Lenon


Lenonをフォローしよう!


命が尽きる直前に頬に温かい吐息を感じた女性!それを見て看護師は涙が止まらなかった・・・


現代医学は進歩し続けていますが、それでも救えない命は多数あります。

現代病ともいえる「ガン」は、日本でも死因の1位です。

長い闘病生活の果てに天国へ行ってしまう方も少なくありません。

ガンの他にも死を招きかねない病気は多々ありますが余命宣告された時、

人生を振り返り残される人たちに自分の思いを伝えられます。

もしもあなたが医師から余命宣告されたとしたら、何をやり残したと考えるでしょうか?

これからご紹介する女性は、長い間闘病生活を続けていた77歳の女性です。

彼女は命の瀬戸際で、一番合いたかった友人に別れを告げることができました。

その光景を見ていた周囲の看護師は、思わず涙を流したそうです。

果たして、老婦人が最後に会えた友人とは誰なのでしょう?

気になる方は次のページをご覧ください。




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

南アフリカで『2つの顔』を持つ子猫が生まれ、驚きの声が相次ぐ…!

なんと南アフリカで、『2つの顔』を持つ子猫が誕生!ネット上では驚きの声が相次いで寄せられています…!詳細はこちら・・・

「育てる価値はない」と言われた片目の猫がもう一度生きるチャンスをもらった結果・・・

特徴的な見た目から、「育てる価値はない」と言われた片目の猫!心無い言葉を受けながらも、もう一度生きるチャンスをもらい・・・

泳げなくなった友達のために下から支えてご飯を食べさせてあげる金魚の健気な姿に涙…!

最近は、お祭りの出店であまり「金魚すくい」を見ることが無くなりましたが金魚は熱帯魚と違い、 水道水の …

子犬に遊び方をレクチャーするダルメシアンのパパとママ!微笑ましいけど自分たちの方がハシャいでない?(笑)

子供たちに遊び方をレクチャーするダルメシアンのパパとママ!微笑ましい関係ですが、見た所自分たちの方がハシャいでる?(笑)

下半身不随の犬とのボランティア先での出会い→帰国後、犬は悲惨なことになっていた…!

子犬のティガ ある男性がヨーロッパからバリ島に、アニマルレスキュ―としてボランティアに参加しました。 …

PREV : 美しい花をジーッと見つめていた猫が24時間後、その花が原因で命を落とすことに…!
「ちょっとサイズが大きいですね」ヤマトの配達員が測っている荷物に思わず爆笑! : NEXT