Lenon


Lenonをフォローしよう!


心を閉ざした柴犬とそれに心が折れかけていた飼い主がようやく絆で繋がった瞬間に涙…!


心を閉ざした柴犬

Lizikさんは2011年10月に、

NYC Shiba Rescue(NYCSR)へ動物の引き取り申請を出してから数ヶ月後、

NYCSRが保護した柴犬のButtonsを引き取りました。

他の犬と違う柴犬特有の鳴き声を発するButtonsは、

引き取られた最初の夜に一晩中鳴いていたのでLizikさんは、今までで一番大きな試練だったと言います。

他にもButtonsは外に出ると途端に動けなくなる、

体が震えてキッチンテーブルの下に隠れるなどの行動をとりました。

Lizikさんは一週間後、施設の職員さんにButtonsと上手く付き合っていける気がしないことを話します。

しかし職員さんはButtonsが新しい環境に慣れるまで、もう少し時間を与えるように頼みました。

心を閉ざした柴犬とそれに心が折れかけていた飼い主さんのその後については、

次のページで詳しくご紹介いたします。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

後ろ脚が麻痺して動けなかったウサギを救ったのは、なんとスケートボードだった!

凍えたウサギ アメリカのニューヨーク州で農場を営むJason Ambrosinoさんが、 凍えて動か …

「オレ、もう捨てられるの…?」飼い主に叱られた猫の表情が衝撃さ全開!

皆さんは猫はお好きですか? 猫は犬と比べて素っ気なかったり、そこまで愛想が良いというわけでありません …

子猫とハスキーの連携プレーによって飼い主が3度目の骨折!こんなのアリ〜?

ペットと暮らしていると、彼らの可愛い行動に癒されることが多いのではないでしょうか。 また、散歩や餌を …

吠え続ける野良犬に導かれた先で目にした光景に優しさがにじみ出ていた・・・

ペットとして飼育する動物のなかでも、人間と最も相性が良いとされているのが犬です。 人間と犬は何万年も …

子猫が頑張って近づいてくれたがなぜか何度もつまずいていた→女性が心配になって拾い上げると…!

何度もつまづく子猫 約1年前のこと。 動物病院の看護師であるブリアナ・ウオーカーさんは、愛犬といつも …

PREV : 大きなハスキーとご挨拶しようとする柴犬の子供!ドキドキな初対面の結果は…?
「し、しまったぁ〜」免許を取った若者が写りの良い顔写真に絶句した理由がこちら(笑) : NEXT