Lenon


Lenonをフォローしよう!


視覚障害の男性と盲導犬がいくら悲しい気持ちや表情になろうとも、誰も席を譲ってくれない…!


視覚障害

生活を送る環境は基本的に健常者に合わせて作られているため、

障害者の人たちは日常生活を送ることにも困難を強いられます。

周囲の人々の理解や気遣いがあればもっと過ごしやすくなるのですが、

悲しいことに自分以外の人や動物を気に掛ける人はあまり多くないようです。

現在37歳のアミット・パテルさんは、ロンドンで盲導犬のキカと一緒に暮らしている男性です。


以前は医師として働いていましたが2012年にいきなり視力を失くしてしまい、

キカに頼った生活を送っています。

アミットさんはいつもロンドンの公共交通機関を利用しているのですが、

ストレスのあまり涙が出てくるようなこともあると話します。

そんなアミットさんが遭遇した哀しくなる出来事を、次のページで詳しくご紹介いたします。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

奇妙な音が聞こえたので起きてみたらこの子の寝言でした・・・(笑)

夜中の寝言、歯ぎしりには時々驚いて飛び起きることがあります。 ムニャムニャ程度なら許せますが、 「ぎ …

のんびりお寝んね中の猫にぬいぐるみを渡した時の反応が想像以上に可愛すぎる!

外出した折にペットショップに立ち寄ると、ペット用のおもちゃの種類に驚かされますね。 犬用、猫用共に数 …

クジャクが空を飛ぶ貴重な神々しい姿を大公開!これは滅多に見ることができませんよ・・・

鳥のように自由に空を飛びたいものですね。 しかし、中には飛べない鳥もいます。 ペンギンにダチョウ、キ …

「安楽死させてほしい」と持ち込まれた鳴き声が可愛すぎる老猫は穏やかな余生を望み・・・

「安楽死させてほしい」と持ち込まれた、鳴き声が可愛すぎ老猫!穏やかな余生と言うこの猫の望みは叶えられるのでしょうか?

場所や背景を知らずに見れば飼い犬の日常→でも本当は、あまりにも悲しいワンちゃんの実態!

7月4日に永塚祐大さンという方がFacebookに投稿した内容が話題を呼んでいます。 小さな犬小屋に …

PREV : 楽屋に帰る途中、ビートたけしが廊下にずっと立っていた理由に度量の大きさを感じる…!
「努力は報われるとは限らない!もっと言えば…」イチローだからこそ言える名言が話題に・・・ : NEXT