Lenon


Lenonをフォローしよう!


腫瘍で先の長くない犬を飛行機に乗せ、最期に暮らす家へと向かって行く・・・


アシュリンの最期

アシュリンは、北カロライナのシェルターで暮らしているシニア犬です。

非上皮性悪性腫瘍を抱えている彼女は、体重が激減して苦しい思いをしていました。

そんなアシュリンが最期の数週間をゆっくり過ごせる家を探し、無事見つけることはできました。

しかし場所が遠いため、飛行機で行く必要があります。

その際に名乗り出てくれたポール・ステクレンスキさんは、

動物レスキュー「Flying Fur Animal Rescue(FFAR)」の創立者です。

彼はアシュリンを自家用飛行機に乗せ、目的地まで連れて行くことにします。

隣にアシュリンを乗せて出発したステクレンスキさんは、彼女の心境を気にしていました。

詳細は次のページにてお伝えいたします。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

熱き戦場に予想外の珍客!チームに驚きの幸運をもたらした子猫のその後とは?

珍客乱入 2017年の8月9日、カージナルズ対ロイヤルズの熱い戦いがブッシュ・スタジアムで行われてい …

薪ストーブの魔力から離れられない…!特等席で幸せそうにする黒柴の表情が微笑ましい・・・

Twitterユーザーのはしもとみおさん(@hashimotomio)は、犬や猫などの動物を木彫りで …

ホームレス男性が飼っている子犬のためにとった賞賛に値する信念にあふれた行動とは?

ホームレス男性と犬 犬は人間にとって家族や友達、時には人生のパートナーにもなりうるかけがえのない存在 …

庭の片隅で寒さに震えて身を寄せ合っていた8匹の子猫たち→温かい人々によって幸せに…!

寒さと飢えに震える動物を目にすれば、何とかしてあげたいと思いますよね。 その震えているのが弱弱しい子 …

殺処分間際のところで助けてもらった猫→新しい飼い主さんへ全身で表す感謝の気持ちが止まらない!

様々な理由から保健所の送られる動物がいます。 私たちの生活には、全面的に関わりのない事と思われがちで …

PREV : 奈良で撮影された写真に写る桜の神々しさに他県はもう敗北宣言!?
これ知ってた?ホテルの従業員がぶっちゃけた宿泊する時に最低限守ってほしいマナーがこちら! : NEXT