Lenon


Lenonをフォローしよう!


悲しい表情をしていた野良猫が保護団体の献身的な愛情によって笑顔を取り戻す!


悲しそうな顔のバーニー

今回ご紹介する猫は「バーニー」と言う名前の、6歳のオス猫です。

彼はカナダのモントリオールの街をさまよっていた時、

地元の愛護団体「Chatons OrphelinsMontreal(COM)」に保護されました。

COMのセリーヌさんはこう話します。

「近所の人に食べ物をもらっていたけどケアを本気でやってくれる人はいなかったし、彼にとって冬の寒さはかなり厳しいものだったの」

バーニーは顔も耳も傷だらけで、とても悲しそうな顔をしています。

すぐに治療が始まりました。

セリーヌさんによれば悪臭と目ヤニが酷く耳ダニがいて、

片耳は凍傷で曲がっている上に歯もいくつか欠けていたそうです。

献身的な愛情によって笑顔を取り戻したバーニーを、次のページで詳しくご紹介いたします。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

まるで子犬!?カメラが納めた野生のコヨーテのなんとも無邪気な瞬間をご覧ください…!

みなさんはコヨーテという動物を知っていますか? また、コヨーテに対してどのようなイメージを持っていま …

どこから持って来たのか見当もつかないペット達からのサプライズプレゼント7選!

飼い主さんが大好きなペットたち。 いつも恩返しに何かをプレゼントしようと思っているものです。 見て見 …

病気の犬に育てられた子猫→育ての犬が発作を起こした時、子猫は…運命の絆で結ばれ、種を越えた“親子”!

犬のトビーは、生後11週の子猫ジンクスが家にやってくると、まるで自分が親であるかのように世話をしまし …

愛する猫を亡くして数ヶ月→「思い出す機会が減ってきた」と相談したら心温まる答えが返ってきた…!

愛する猫を亡くして数ヶ月経ち、心療内科の先生に「思い出す機会が減ってきた」と相談したら心温まる答えが返ってきた…!

ダンボールに入れられた状態で捨てられ、ひとりぼっちだった2本足の犬が自由を手に入れた瞬間に涙…!

サンフランシスコの繁華街に、1匹の子犬が捨てられていました。 子犬はダンボールに閉じ込められ、繁華街 …

PREV : 「努力は報われるとは限らない!もっと言えば…」イチローだからこそ言える名言が話題に・・・
廃線で撮影された写真が「3歳児なのにおばあちゃん感がすごい」と話題に! : NEXT