Lenon


Lenonをフォローしよう!


虐待されて裏切られ、11回も里親から返された犬はそれでも本当の家族を待ち続ける…!


不幸にも飼い主に虐待されてしまう犬がいます。

この子たちには非はありませんが、運が悪く飼い主の憂さ晴らしにされてしまう悲しい現実があるのです。

そのようなワンちゃんは、シェルターに保護されても幸せが待っているわけではありません。

心に負ってしまった傷が、負の連鎖となる場合があります。

2014年、アメリカのニューヨーク州にあるヘムテッドタウン・アニマルシェルター(HTAS)に、

ボクサーのMIX犬「シーナ」が引き取られて来ました。

シーナの鼻には傷があり、男性を見ると怯えた様子を見せました。

明らかにこの子は虐待を受けていたようです。

そしてシーナ引き渡しに来た人物が、元の飼い主に虐待されていることを告白しました。

体の傷は治療をすれば治りますが、心の傷はそうはいきません。

シーナの話を聞いたスタッフは、彼女のリハビリに大きな壁を感じます。

心に深い傷を負ったシーナの行く先には、何が待っているのでしょう。

シーナのその後は、次のページで詳しくご紹介いたします。




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

コンドルのヒナを助けて野生に返した男性がそのコンドルとかけがえのない親友になる!

今まで送ってきた人生の中で、誰しもが様々な出会いと別れを経験してきたことでしょう。 そうした経験は、 …

今日のオヤツはあのオレンジ色の物体!野菜嫌い猫のイヤイヤ感が露骨すぎる(笑)

野菜嫌いな猫 「そろそろオヤツタイムかニャ〜」と、お皿の方に近づいて来た猫ちゃん。 しばらくウロウロ …

子犬たちの成長記録!あっという間に大きくなっていく軌跡に心温まる・・・

子犬たちの成長記録を収めた動画をご紹介!あっという間に大きくなっていく子犬たちの成長の軌跡に心温まる・・・

猫のお父さんは馬!?種族を超えた親子の姿に心揺さぶられる・・・

母親を亡くしたライオンの赤ちゃんが猫に育てられたり、又猫の赤ちゃんがタヌキに育てられたり。 そんな様 …

少女と犬、波打ち際で仲良く遊んでいるのかと思いきや犬がとても頼もしかった…!

もともと群れで生活をしていた犬は、それぞれ役割分担がありました。 獲物を狩るにしても、追い込む役割と …

PREV : 未来の日常を覗いてみたら想像以上に便利な世の中になっていて衝撃が走った…!
トイレの隙間から元気よく「こんにちは!」してきた正体が笑える(笑) : NEXT