Lenon


Lenonをフォローしよう!


脚が不自由で殺処分寸前だった老犬と、彼に希望を与えて片時も離れないモルモットの絆にほっこり…!


脚が不自由だった老犬

今回ご紹介する大きなワンちゃんは、老犬のボクサー犬で名前は「レックス」と言います。

レックスは、カリフォルニア州の殺処分場で死を待つばかりでした。

年老いていた影響で退行性脊髄症を患い、自分では歩くこともできません。

そんなレックスに救いの手を差し伸べたのが、

米国の西海岸に拠点を置く『Leo Puppy Mill Survivor』の創設者であるホリー・ワルサーさん。

ワルサーさんは、気の毒な犬たちを救うために人生を捧げて来ました。

命を救われ、車椅子も与えられたレックスでしたが、老いたレックスはなかなか元気になれずにいました。

しかし、そんな中で「スモレス」と言う名前のモルモットと出会います。

スモレスとレックス、運命的な出会いを果たしたコンビの物語を次のページで詳しくご紹介いたします。




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

子猫のおねだりにキュン&葛藤…!「これ僕にくれるって言ったのに何で履いちゃうの?」

子猫というだけでかなりの破壊力ですが、これは…。 「もうお家に連れて帰りたーい!」 と思わず叫んでし …

ちょっと変な愛犬?猫みたいな行動をとる愉快なワンちゃんの画像10選!

高い場所にも平気でのぼる猫。 狭い所も出入りし、驚異のジャンプ力を見せます。 一方で犬は耐久力と忍耐 …

動物だって自然災害の被害者!その被害者を助けるために彼らは立ち上がった・・・

アメリカのルイジアナ州で大きな洪水があり、7人が亡くなり2万人が救助されました。 1週間経ち、人々は …

撫でたい飼い主と守りたいインコの、猫への想いがぶつかる戦いの模様をご覧ください(笑)

ちょっと眠くなったのか、猫ちゃんはいつもの場所でうとうとし始めます。 猫ちゃんの上にはインコが乗って …

里親に引き取られるたびに謎の脱走を図ること計8回!この犬の行動の真意とは?

ガンビーの脱走癖 当時3~4歳だった犬のガンビーは、 サウスカロライナ州の路上でさまよっていた所を動 …

PREV : 「踊れなくなった自分に絶望」事故で車いす生活となった仮面女子の猪狩ともかが綴ったブログに涙が止まらない!
賞味期限が過ぎても食べられるなんてにわかには信じられない6つの食品がこちら! : NEXT