Lenon


Lenonをフォローしよう!


心を閉ざした柴犬とそれに心が折れかけていた飼い主がようやく絆で繋がった瞬間に涙…!


心を閉ざした柴犬

Lizikさんは2011年10月に、

NYC Shiba Rescue(NYCSR)へ動物の引き取り申請を出してから数ヶ月後、

NYCSRが保護した柴犬のButtonsを引き取りました。

他の犬と違う柴犬特有の鳴き声を発するButtonsは、

引き取られた最初の夜に一晩中鳴いていたのでLizikさんは、今までで一番大きな試練だったと言います。

他にもButtonsは外に出ると途端に動けなくなる、

体が震えてキッチンテーブルの下に隠れるなどの行動をとりました。

Lizikさんは一週間後、施設の職員さんにButtonsと上手く付き合っていける気がしないことを話します。

しかし職員さんはButtonsが新しい環境に慣れるまで、もう少し時間を与えるように頼みました。

心を閉ざした柴犬とそれに心が折れかけていた飼い主さんのその後については、

次のページで詳しくご紹介いたします。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

脱走癖のあるハムスターの脱走経路を暴くために観察したら衝撃のルートだった…!

ハムスターは、小さくて袋にヒマワリの種などのエサを頬張る姿など、仕草がとても可愛らしいですよね。 誰 …

子猫と離れ離れになった母猫が保護された場所で再会した瞬間に胸が熱くなる…!

母猫と子猫 不動産会社スタッフが、アメリカのニュージャージー州にある古い家屋を訪れました。 そしてそ …

シベリアの道路脇に忠犬ハチ公!氷点下の中で飼い主を待ち続ける1匹の犬の運命は…?

寒いロシアの北側に位置するシベリア地方。 冬の気温はとても低く、早いところでは8月下旬に雪が降ります …

原因不明の病魔に侵された愛犬に、飼い主は安楽死を決断→その時発見された耳の裏に小さな塊の正体とは!?

日に日に衰弱していくオーリー シェットランドシープドッグのオーリーは、アメリカのオレゴン州にアルさん …

「犬にとって人間はエルフ」犬好きな人なら涙を流さずにはいられない名文がこちら!

人間にとって、犬と言えばどんなことが思い浮かぶでしょうか。 真面目で飼い主さんに対し忠実な性格をして …

PREV : 大きなハスキーとご挨拶しようとする柴犬の子供!ドキドキな初対面の結果は…?
「し、しまったぁ〜」免許を取った若者が写りの良い顔写真に絶句した理由がこちら(笑) : NEXT