Lenon


Lenonをフォローしよう!


腫瘍で先の長くない犬を飛行機に乗せ、最期に暮らす家へと向かって行く・・・


アシュリンの最期

アシュリンは、北カロライナのシェルターで暮らしているシニア犬です。

非上皮性悪性腫瘍を抱えている彼女は、体重が激減して苦しい思いをしていました。

そんなアシュリンが最期の数週間をゆっくり過ごせる家を探し、無事見つけることはできました。

しかし場所が遠いため、飛行機で行く必要があります。

その際に名乗り出てくれたポール・ステクレンスキさんは、

動物レスキュー「Flying Fur Animal Rescue(FFAR)」の創立者です。

彼はアシュリンを自家用飛行機に乗せ、目的地まで連れて行くことにします。

隣にアシュリンを乗せて出発したステクレンスキさんは、彼女の心境を気にしていました。

詳細は次のページにてお伝えいたします。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

シェルターに馴染めず、一時的に預けられた犬が安心を感じてとった行動に涙・・・

シェルターでの生活に馴染めず、一時的に引き取られることになったワンちゃん!安心感を得てとった行動に涙が止まらない・・・

猫嫌いな男性宅に猫がやってきた結果→口は悪いのに愛情はだだ漏れでツンデレ全開!

サンドイッチがやってきた 画像掲示板『imgur』のユーザー、ブーギーさんの投稿が話題になっているそ …

生まれつき足のないハスキー犬!絶望していた犬が家族と車いすを手に入れると・・・

タイに住むハスキー犬のマヤは、生まれつき足がありませんでした。 そんなマヤは足以外に腰にも問題を抱え …

ケンカ中の猫たちと夏に浮かれていた犬の喜劇の斜め上な結末に思わず吹き出す!

一緒に暮らしていると、些細なことで喧嘩してしまいますよね。 それはペットたちも同じようです。 とある …

小さい頃に保護施設で助けられた恩を忘れなかった猫!施設で看護猫として病気の動物達を癒し、恩を返す姿に感動・・・

今回ご紹介するのは、助けられた恩を返す「スティッチ」と名付けられた猫のお話です。 スティッチは、オー …

PREV : 奈良で撮影された写真に写る桜の神々しさに他県はもう敗北宣言!?
これ知ってた?ホテルの従業員がぶっちゃけた宿泊する時に最低限守ってほしいマナーがこちら! : NEXT