Lenon


Lenonをフォローしよう!


虐待されて裏切られ、11回も里親から返された犬はそれでも本当の家族を待ち続ける…!


不幸にも飼い主に虐待されてしまう犬がいます。

この子たちには非はありませんが、運が悪く飼い主の憂さ晴らしにされてしまう悲しい現実があるのです。

そのようなワンちゃんは、シェルターに保護されても幸せが待っているわけではありません。

心に負ってしまった傷が、負の連鎖となる場合があります。

2014年、アメリカのニューヨーク州にあるヘムテッドタウン・アニマルシェルター(HTAS)に、

ボクサーのMIX犬「シーナ」が引き取られて来ました。

シーナの鼻には傷があり、男性を見ると怯えた様子を見せました。

明らかにこの子は虐待を受けていたようです。

そしてシーナ引き渡しに来た人物が、元の飼い主に虐待されていることを告白しました。

体の傷は治療をすれば治りますが、心の傷はそうはいきません。

シーナの話を聞いたスタッフは、彼女のリハビリに大きな壁を感じます。

心に深い傷を負ったシーナの行く先には、何が待っているのでしょう。

シーナのその後は、次のページで詳しくご紹介いたします。




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

子猫が新しく家族の仲間入り→先輩猫とのシンクロっぷりに思わずメロメロ…!

新しく家族に迎えた子猫 猫がたくさん集まっているところというのはとってもかわいいですよね。 猫同士が …

5年前まではがん病棟に犬なんて必要ないと思っていた…でも実際の医療現場を見て考えが変わった!

現在、子供が病気で亡くなる確率が一番高いのは小児がんです。 この小児がんは大人のがんよりは少ないので …

猫はこたつで丸くなる!・・・のではなく、座椅子で休日のオッサンのように過ごす(笑)

かなり早めの冬がやって来ましたが、みなさんの家ではコタツはもう出しましたか? コタツと言えば有名な童 …

そうだったのか(笑)なぜか仕事をしていると猫が横にやってくる理由とは…?

何かお仕事などをしていると、猫が横にやってくることはありませんか?その行動の理由はこうだったのかもしれません(笑)

寒さ対策が思わぬ縁を呼び寄せた!靴下をセーターとして子猫に着させたらみんなメロメロに・・・

この地球上で一番恐ろしいのは、自然災害だと言われています。 ひとたび災害が起きると、私達人間にそれを …

PREV : 未来の日常を覗いてみたら想像以上に便利な世の中になっていて衝撃が走った…!
トイレの隙間から元気よく「こんにちは!」してきた正体が笑える(笑) : NEXT