Lenon


Lenonをフォローしよう!


幸せが続くと信じて生きてきた20歳の老犬に待ち受けていたのはあまりにも残酷な運命だった…!


ソノマに待ち受けた現実

「ソノマ」は、今年で20歳の誕生日を迎えた老犬です。

彼は病気の影響により目がほとんど見えず、耳も聞こえません。

それでも、今まで元気に長生きをしてきました。

しかし長生きをした彼に突き付けられた現実は、

信頼を寄せていた飼い主さんに捨てられるという悲しいものだったのです。

シェルターで働いている職員はこのように話しています。

「飼い主は『面倒を見るのが嫌になった』という理由でシェルターにソノマを捨てて行きました。これまでソノマは飼い主と一緒に暮らしてきたため突然の出来後に戸惑い、何が自分の身に起きているのか状況が理解できていない様子でした。」

ソノマがその後どうなっていたのかは、次のページで詳しくご紹介いたします。




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

ドアを器用に開けてしまう猫、飼い主の細工にご立腹!猫語だけど何を言っているかは一目瞭然(笑)

Twitterユーザーのyuiii(@yy221126)さんは白猫のブラン君、黒猫ノワールちゃん、 …

カメラを横向きにしてインコの写真を撮影をしようとしたらインコが可愛いことしてくれた!

特徴のあるカラフルな羽根の色、時にはお喋りもしてくれ手にも乗ってくれるインコは、 鳥の中で一番人気の …

結婚式にどうしても恩人ならぬ『恩犬』を参列させたかった…一匹の介助犬と花嫁の物語に、全世界が感動の涙!

一枚の画像がもつ真実の物語 美しい花嫁と、それに甘える可愛らしいフリルのついた服を着た一匹の犬。 こ …

駄々をこねる赤ちゃんを真似し続けるワンちゃん!ふたりのやり取りが面白かわいい(笑)

ワンちゃんや猫ちゃんは、 家族に赤ちゃんが加わると“大切にしないといけない対象”と本能で感じるそうで …

倒れた飼い主を、雪が舞う中で愛犬が20時間温め続けたおかげで男性の命が救われる…!

2016年12月31日の夜でした。 アメリカのミシガン州に暮らしているボブさんは自宅の暖炉で暖まりな …

PREV : 自己中心的なエゴイストは、前歯の形をチェックすることで簡単に見抜ける!?
辻仁成さんが今泣いている人へ贈る「もうダメだという時に効く10の言葉」に心が軽くなる・・・ : NEXT