Lenon


Lenonをフォローしよう!


視覚障害の男性と盲導犬がいくら悲しい気持ちや表情になろうとも、誰も席を譲ってくれない…!


視覚障害

生活を送る環境は基本的に健常者に合わせて作られているため、

障害者の人たちは日常生活を送ることにも困難を強いられます。

周囲の人々の理解や気遣いがあればもっと過ごしやすくなるのですが、

悲しいことに自分以外の人や動物を気に掛ける人はあまり多くないようです。

現在37歳のアミット・パテルさんは、ロンドンで盲導犬のキカと一緒に暮らしている男性です。


以前は医師として働いていましたが2012年にいきなり視力を失くしてしまい、

キカに頼った生活を送っています。

アミットさんはいつもロンドンの公共交通機関を利用しているのですが、

ストレスのあまり涙が出てくるようなこともあると話します。

そんなアミットさんが遭遇した哀しくなる出来事を、次のページで詳しくご紹介いたします。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

断固として「Ctrl+z」を押させてくれない我が家の文鳥(笑)一体なぜ・・・?

ペットが飼い主の行動を妨げることはよくあります。 例えば我が家で飼っている犬はトイレの前に陣取り、 …

「#飼い主の心臓に悪いペットの寝相コンテスト」10選で思わず寿命が縮みそう・・・

「#飼い主の心臓に悪いペットの寝相コンテスト」というハッシュタグのもとに集まった10のツイートで思わず寿命が縮みそう(笑)

「もういいです…いや、マジで」ご主人の撫でる手を静かに拒否する猫様の怖優しい塩対応・・・

ご主人が猫に撫でようと手を伸ばします。 ご主人が手を出せば、猫もそれに応えて手を出してきます。 とて …

ペットショップが客についた大きな嘘に共感の嵐!この嘘に隠された秘密とは?

ほとんどの人が、一度はペットショップに足を運んだことがあるかと思います。 飼っている動物の餌を購入し …

里親と出会えたのに猫が寂しそうにしている理由に気づいた飼い主は・・・

人間に捨てられて、保護施設に預けられるペットたち。 最近では、ペットの高齢を理由に手放す飼い主が多い …

PREV : 楽屋に帰る途中、ビートたけしが廊下にずっと立っていた理由に度量の大きさを感じる…!
「努力は報われるとは限らない!もっと言えば…」イチローだからこそ言える名言が話題に・・・ : NEXT