Lenon


Lenonをフォローしよう!


人間よりも人間臭いこの息子は23歳→悲しい過去から救われたけど「クマ」った甘えん坊さん!


まるでファンタジー映画や絵本のようなシチュエーション。

実はこれは、あるロシアのご夫婦の日常の一コマです。

kumatta1 ご主人に寄り添って眠るこの大きなクマさんの名はステパン(男の子)。

この安心しきる表情を見ていると、こちらまで癒されてしまいます。

この子は絶対に幸せですよね。

クマといえば、凶暴すぎて近寄りがたいイメージですが、ステパンはどうしてこんなにも人と仲良くなったのでしょう?

まるでファンタジーの世界に入り込んでしまったかのような、

彼とご夫婦の日常を垣間見たい方は是非どうぞ!



1
2

この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  1. 千加 より:

    小さい頃から育てられたので、きっと自分も人間だと思っているのですね。一緒に暮らせば皆家族です。

  2. より:

    この夫妻の名まえ、逆じゃないでしょうか?通常ロシア語圏でスベトラーナは女性名で、ユーリは男性名ですよね。

  3. 大谷正利 より:

    私は蛇で体験しました一回目は地元でヤドシを猫がくわえてきて私に見せにきました気持ちが悪かったので火箸でたたいて、蛇を奪った死んだように動かなかったが自慢の水を頭部や傷口にたっぷりかけ日陰の草のなかえ隠した毎日見に行き3日目はいなかった、10日ほどして風呂をたいていると、バタンと音がしたので見ると助けたヤドシだった、生きています、と、姿を見せてくれたと思った、2回目はさらに10日ほどしてまた猫が蛇をくわえてきた今度は仰天した強い毒を持っているマムシだった死んだように伸びていた前回のように手当をして草むらに隠してやった、マムシは死を覚悟して会いに来たのだろう、くまちゃんも命を助けてもらったのか、動物は純情だ感動する。

  関連記事

謎の箱のフタを開けたオウム→次の瞬間繰り出されたパンチにコントのような結末が待っていた!

オウムと聞くと、おしゃべりしたり複雑な餌箱から餌を取り出したりと、頭の良いイメージがありますよね。 …

ナデナデしたいけど手が届かない赤ちゃんに対してハスキー犬がとった行動に世界中の人々が癒される!

大型犬であるシベリアン・ハスキーは体高約50センチ、体重は約20キロあります。 人間の赤ちゃんを乗せ …

郵便配達員VS手紙を取る勢いが凄まじい猫さん!油断していたらケガ不可避!?

郵便配達員VS猫さん!? とある郵便配達員は、今日もある家に郵便物を届けに行きます。 そのお家では、 …

解体中の建物で起きた、箱に重石をして捨てられていた子猫を救った心優しいヒーロー!

福岡にお住まいのTwitterユーザー、sato (@sato_f_ddon)さんが本日の主役です。 …

奇妙な音が聞こえたので起きてみたらこの子の寝言でした・・・(笑)

夜中の寝言、歯ぎしりには時々驚いて飛び起きることがあります。 ムニャムニャ程度なら許せますが、 「ぎ …

PREV : プールが気になって鼻を突っ込んじゃった子犬→好奇心から来るビックリな結末をご覧ください…!
自分の帽子の色を当てて釈放してもらえた囚人は4人のうち1人…IQ180クラスの超難問! : NEXT