Lenon


Lenonをフォローしよう!


幸せが続くと信じて生きてきた20歳の老犬に待ち受けていたのはあまりにも残酷な運命だった…!


ソノマに待ち受けた現実

「ソノマ」は、今年で20歳の誕生日を迎えた老犬です。

彼は病気の影響により目がほとんど見えず、耳も聞こえません。

それでも、今まで元気に長生きをしてきました。

しかし長生きをした彼に突き付けられた現実は、

信頼を寄せていた飼い主さんに捨てられるという悲しいものだったのです。

シェルターで働いている職員はこのように話しています。

「飼い主は『面倒を見るのが嫌になった』という理由でシェルターにソノマを捨てて行きました。これまでソノマは飼い主と一緒に暮らしてきたため突然の出来後に戸惑い、何が自分の身に起きているのか状況が理解できていない様子でした。」

ソノマがその後どうなっていたのかは、次のページで詳しくご紹介いたします。




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

初めてできた弟にずっと大事にしていた自分の宝物を差し出したワンちゃんにほっこり・・・

初めてできた弟に”あるもの”を差し出したワンちゃん!それは、ワンちゃんがずっと大事にしていた宝物だった…!詳細はこちら・・・

ちょっと変な愛犬?猫みたいな行動をとる愉快なワンちゃんの画像10選!

高い場所にも平気でのぼる猫。 狭い所も出入りし、驚異のジャンプ力を見せます。 一方で犬は耐久力と忍耐 …

胸が痛む!15年に及ぶ虐待に我慢できなくなった象は調教師を踏み殺した→そして86発もの弾丸を浴び、その生涯を終える・・・

人間は、あらゆる物を犠牲にして利益を生み出してきています。 現在の私たちの生活の豊かさは数々の心痛む …

体が緑色の猫!虐待かと思いきや意外な事実が判明した・・・

こちらはブルガリアにある、ヴァルナという街で発見された野良猫です。 合成写真ではないかと疑いたくなる …

子猫さん、カステラの箱でご満悦・・・でも大人になると好みも大人に!?

このうっとりとした子猫さん…。 カステラ一本分にすっぽりと収まるこの感じが気持ち良いのでしょうか? …

PREV : 自己中心的なエゴイストは、前歯の形をチェックすることで簡単に見抜ける!?
辻仁成さんが今泣いている人へ贈る「もうダメだという時に効く10の言葉」に心が軽くなる・・・ : NEXT