Lenon


Lenonをフォローしよう!


皮膚の疾患が原因で飼育放棄された兄弟犬が預けられた施設で直面した運命とは…?


疥癬を患った兄弟犬

2018年3月上旬の出来事です。

テキサス州ヒューストンのアニマルシェルターに、見るも痛々しい状態の兄弟犬が連れられて来ました。

2匹はまだ子犬でしたが『疥癬』と呼ばれるヒゼンダニが寄生してしまい、

被毛が抜け落ちてしまっていたのです。

皮膚がカサカサになり、激しいかゆみがともなう感染症である疥癬。

この子たちはとてもつらい状態ですが、飼い主はそれを理由に飼育放棄してしまったのです。

見た目も醜くなり、皮膚病独特の臭いも出ます。

シェルターでも2匹の将来は絶望的だと思われました。

しかし身寄りのない犬の保護活動を続ける女性が、この子たちに手を差し伸べてくれたのです。

気になる方は次のページをご覧ください。




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

飼い主が亡くなった事を知らず、8か月も病院の前で待ち続ける犬は里親の元に連れて行かれても・・・

いつも傍にいた世界で一番大切な人が、突然目の前から姿を消しました。 それはどういう意味なのか、理解で …

登山中に落雷!なんとか生き延びた男性は目が覚めてこれを見た瞬間、大声で叫んだ・・・

アメリカのコロラド州出身のジョナサン・ハードマンさんは、 ロッキー山脈のビアシュタットの山頂を目指し …

突如8匹の野良犬が車を破壊!見事な団結力で人間に危害を加えるようなことをした理由とは?

これはトルコのマルマラ地方にある、サカルヤという所の監視カメラが捉えた映像です。 整備士を務めるCe …

病気の犬を「つらいから」という理由でセンターに持ち込んだ老夫婦→3日後もう一度会いに行った時、悲しい事実を痛感する…!

格子の間から鼻先を出して悲しそうに鳴く老犬がいます。 この犬は病気でもう長くないから見ているのも辛い …

赤ん坊に接するピットブルの姿に当初大パニックだった男性は、“闘犬”への意識の変革を願うように・・・

自分の赤ん坊に接するピットブルに男性は大パニック!しかしその経験から、男性は“闘犬”への意識の変革を願うようになった・・・

PREV : 飛行機でパニックになっていた親子を救った男性!こんな優しさで溢れて欲しい・・・
『鉄腕ダッシュ』が「反抗期の息子とも会話しながら見られる番組」だと大絶賛される! : NEXT