Lenon


Lenonをフォローしよう!


他の家に譲ったものの、20キロ歩いて戻ってきた猫に対し、飼い主がとった残酷な決断とは!?


トビーの想い

7歳になる猫の「トビー」は、アメリカのノースカロライナ州に住んでいました。

もともと野良猫だったトビーは、この家に住む先住の猫たちと打ち解けることができなかったので、

20キロほど離れた他所の家へと譲ることになります。

他の猫とはうまくいってなかったものの、トビーはもとの飼い主を好いていたようです。

もしかしたら、上手く行っていないのは飼い主の思い込みだったのかもしれません。

新しい家族に引き渡されたトビーでしたが、およそ20キロの道のりを歩いて家へと戻ってきました。

必死な思いで帰って来たトビーには、どのような運命が待っていたのでしょう?

気になる方は次のページをご覧ください。




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

余命は3年でしかも奇形だった子犬→それでも引き取ったら4年後にこうなった…!

よくペットショップで見かけるm「純血」や「血統書付き」の文字。 パッと見た時は「育ちがいいのかな?」 …

ダンボールに入っていた捨て猫のマイクロチップで判明した驚きの事実とは!?

猫の平均寿命 猫の平均年齢をご存知ですか? 野良猫の平均年齢は2~3歳ですが、室内飼いの猫の寿命は1 …

北海道で凶悪な事件が発生!犯ニャンを現行犯で逮捕した時の様子がこちら(笑)

北海道のとある自宅で、凶悪な窃盗事件が発生しました!犯ニャンを現行犯で見事に逮捕した瞬間の様子をご覧ください(笑)

ニタ〜ッと妙な笑い顔を浮かべるワンちゃん!その理由を知った飼い主は笑いが止まらなかった・・・

ペットのイタズラは、笑わされるものから驚かされるものまで色々あります。 今回ご紹介するエピソードは、 …

「要求がある時」と「要求がない時」の態度の変化が露骨すぎる愛犬たち!

猫と違ってワンちゃんは、 「体調の悪い時以外はいつも元気はつらつ、飼い主さん大好きオーラが全開!」 …

PREV : 「ちょっとサイズが大きいですね」ヤマトの配達員が測っている荷物に思わず爆笑!
発達障害の子供へのより良い話し方をまとめた「声かけ変換表」に反省させられる…! : NEXT