Lenon


Lenonをフォローしよう!


幸せが続くと信じて生きてきた20歳の老犬に待ち受けていたのはあまりにも残酷な運命だった…!


ソノマに待ち受けた現実

「ソノマ」は、今年で20歳の誕生日を迎えた老犬です。

彼は病気の影響により目がほとんど見えず、耳も聞こえません。

それでも、今まで元気に長生きをしてきました。

しかし長生きをした彼に突き付けられた現実は、

信頼を寄せていた飼い主さんに捨てられるという悲しいものだったのです。

シェルターで働いている職員はこのように話しています。

「飼い主は『面倒を見るのが嫌になった』という理由でシェルターにソノマを捨てて行きました。これまでソノマは飼い主と一緒に暮らしてきたため突然の出来後に戸惑い、何が自分の身に起きているのか状況が理解できていない様子でした。」

ソノマがその後どうなっていたのかは、次のページで詳しくご紹介いたします。




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

安楽死直前の大変身!「汚いから殺処分してくれ」心ない元飼い主が決して見ることはできなかったワンちゃんの奇跡の姿・・・

身勝手な飼い主による持ち込み…殺処分の現状 日本では毎年およそ十万匹もの犬猫が、行政機関で私たちの税 …

袖にハマって幸せそうな猫さん→くつろぐうちに同居猫が乗ってきて、あら大変(笑)

猫は狭くて暖かいところが大好きです。 私たち人間が見ると、「大丈夫?」と思う所でもハマってしまうこと …

ニューヨークの地下鉄がバッグに入らないサイズの動物の持ち込みを禁止にした結果・・・

動物を飼っている方は、ペットとの移動にはどのような乗り物を利用しているでしょうか? 猫や小型犬は小さ …

せっかく保護したのにそれ以降食事をしなくなってしまった猫!その感動の原因とは・・・?

ある日路上で保護された猫、ロミオ。 しかしカルフォルニアの路上から保護施設に移ってすぐ、病気を患って …

窓を開けると屋根の上でまったりくつろぐ2匹のキツネを発見!一体なぜ・・・?

よく物語にも登場するキツネ。 都会ではあまり見られませんが、田舎ではよく見かける身近な動物です。 本 …

PREV : 自己中心的なエゴイストは、前歯の形をチェックすることで簡単に見抜ける!?
辻仁成さんが今泣いている人へ贈る「もうダメだという時に効く10の言葉」に心が軽くなる・・・ : NEXT