Lenon


Lenonをフォローしよう!


耳の聞こえない母猫が生んだ子猫が次々と死亡!生き残った我が子を守るために母猫は・・・


度重なる不幸

先天性や事故などが原因で感覚器官が機能しない場合もあります。

人間であれば他の人がサポートしますが、動物たちはどうするのでしょう。

これからご紹介する猫は、聴覚の障害を背負いながら懸命に子猫達を育てようとします。

「ハニー」と名付けられた耳の聞こえない猫が、

インディアナ州コロンビアのシェルター『Humane Society of Whitley County』に保護されました。

耳が不自由なうえに、飼い主に見捨てられた理由が妊娠しているからとのこと。

ハニーは身重の体でとても不安だったことでしょう。

シェルターでは、落ち着いて産むことができません。

幸いにもバーブさんという優しい里親のもとで、お産が出来ることになりました。

しかし、ハニーにはさらなる試練が待ち受けていたのです。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

場所や背景を知らずに見れば飼い犬の日常→でも本当は、あまりにも悲しいワンちゃんの実態!

7月4日に永塚祐大さンという方がFacebookに投稿した内容が話題を呼んでいます。 小さな犬小屋に …

ダレノガレ明美が野良猫を保護→その猫には仰天事実が!批判にも負けない姿勢に心揺さぶられる・・・

愛猫家で有名なモデルでタレントのダレノガレ明美さん。 彼女が2017年3月に1匹の野良猫を保護しまし …

1ヶ月もの間、車の中に監禁されていた犬が無事に保護された瞬間がこちら…!

レバノンにて、飼い主によって実に1ヶ月もの間、車の中に監禁されていた犬!無事に保護された瞬間をご覧ください・・・

道端で死にそうだった白猫が、保護されて元気になるとビックリするほど美しくなりました!

白猫は幸運を呼ぶと言われています。 神秘的な目である「オッドアイ」は白猫の25%に見られるとか。 真 …

チーターがまるで猫!?ゴロゴロと喉を鳴らして懐くあられもない姿

お姉さんが危ない!と思いきや……? 「危ない!お姉さん逃げて!」 一瞬そう叫びたるのも当然。 なんと …

PREV : 「これが現実か…」8年後に必ず会おうと約束した集合場所へやってきたらこの始末☆(笑)
道路に立つ男女が思わず写真を撮影したくなるほど人々を感動させた理由とは? : NEXT