Lenon


Lenonをフォローしよう!


視覚障害の男性と盲導犬がいくら悲しい気持ちや表情になろうとも、誰も席を譲ってくれない…!


視覚障害

生活を送る環境は基本的に健常者に合わせて作られているため、

障害者の人たちは日常生活を送ることにも困難を強いられます。

周囲の人々の理解や気遣いがあればもっと過ごしやすくなるのですが、

悲しいことに自分以外の人や動物を気に掛ける人はあまり多くないようです。

現在37歳のアミット・パテルさんは、ロンドンで盲導犬のキカと一緒に暮らしている男性です。


以前は医師として働いていましたが2012年にいきなり視力を失くしてしまい、

キカに頼った生活を送っています。

アミットさんはいつもロンドンの公共交通機関を利用しているのですが、

ストレスのあまり涙が出てくるようなこともあると話します。

そんなアミットさんが遭遇した哀しくなる出来事を、次のページで詳しくご紹介いたします。




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

ずっと一緒だった仲良しの猫が天国へと旅立ったことを受け入れられなかった犬→1匹の子猫が犬の日常に光を灯す…!

茶トラ猫とゴールデン 奥のワンちゃんは10歳のゴールデンレトリーバーで、名前はフォースバーグと言いま …

見た目のせいで命の危機にさらされていた猫!愛情をもらうために必要なことについて考えさせられる・・・

ポッサムの見た目 ポッサムを初めて見た人は、彼の外見に戸惑うかもしれません。 まだら禿げで灰色の毛皮 …

散歩中、子どもたちに褒められたおじいちゃん犬がシャッキリ紳士に大変身!

老犬ソーヤくん 14歳の老犬「ソーヤくん」は、 4年前に保護犬としてTwitterユーザーの東雲鈴音 …

カンガルーのような二本足の猫が保護され、ある女性と運命の出会いを果たした結果…!

ある日救助されたのは、カンガルーのような二本足の猫!その後、ある女性と運命的な出会いを果たした結果…!詳細はこちら・・・

9年間狭いケージに閉じ込められていたチワワが初めてベッドの感触に触れた瞬間に涙が溢れる…!

強制的な繁殖のために9年間狭いケージの中に閉じ込められていたチワワ!初めてベッドの感触を知った瞬間に涙が止まらない・・・

PREV : 楽屋に帰る途中、ビートたけしが廊下にずっと立っていた理由に度量の大きさを感じる…!
「努力は報われるとは限らない!もっと言えば…」イチローだからこそ言える名言が話題に・・・ : NEXT