Lenon


Lenonをフォローしよう!


心を閉ざした柴犬とそれに心が折れかけていた飼い主がようやく絆で繋がった瞬間に涙…!


心を閉ざした柴犬

Lizikさんは2011年10月に、

NYC Shiba Rescue(NYCSR)へ動物の引き取り申請を出してから数ヶ月後、

NYCSRが保護した柴犬のButtonsを引き取りました。

他の犬と違う柴犬特有の鳴き声を発するButtonsは、

引き取られた最初の夜に一晩中鳴いていたのでLizikさんは、今までで一番大きな試練だったと言います。

他にもButtonsは外に出ると途端に動けなくなる、

体が震えてキッチンテーブルの下に隠れるなどの行動をとりました。

Lizikさんは一週間後、施設の職員さんにButtonsと上手く付き合っていける気がしないことを話します。

しかし職員さんはButtonsが新しい環境に慣れるまで、もう少し時間を与えるように頼みました。

心を閉ざした柴犬とそれに心が折れかけていた飼い主さんのその後については、

次のページで詳しくご紹介いたします。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

鼻先のねじれた犬にシェルターで待ち受けていた悲しい再会と奇跡的な出会い…!

「バックヤードブリーダー」という、 専門的な知識を持たずに小遣い稼ぎのように犬を繁殖させる人たちがい …

東北サファリパークのツイートが話題に!ペンギンの視線の先にある切ない光景がこちら・・・

東北サファリパークの公式Twitterが投稿したツイートが話題に!ペンギンの視線の先にある切ない光景がこちら・・・

最悪の事件、三毛別羆事件の熊より大きい体重400キロの熊が存在した!想像を絶する巨体に誰もが騒然・・・

1915年北海道の農村で起きたおぞましい「三毛別羆事件」をご存知でしょうか? 体重340キロ、体長2 …

路上でライムを売るホームレスは稼いだお金を野良猫のエサ代に充てて猫たちを守る英雄だった…!

「人は見かけで判断してはいけない」と、小さい頃からよく聞かされていませんでしたか? その言葉の大切さ …

犬たちが寒さに震えないようにいらないセーターを使って編み出されたアイデアが素晴らしい!

避難所の犬たちが寒さに震えることのないようにと、いらないセーターを使って編み出されたアイデアが素晴らしいと話題に!

PREV : 大きなハスキーとご挨拶しようとする柴犬の子供!ドキドキな初対面の結果は…?
「し、しまったぁ〜」免許を取った若者が写りの良い顔写真に絶句した理由がこちら(笑) : NEXT