Lenon


Lenonをフォローしよう!


脚が不自由で殺処分寸前だった老犬と、彼に希望を与えて片時も離れないモルモットの絆にほっこり…!


脚が不自由だった老犬

今回ご紹介する大きなワンちゃんは、老犬のボクサー犬で名前は「レックス」と言います。

レックスは、カリフォルニア州の殺処分場で死を待つばかりでした。

年老いていた影響で退行性脊髄症を患い、自分では歩くこともできません。

そんなレックスに救いの手を差し伸べたのが、

米国の西海岸に拠点を置く『Leo Puppy Mill Survivor』の創設者であるホリー・ワルサーさん。

ワルサーさんは、気の毒な犬たちを救うために人生を捧げて来ました。

命を救われ、車椅子も与えられたレックスでしたが、老いたレックスはなかなか元気になれずにいました。

しかし、そんな中で「スモレス」と言う名前のモルモットと出会います。

スモレスとレックス、運命的な出会いを果たしたコンビの物語を次のページで詳しくご紹介いたします。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

悲惨な過去を乗り越え、愛に向かって歩んだ猫に幸運を呼び寄せた魔法のヒゲ!

立派なヒゲ 一見なに不自由なく幸福に見える人も、話を聞いてみると意外に苦労されているこが多いものです …

ワンちゃんの近くに猫たちが集まる、猫特有のあるあるな理由がこちら…(笑)

ワンちゃんのもとに集まる猫 犬は雪が降ると、まるで小さな子どものように雪で遊ぶのが大好きです。 一方 …

困惑と癒し?猫と犬を同時に飼うと後悔したくなる10の理由をご覧ください・・・

猫と犬は交配しても当然子供は産まれません。 でも種別を超えてもとても仲良し。 そんな姿に飼い主が後悔 …

最終的に人間が食べるために飼育されていた韓国の犬夫婦→アメリカの保護団体に引き取られ、離れ離れになるものの奇跡の再会を果たす…!

日本の常識ではありえない食文化が、世界には沢山存在します。 ヨーロッパで言えば、イタリアのうじ虫のチ …

廃品置き場に住んでいる仲間たちのために毎日7キロ往復して食べ物を届ける野良犬!

廃品置き場のルーシア ブラジルの南部にある街「サン・カルロス」。 この街のはずれには廃品置き場があり …

PREV : 「踊れなくなった自分に絶望」事故で車いす生活となった仮面女子の猪狩ともかが綴ったブログに涙が止まらない!
賞味期限が過ぎても食べられるなんてにわかには信じられない6つの食品がこちら! : NEXT