Lenon


Lenonをフォローしよう!


幸せが続くと信じて生きてきた20歳の老犬に待ち受けていたのはあまりにも残酷な運命だった…!


ソノマに待ち受けた現実

「ソノマ」は、今年で20歳の誕生日を迎えた老犬です。

彼は病気の影響により目がほとんど見えず、耳も聞こえません。

それでも、今まで元気に長生きをしてきました。

しかし長生きをした彼に突き付けられた現実は、

信頼を寄せていた飼い主さんに捨てられるという悲しいものだったのです。

シェルターで働いている職員はこのように話しています。

「飼い主は『面倒を見るのが嫌になった』という理由でシェルターにソノマを捨てて行きました。これまでソノマは飼い主と一緒に暮らしてきたため突然の出来後に戸惑い、何が自分の身に起きているのか状況が理解できていない様子でした。」

ソノマがその後どうなっていたのかは、次のページで詳しくご紹介いたします。




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

本来ペットは飛行機の客室に入れない…そのルールを曲げた航空会社の山火事への対応に賞賛の嵐!

飛行機の客室でくつろぐお犬、お猫のお客様たち 「ところで機内食はいつでるのかな?」 なんて思っていそ …

母親を失ったオポッサムを背中に乗せ続けたジャーマンシェパードの母→種類は違っても支え合って生きる2匹の姿に感動…!

2匹の出会い 不慮の事故で母親を亡くしたこのオポッサムの赤ちゃんは、「ポンチョ」という名前をつけられ …

保護施設で悲しそうな表情を浮かべていた猫!1週間後の幸せそうな様子に感動・・・

保護施設にいた時は、どこか悲しそうな表情を浮かべていた猫!あるお家に迎えられて1週間後の幸せそうな様子に感動・・・

「ワレワレハ宇宙人デシタ」正体がバレてUFOで故郷の星へ帰される犬と猫10選(笑)

日本の昔話に『かぐや姫』または『竹取物語』というお話があります。 光っている竹をお爺さんが切るとそこ …

自然災害の写真を収めようとしていた→その数分後、まさかの救世主出現に驚かされる!

嵐に見舞われた南米の小さな町で起きた奇跡の救出劇。 そこに登場するのは私たち人間ではありません。 嵐 …

PREV : 自己中心的なエゴイストは、前歯の形をチェックすることで簡単に見抜ける!?
辻仁成さんが今泣いている人へ贈る「もうダメだという時に効く10の言葉」に心が軽くなる・・・ : NEXT