Lenon


Lenonをフォローしよう!


ボロボロの状態で森に捨てられていたゴールデンドゥードルの保護されて3ヶ月の姿をご覧ください…!


ボロボロだったモリー

今回ご紹介する犬は、ゴールデンドゥードルという犬種で年齢は2歳です。

ノースカロライナ州にある森の中で今年の1月に発見され、動物愛護団体に保護されました。

「モリー」と名付けられた犬は当時恐ろしくやせ細っており、

体は大量の毛玉で圧迫されているという状態だったのです。

動物保護団体の推測によると、モリーは飼い主さんに捨てられたのではないかとのこと。

動物病院でモリーを検査した結果、胃の中に石や布切れなどの異物が残っていることが分かりました。

しかしそういった異物は、

幸運なことに排せつ物と一緒に出てきたので手術まではしなくて良かったそうです。

モリーのその後は、次のページで詳しくご紹介いたします。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

柴犬と一緒にいれば人生が5倍は楽しくなることを痛感させられるおもしろ画像集12選!

かわいい柴犬に癒される人生 動物を飼うことはあなたの人生を豊かにしてくれるというような言葉をよく聞き …

キツネと猟犬→本来は敵対するはずの2匹が友情で結ばれた時、社会に向けられた訴えに耳を傾けなければならない…!

みなさんは犬猿の仲という言葉をご存知でしょうか。 相容れない2人の存在を示す言葉ですよね。 この犬猿 …

お布団から出たくなさすぎていたニワトリ!暖かさを求め、ついにストーブの前で行き倒れる・・・

気温がぐっと下がってくると、暖房が欲しくなりますね。 そろそろストーブを出したり、寝床に電気毛布を入 …

茂みの中からあまりにも小さすぎる子猫が出現!生きるべく戦い抜いた末に・・・

皆さんは『スチュワート・リトル』という映画をご存知でしょうか。 ある家族の養子にネズミの男の子がなり …

未熟児で余命わずかと言われたロバがなぜか元気になった理由とは?

未熟児として生まれ、余命も残りわずかと言われてしまっていたロバ!しかしそんな状況の中、なぜか元気になった理由とは…?

PREV : 火垂るの墓のポスターに隠されたメッセージとタイトルの本当の意味を知っていますか?
お尻が血まみれだった近所の女の子を保護したら父親がやってきて衝撃的な言葉を言い放った…! : NEXT