Lenon


Lenonをフォローしよう!


心を閉ざした柴犬とそれに心が折れかけていた飼い主がようやく絆で繋がった瞬間に涙…!


心を閉ざした柴犬

Lizikさんは2011年10月に、

NYC Shiba Rescue(NYCSR)へ動物の引き取り申請を出してから数ヶ月後、

NYCSRが保護した柴犬のButtonsを引き取りました。

他の犬と違う柴犬特有の鳴き声を発するButtonsは、

引き取られた最初の夜に一晩中鳴いていたのでLizikさんは、今までで一番大きな試練だったと言います。

他にもButtonsは外に出ると途端に動けなくなる、

体が震えてキッチンテーブルの下に隠れるなどの行動をとりました。

Lizikさんは一週間後、施設の職員さんにButtonsと上手く付き合っていける気がしないことを話します。

しかし職員さんはButtonsが新しい環境に慣れるまで、もう少し時間を与えるように頼みました。

心を閉ざした柴犬とそれに心が折れかけていた飼い主さんのその後については、

次のページで詳しくご紹介いたします。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

傷ついた我が子を守るため、人間が保護しようとするとパニックになった母ロバ→野生の中の親子愛に心揺さぶられる…!

インドのとある町で、子供のロバが重傷を負っていました。 どうやら何かの動物に噛まれたのか出血がひどく …

「違う、そうじゃない」飼い主をじっと見つめる猫の大きな勘違い!視線の先には…(笑)

飼い主さんをじ〜っと見つめる猫ですが、大きな勘違いをしていました!猫の視線の先にあるのは…(笑)詳細はこちら・・・

トラックの窓から犬を放り投げた男をこの女性は絶対に許さない!激怒してこんな行動をとった・・・

ディオン・コールさんが職場へ向かう途中、トラックを運転していた男が窓から犬を放り投げたのを目撃! デ …

火事に巻き込まれて子犬が心肺停止状態に→とっさに心臓マッサージを施した消防士に絶賛の声続々!

ルーマニアで火災が起きました。 轟々と燃える炎の中から救助されたのは、51歳の男性とその男性が飼って …

飛行機の機内で苦しみ出したフレンチブルドッグを全力で助けた乗務員たちに絶賛の声続々!

飛行機に乗っている最中、苦しみ始めたフレンチブルドッグ!そんな中、全力で助けた乗務員の人々に絶賛の声が続々と寄せられています・・・

PREV : 大きなハスキーとご挨拶しようとする柴犬の子供!ドキドキな初対面の結果は…?
「し、しまったぁ〜」免許を取った若者が写りの良い顔写真に絶句した理由がこちら(笑) : NEXT