Lenon


Lenonをフォローしよう!


脚が不自由で殺処分寸前だった老犬と、彼に希望を与えて片時も離れないモルモットの絆にほっこり…!


脚が不自由だった老犬

今回ご紹介する大きなワンちゃんは、老犬のボクサー犬で名前は「レックス」と言います。

レックスは、カリフォルニア州の殺処分場で死を待つばかりでした。

年老いていた影響で退行性脊髄症を患い、自分では歩くこともできません。

そんなレックスに救いの手を差し伸べたのが、

米国の西海岸に拠点を置く『Leo Puppy Mill Survivor』の創設者であるホリー・ワルサーさん。

ワルサーさんは、気の毒な犬たちを救うために人生を捧げて来ました。

命を救われ、車椅子も与えられたレックスでしたが、老いたレックスはなかなか元気になれずにいました。

しかし、そんな中で「スモレス」と言う名前のモルモットと出会います。

スモレスとレックス、運命的な出会いを果たしたコンビの物語を次のページで詳しくご紹介いたします。




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

動物だって自然災害の被害者!その被害者を助けるために彼らは立ち上がった・・・

アメリカのルイジアナ州で大きな洪水があり、7人が亡くなり2万人が救助されました。 1週間経ち、人々は …

「誰かぼくのこといりませんか?」5年間誰にも引き取られずに施設で過ごしたピットブルはメッセージ付きで写真に写ったことで大きく運命が変わった…!

チェスター アメリカのニューヨーク州にある動物保護団体、「The North Fork Animal …

ドアの前に小さい子供をそっと横たえたゴリラが立った時、胸が震える光景が広がった…!

男の子の落下事故 1996年10月16日、シカゴのブルックフィールド動物園で予期せぬ緊急事態が起きま …

幼馴染のぬいぐるみといつも一緒な子ハスキー犬の姿がかわいくて微笑ましい・・・

子どもの頃から大切にしてきた思い出の品。 大人になっても捨てられないという方は多いのでは? 外国でと …

12枚の仰天画像→ママは思わず目が点に!部屋に戻ると寝ている赤ちゃんとワンちゃんが・・・

集団生活をする犬は、自分の中で家族に順位を付けています。 餌を与えてくれ、散歩に連れてお世話をしてく …

PREV : 「踊れなくなった自分に絶望」事故で車いす生活となった仮面女子の猪狩ともかが綴ったブログに涙が止まらない!
賞味期限が過ぎても食べられるなんてにわかには信じられない6つの食品がこちら! : NEXT