Lenon


Lenonをフォローしよう!


他の家に譲ったものの、20キロ歩いて戻ってきた猫に対し、飼い主がとった残酷な決断とは!?


トビーの想い

7歳になる猫の「トビー」は、アメリカのノースカロライナ州に住んでいました。

もともと野良猫だったトビーは、この家に住む先住の猫たちと打ち解けることができなかったので、

20キロほど離れた他所の家へと譲ることになります。

他の猫とはうまくいってなかったものの、トビーはもとの飼い主を好いていたようです。

もしかしたら、上手く行っていないのは飼い主の思い込みだったのかもしれません。

新しい家族に引き渡されたトビーでしたが、およそ20キロの道のりを歩いて家へと戻ってきました。

必死な思いで帰って来たトビーには、どのような運命が待っていたのでしょう?

気になる方は次のページをご覧ください。




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

涙が溢れる!ガンで残り少ない命のホームレスの男性は「私の犬を助けてください」と道端で出会った女性に願いを託した・・・

全世界、どの国にもいるホームレス。 今回ご紹介するのはカリフォルニア州で暮らしている女性、「ジェニー …

生死の境を彷徨っていた1匹のウッドチャック→新たな人生を障害と共に生きる姿に胸が熱くなる…!

ウッドチャック 「ウッドチャック」という名前の動物をご存知ですか? 聞き慣れない名前の動物ですが、リ …

トラックの荷台に放置されていたリュックの中から出てきたものにゾッとする…!

一体誰が、こんなひどいことをしたのでしょう?あるトラックの荷台に放置されていたリュックの中身に、思わずゾッとする…!

「涙が止まらない」おばあちゃんと柴犬が写る1枚の愛情がこもった写真に13万いいね!

おばあちゃんと柴犬が写った、Instagramに投稿された1枚の写真に13万いいねがついて話題に!「涙が止まらない」と言うコメントも・・・

食事に夢中だったパンダが後ろの子パンダの存在に気づいた時のリアクションが見事すぎる(笑)

パンダは食事に夢中のようです…!しかし後ろにいる子パンダの存在に気づいた時のリアクションが見事すぎた(笑)

PREV : 「ちょっとサイズが大きいですね」ヤマトの配達員が測っている荷物に思わず爆笑!
発達障害の子供へのより良い話し方をまとめた「声かけ変換表」に反省させられる…! : NEXT