耳の聞こえない母猫が生んだ子猫が次々と死亡!生き残った我が子を守るために母猫は・・・ | Lenon-2ページ

Lenon


Lenonをフォローしよう!


耳の聞こえない母猫が生んだ子猫が次々と死亡!生き残った我が子を守るために母猫は・・・


子猫の死

ハニーは引き取られてから5日後、バーブさんの家で4匹の子猫を出産しましたが、

1匹は悲しいことに死産でした。

そして、もう1匹も翌日に天国へ行ってしまったのです。

ハニーの子猫は2匹になってしまいました。

ハニーは残る2匹を守ろうと、必死に抱きしめて離そうとしません。

これは、赤ちゃん猫の鳴き声が聞こえない影響もあるのでしょう。

また、ハニーは母乳を出す事ができませんでした。

そこでハーブさんが子猫達の命を守るため、哺乳瓶でミルクを与えるサポートをしたのです。

「テュペロ」と「マヌカ」と名付けられた子猫達、

耳の不自由なハニーと里親のバーブさんによる懸命な子育ては実を結ぶのでしょうか?

音のない世界で

ハニーは一瞬たりとも、子猫の側を離れようとしませんでした。

ご飯を食べられないハニーのために、

バーブさんは子猫のいるベッドで安心して食事を出来るように気遣います。

バーブさんも夜中に数回起きては、子猫達の様子を確認します。

そのようなハニーとバーブさんの努力で、子猫達はスクスクと成長しました。

音の無い世界で生きているハニーは、「ニャーニャー」という鳴き声ができません。

しかしのどをゴロゴロ鳴らし、チーチーと鳴いて自分なりに子猫を呼んでいるようです。

耳は聞こえていなくても、愛情あふれたハニーの行動とバーブさんのサポートで、

日々大きくたくましく成長している子猫達。

不運に見舞われても、深い愛があれば障害が乗り越えられると教えられました。

優しい飼い主さんのもとで、ハニーと子猫たちが幸せに暮らせてよかったですね。

気に入ったらいいね!してね♪

【関連記事】

生まれつき耳が聞こえない猫とおばあちゃんの日常を切り取った穏やかな写真が優しい気持ちにさせる・・・

生まれつき水頭症や眼瞼内反症などの病気を抱えた子猫が小さな体で病気を克服し、元気な姿で恩返しする…!

二度の手術によって両耳を失った老猫がその代わりに得た幸せとは…!?

母性に溢れた母猫は、安心できるまで絶対に我が子を離そうとしなかった・・・

我が子と二度と会えなくなった母猫!子の遺灰を抱きしめる母性に溢れた姿に涙が溢れる・・・

出典:Instagram



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

あなたの人生は保護犬との出会いで変わる!ある投稿から伝わる感動の日常をご覧ください・・・

Spokey 飼い主に見捨てられてしまった犬の過去に、一体何があったのかを知ることはできません。 彼 …

10代の少女は草むらに横たわる物体の正体に気づき、思わず背筋を凍らせた…!

ある10代の少女が、草むらに何かが横たわっていることに気づいた!車から出てきて分かった正体に背筋を凍らせる・・・

象と母親代わりとなって育てた女性の深い絆!決して離れない象の姿にほっこり・・・

象のモヨちゃん ジンバブエで生まれて間もなくゾウの群れに見放されてしまった赤ちゃんゾウのモヨちゃんは …

ネズミに前足を食べられてしまったリクガメが飼い主の愛情と驚きのアイデアによって自由を取り戻す!

今年で91歳になるリクガメ「ミセスT」は以前に前足をネズミに食べられてしまい、 歩くことができなくな …

足に怪我を負い、裏庭に倒れていた犬が愛の力を知って心を開いていく姿に胸が熱くなる…!

病気や怪我をすると、誰でも不安になります。 看護してくれる家族がいてもつらいものですが、 もし独りぼ …

PREV : 「これが現実か…」8年後に必ず会おうと約束した集合場所へやってきたらこの始末☆(笑)
道路に立つ男女が思わず写真を撮影したくなるほど人々を感動させた理由とは? : NEXT