Lenon


Lenonをフォローしよう!


腫瘍で先の長くない犬を飛行機に乗せ、最期に暮らす家へと向かって行く・・・


アシュリンの最期

アシュリンは、北カロライナのシェルターで暮らしているシニア犬です。

非上皮性悪性腫瘍を抱えている彼女は、体重が激減して苦しい思いをしていました。

そんなアシュリンが最期の数週間をゆっくり過ごせる家を探し、無事見つけることはできました。

しかし場所が遠いため、飛行機で行く必要があります。

その際に名乗り出てくれたポール・ステクレンスキさんは、

動物レスキュー「Flying Fur Animal Rescue(FFAR)」の創立者です。

彼はアシュリンを自家用飛行機に乗せ、目的地まで連れて行くことにします。

隣にアシュリンを乗せて出発したステクレンスキさんは、彼女の心境を気にしていました。

詳細は次のページにてお伝えいたします。




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

母親に育児放棄されたキツネが人間に保護されて同じ施設にいた猫と仲良くなった結果…!

子ギツネのヴィクシー 子ギツネのヴィクシーは母親に育児放棄され、 このまま野生で暮らしていくことは難 …

体の3分の1はある腫瘍を抱えた犬の絶望的な未来に希望をもたらしたものに涙・・・

ギルバートの悪性腫瘍 ギルバートは、アメリカのニューメキシコ州で保護された犬です。 彼が悲しげな表情 …

違反していることを承知の上で瀕死の子熊を助け出した男性に称賛の声が世界中から続々!

瀕死の子熊 あなたの目の前に瀕死の状態で横たわる動物がいた時、あなたならどうしますか? しかも、この …

「この子のそばに居たいの!」離されても赤ちゃんにピッタリ寄り添い続けようとする猫にほっこり・・・

猫の母性本能は非常に強く、それは我が子だけではなく他の子猫、 または他の動物にも愛情を注ぐほどなのだ …

猫が凍死寸前!猫のピンチを救った心温まる感動の実話をご覧ください・・・

凍死寸前の猫 その日はとても寒い日でした。 この写真を撮った方の玄関先に1匹の猫が倒れていました。 …

PREV : 奈良で撮影された写真に写る桜の神々しさに他県はもう敗北宣言!?
これ知ってた?ホテルの従業員がぶっちゃけた宿泊する時に最低限守ってほしいマナーがこちら! : NEXT