Lenon


Lenonをフォローしよう!


腫瘍で先の長くない犬を飛行機に乗せ、最期に暮らす家へと向かって行く・・・


アシュリンの最期

アシュリンは、北カロライナのシェルターで暮らしているシニア犬です。

非上皮性悪性腫瘍を抱えている彼女は、体重が激減して苦しい思いをしていました。

そんなアシュリンが最期の数週間をゆっくり過ごせる家を探し、無事見つけることはできました。

しかし場所が遠いため、飛行機で行く必要があります。

その際に名乗り出てくれたポール・ステクレンスキさんは、

動物レスキュー「Flying Fur Animal Rescue(FFAR)」の創立者です。

彼はアシュリンを自家用飛行機に乗せ、目的地まで連れて行くことにします。

隣にアシュリンを乗せて出発したステクレンスキさんは、彼女の心境を気にしていました。

詳細は次のページにてお伝えいたします。




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

今日のオヤツはあのオレンジ色の物体!野菜嫌い猫のイヤイヤ感が露骨すぎる(笑)

野菜嫌いな猫 「そろそろオヤツタイムかニャ〜」と、お皿の方に近づいて来た猫ちゃん。 しばらくウロウロ …

男性のことが好きすぎて離れてもそばにくっついてくる子熊が可愛すぎる!

今回ご紹介する子熊はある男性のことが大好き!あまりにも好きすぎて離れても必ずくっついてくるのです…!詳細はこちら・・・

「障害はこの子が持つ魅力の一つ」脳障害を抱えた子猫に愛情を注ぐ女性の想いに感動・・・

「障害はこの子が持つ魅力の一つ」脳障害を抱えた子猫に愛情を注ぐ女性の想いとは?胸が熱くなるエピソードはこちら・・・

ありえないような人為的ミスが原因で異様な姿をしたヤギが保護された!

この子ヤギは「ローソン」という名前です。 異様な頭をしていますが、この子はその他に先天性の障害を持っ …

リビングに亡くなった猫を置くともう1匹の猫が思わぬ行動を起こす!その行動に涙・・・

皆さんは死を身近に感じた事はありますか? 人間にしても動物にしても、絶対に避ける事ができないものです …

PREV : 奈良で撮影された写真に写る桜の神々しさに他県はもう敗北宣言!?
これ知ってた?ホテルの従業員がぶっちゃけた宿泊する時に最低限守ってほしいマナーがこちら! : NEXT