥癬』と呼ばれるヒゼンダニが寄生してしまい、

被毛が抜け落ちてしまっていたのです。

皮膚がカサカサになり、激しいかゆみがともなう感染症である疥癬。

この子たちはとてもつらい状態ですが、飼い主はそれを理由に飼育放棄してしまったのです。

見た目も醜くなり、皮膚病独特の臭いも出ます。

シェルターでも2匹の将来は絶望的だと思われました。

しかし身寄りのない犬の保護活動を続ける女性が、この子たちに手を差し伸べてくれたのです。

気になる方は次のページをご覧ください。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

ケージの中に放置されて死ぬ寸前にまで追いやられ、生きることに絶望していた犬が希望を見出すまで…!

2016年11月、アメリカのテキサス州オースティンで州の職員が 「汚いケージの中に死んだように横たわ …

この保護猫の状態に医者は完全に諦めていた→でも1人の女性は絶対に諦めず、奇跡を引き起こす!

野良猫のジョン・スノーが、病気や飢えによりボロボロになった状態で見つかりました。 6月下旬、路地裏で …

2年前に別れた飼い主と猫が「声」で対面をした結果に涙が止まらない・・・

「犬は三日の恩を三年忘れず、猫は三年の恩を三日で忘れる」という諺があります。 犬は、餌をもらい可愛が …

子犬を捨てた許しがたい行為を目撃した人が元飼い主へ送った手紙の内容に考えさせられる…「今日美しい子犬を捨てたあなたへ」

ペットを飼うとき「最後まで面倒を見る」という大前提があります。 しかし身勝手な理由で捨てられてしまう …

ホワイトタイガーの赤ちゃんがやらかしたイタズラの結末に思わず頬が緩む・・・

ホワイトタイガーの赤ちゃんがイタズラを決行したようです…!そしてそのイタズラに自然と頬が緩んでしまいます・・・(笑)

PREV : 飛行機でパニックになっていた親子を救った男性!こんな優しさで溢れて欲しい・・・
『鉄腕ダッシュ』が「反抗期の息子とも会話しながら見られる番組」だと大絶賛される! : NEXT