Lenon


Lenonをフォローしよう!


ご飯を拒否して鳴き続けていた子猫!しかしあるアイデアでついにご飯を口にするようになり・・・


トレーラーハウスの駐車場から、寂しそうに鳴く子猫の声が聞こえました。

その声を聞いた家族は子猫を発見し、ハウスの中に連れて行きます。

そしてご飯をあげようと与えてみるものの、子猫はご飯に見向きもせず鳴き続けました。

子猫の扱いを知らない家族は困り果て、多くの子猫を育てた経験のある女性に連絡を取ります。

連絡を受けた女性は夫と共に、すぐに子猫の元へ駆けつけてくれました。

「子猫はかなり衰弱し、深刻な脱水症状に陥っていたのです。この状態では、命が危ないとすぐに感じました。」

と夫婦は語ります。

発見した家族に子猫を引き取ることを申し出た夫婦は、

駐車場周辺に母猫や兄弟がいないか確認しましたが見つけることは出来ませんでした。

さて、子猫はこの先一体どうなるのでしょう?

気になる方は次のページをご覧ください。




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

闘犬を鍛えるための「餌食」として扱われていた犬が愛情に触れたことで笑顔を取り戻す!

闘犬の餌食 アメリカのテキサス州で、去年の7月にとある民家から14匹の犬が保護されました。 その民家 …

愛犬を真夏の車内に置き去りにするということがどれほど危険なのかをこの写真で感じてください!

真夏の車内 真夏の暑い車内に犬をそのまま放置する危険性を考えた事はありますか。 その事を理解している …

ネグレクトで心も体も傷つき、電話ボックスに閉じ込められてもこの犬は生きることを諦めなかった・・・

南ロンドンに住むエマ・センプルさんと言う女性は、小さな動物保護団体を運営していました。 そんな彼女の …

「自己責任で」と注意書きされたサメが泳いでいる水槽に男性が触った結果、予想通りの展開に・・・

世界にはたくさんの博物館がありますが、 アメリカのワシントンD.Cに私営の『国際スパイ博物館』という …

容姿が祟って厄介者扱いされていた子猫!しかし保護団体の力が実を結び・・・

野良猫の寿命は、約2~3年と言われています。 事故による怪我や栄養を充分に取れないという理由もありま …

PREV : 「泣いて読めなくなるかと…」89歳の人が綴った『母への手紙』を中村獅童が朗読!
息子と電車を見に来た父親が目的の電車ではなくまさかの人物を目撃して驚愕の声続々! : NEXT