Lenon


Lenonをフォローしよう!


他の家に譲ったものの、20キロ歩いて戻ってきた猫に対し、飼い主がとった残酷な決断とは!?


トビーの想い

7歳になる猫の「トビー」は、アメリカのノースカロライナ州に住んでいました。

もともと野良猫だったトビーは、この家に住む先住の猫たちと打ち解けることができなかったので、

20キロほど離れた他所の家へと譲ることになります。

他の猫とはうまくいってなかったものの、トビーはもとの飼い主を好いていたようです。

もしかしたら、上手く行っていないのは飼い主の思い込みだったのかもしれません。

新しい家族に引き渡されたトビーでしたが、およそ20キロの道のりを歩いて家へと戻ってきました。

必死な思いで帰って来たトビーには、どのような運命が待っていたのでしょう?

気になる方は次のページをご覧ください。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

2度もつらい思いをしなければいけなかった猫が3度目の正直でついに本物の幸せを手に入れる!

保健所に連れてこられるペットたちは、何度も地獄を見ます。 1度目では飼い主に捨てられたことで初めての …

譲渡が難しい盲目の犬のため、預かりボランティアの夫婦がとった行動に胸が熱くなる…!

目が見えない犬は、里親に譲渡されるのが難しいとされます!そんな犬のために預かりボランティアの夫婦がとった行動に胸が熱くなる・・・

超絶かわいらしいニャンコ!思わずニヤける甘えん坊猫の動画を3連発でご覧ください…!

猫というのはいつも気まぐれで、 こちらが何をしていようがお構いなしに甘えてきたり運動会が始まったり… …

保護した赤ちゃんコウモリにバナナをあげてみた時の様子が可愛すぎる…!

赤ちゃんコウモリを保護!バナナをあげてみると、コウモリのイメージからは良い意味でかけ離れた可愛すぎる行動を取った・・・

ウチの愛犬が最もリラックスできる場所だけは絶対にバラしちゃダメな秘密だ・・・

愛犬の落ち着く場所 今回ご紹介するのは、可愛らしいペットが見つけた一番落ち着ける場所についてのお話で …

PREV : 「ちょっとサイズが大きいですね」ヤマトの配達員が測っている荷物に思わず爆笑!
発達障害の子供へのより良い話し方をまとめた「声かけ変換表」に反省させられる…! : NEXT