Lenon


Lenonをフォローしよう!


心を閉ざした柴犬とそれに心が折れかけていた飼い主がようやく絆で繋がった瞬間に涙…!


心を閉ざした柴犬

Lizikさんは2011年10月に、

NYC Shiba Rescue(NYCSR)へ動物の引き取り申請を出してから数ヶ月後、

NYCSRが保護した柴犬のButtonsを引き取りました。

他の犬と違う柴犬特有の鳴き声を発するButtonsは、

引き取られた最初の夜に一晩中鳴いていたのでLizikさんは、今までで一番大きな試練だったと言います。

他にもButtonsは外に出ると途端に動けなくなる、

体が震えてキッチンテーブルの下に隠れるなどの行動をとりました。

Lizikさんは一週間後、施設の職員さんにButtonsと上手く付き合っていける気がしないことを話します。

しかし職員さんはButtonsが新しい環境に慣れるまで、もう少し時間を与えるように頼みました。

心を閉ざした柴犬とそれに心が折れかけていた飼い主さんのその後については、

次のページで詳しくご紹介いたします。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

猫がサーフィン!?片目を失った猫が見つけた生きがいに心揺さぶられる・・・

青い空、透き通った海。 南国ハワイのホノルルで暮らしているこの子は「クリ」という猫です。 ご覧の通り …

どんなに悲惨な状態でも人間に愛情を示し続けた猫に待っていた運命の出会いとは?

どんなに悲惨な状態であっても、決して人間への愛情を示すことを忘れないでいた猫に運命の出会いがやってきた!詳細はこちら・・・

ボロボロの状態で発見された15歳の老猫が保護された施設で運命の人と出会うと・・・

ある日、全身ボサボサの15歳の老猫が発見され、『ボールヒーズ・アニマル孤児院』へ保護されました。 ス …

ボロボロの状態だった野良猫が保護してたった1日で美しく生まれ変わり、幸せを手にする!

フリスビー 野良猫の「フリスビー」は発見された当時、 身体中がかなり汚れている上に全身の毛がボサボサ …

仲睦まじいセキセイインコの夫婦だったが妻が天国へ→その現実を受け入れられず、夫は妻から離れない…!

セキセイインコの夫婦 とても仲が良かったセキセイインコの夫婦が、飼い主さんと一緒にトルコに住んでいま …

PREV : 大きなハスキーとご挨拶しようとする柴犬の子供!ドキドキな初対面の結果は…?
「し、しまったぁ〜」免許を取った若者が写りの良い顔写真に絶句した理由がこちら(笑) : NEXT