Lenon


Lenonをフォローしよう!


脚が不自由で殺処分寸前だった老犬と、彼に希望を与えて片時も離れないモルモットの絆にほっこり…!


脚が不自由だった老犬

今回ご紹介する大きなワンちゃんは、老犬のボクサー犬で名前は「レックス」と言います。

レックスは、カリフォルニア州の殺処分場で死を待つばかりでした。

年老いていた影響で退行性脊髄症を患い、自分では歩くこともできません。

そんなレックスに救いの手を差し伸べたのが、

米国の西海岸に拠点を置く『Leo Puppy Mill Survivor』の創設者であるホリー・ワルサーさん。

ワルサーさんは、気の毒な犬たちを救うために人生を捧げて来ました。

命を救われ、車椅子も与えられたレックスでしたが、老いたレックスはなかなか元気になれずにいました。

しかし、そんな中で「スモレス」と言う名前のモルモットと出会います。

スモレスとレックス、運命的な出会いを果たしたコンビの物語を次のページで詳しくご紹介いたします。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

耳が聞こえない愛猫とコミュニケーションを取るため、飼い主が手話を教え込んだ結果・・・

耳が聞こえない愛猫とコミュニケーションを取るため、猫に手話を教え込んだ飼い主さん!果たして、猫は手話を覚えられるのでしょうか?

2回も人間に捨てられてしまった犬の悲しい表情がその人生の悲惨さを物語ります・・・

2回すてられた犬 ある女性が10年前に、シェルターから1匹の犬を引き取りました。 女性はその犬にアン …

保健所へ出戻りしてしまった猫→新たな里親に引き取られたら、悲しげな表情がこんなに変わった!

出戻り この猫の名前は「エミール―」。 オッドアイが魅惑的な彼女は、野良猫でした。 生まれつき前足が …

宮城で10年ぶりに生まれた、通年白毛の貴重なホッキョクギツネの赤ちゃんが誕生!とってもかわいいです!!

みなさんはホッキョクギツネについてご存じですか? 今回宮城県白石市にある宮城蔵王キツネ村で、白毛のホ …

警察犬をクビになってしまったシェパード犬の転職先にビックリ!

普段の生活の中で、警察のお世話になった事がある人は少ないのではないでしょうか。 あるとしても、免許の …

PREV : 「踊れなくなった自分に絶望」事故で車いす生活となった仮面女子の猪狩ともかが綴ったブログに涙が止まらない!
賞味期限が過ぎても食べられるなんてにわかには信じられない6つの食品がこちら! : NEXT