Lenon


Lenonをフォローしよう!


耳の聞こえない母猫が生んだ子猫が次々と死亡!生き残った我が子を守るために母猫は・・・


度重なる不幸

先天性や事故などが原因で感覚器官が機能しない場合もあります。

人間であれば他の人がサポートしますが、動物たちはどうするのでしょう。

これからご紹介する猫は、聴覚の障害を背負いながら懸命に子猫達を育てようとします。

「ハニー」と名付けられた耳の聞こえない猫が、

インディアナ州コロンビアのシェルター『Humane Society of Whitley County』に保護されました。

耳が不自由なうえに、飼い主に見捨てられた理由が妊娠しているからとのこと。

ハニーは身重の体でとても不安だったことでしょう。

シェルターでは、落ち着いて産むことができません。

幸いにもバーブさんという優しい里親のもとで、お産が出来ることになりました。

しかし、ハニーにはさらなる試練が待ち受けていたのです。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

お留守番の動物たちが欲望に忠実になって企てた犯罪の決定的瞬間10選!

あなたが家を留守にした時、可愛いペットたちは何を考えているでしょう。 寂しがっている子もいるでしょう …

マイナス39度の極寒の中、列車のエンジンの隙間で凍り付いていた猫は車掌さんの心温まる行動で死の淵から救われた…!

その日カナダのアルタは、マイナス39度という非常に厳しい寒さに見舞われていました。 濡れたタオルを外 …

感染症で両目を失いながらも幸せそうに生きる猫!その前向きさは私たちに大切なことを教えてくれる・・・

アメリカのカリフォルニア州にある動物保護施設で働くセレナさんが、 ある日捨てられていた子猫を保護しま …

飼い主が愛犬に郵便配達員が何をしているのか隠し撮り→結果はみんな笑顔になった!

ニュージーランドに住むマイケル・コリンズさんは、配達がないのにも関わらず毎日来る郵便配達員をこっそり …

自転車を死守しながら飼い主さんの帰りを待つ犬が超かわいいと話題に!

ペットと飼い主との絆を感じさせるしぐさや行動を見ると、ほのぼのとした気持ちになりますね。 ペットを飼 …

PREV : 「これが現実か…」8年後に必ず会おうと約束した集合場所へやってきたらこの始末☆(笑)
道路に立つ男女が思わず写真を撮影したくなるほど人々を感動させた理由とは? : NEXT