Lenon


Lenonをフォローしよう!


虐待されて裏切られ、11回も里親から返された犬はそれでも本当の家族を待ち続ける…!


不幸にも飼い主に虐待されてしまう犬がいます。

この子たちには非はありませんが、運が悪く飼い主の憂さ晴らしにされてしまう悲しい現実があるのです。

そのようなワンちゃんは、シェルターに保護されても幸せが待っているわけではありません。

心に負ってしまった傷が、負の連鎖となる場合があります。

2014年、アメリカのニューヨーク州にあるヘムテッドタウン・アニマルシェルター(HTAS)に、

ボクサーのMIX犬「シーナ」が引き取られて来ました。

シーナの鼻には傷があり、男性を見ると怯えた様子を見せました。

明らかにこの子は虐待を受けていたようです。

そしてシーナ引き渡しに来た人物が、元の飼い主に虐待されていることを告白しました。

体の傷は治療をすれば治りますが、心の傷はそうはいきません。

シーナの話を聞いたスタッフは、彼女のリハビリに大きな壁を感じます。

心に深い傷を負ったシーナの行く先には、何が待っているのでしょう。

シーナのその後は、次のページで詳しくご紹介いたします。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

道路にペタンと張り付いている子鹿を発見!動かないからケガしてしまったのかと思いきや・・・

スティーブさんが偶然通りかかった道路の真ん中に、うずくまるようにしている子鹿がいました。 スティーブ …

飼い主に捨てられた過去を持つワンちゃんが新しく家族となった男の子に愛情を注ぐ姿に感動…!

飼い主に捨てられた過去を持つワンちゃんが、新しく家族となった男の子に愛情を注ぐ姿に胸が熱くなる!心温まる光景はこちら・・・

甘やかされてたるんだボディから健康ボディに衝撃の変身!体重を20キロ減らしたワンちゃんがこちら・・・

人間でもペットでも、必要以上に太るのは健康上よくありません。 ペットの肥満は、飼い主さんの責任と言え …

捨て猫を保護→しかし「また捨てられる!」と勘違いしてしまっていたようで・・・

ある野良猫は、飼い主の勝手な事情により捨てられてしまって野良猫になりました。 しかし元々が飼い猫だっ …

10歳の少年からひとりぼっちの子猫を託された新しい母猫!その後の子猫は・・・

10歳の少年はひとりぼっちの子猫を優しく抱きしめ、新しい母猫をへとその子猫を託した!その後の子猫の様子はこちら・・・

PREV : 未来の日常を覗いてみたら想像以上に便利な世の中になっていて衝撃が走った…!
トイレの隙間から元気よく「こんにちは!」してきた正体が笑える(笑) : NEXT