Lenon


Lenonをフォローしよう!


目の色が左右で異なる少年が全く同じ特徴の猫と出会った結果・・・


「虹彩異色症(こうさいいしょくしょう)」と呼ばれる症状をご存知でしょうか?

左右の目の色が異なっている状態を言います。

この現象は白猫に多く見られ、猫の場合は『オッドアイ』と呼ばれています。

人間も先天的虹彩異色症は白人の方に多いとされていますが、

この魅惑的な瞳を持つ少年と同じ目をしたオッドアイの猫が運命的な出会いをしました。

個性的な瞳

アメリカで、目の色が左右によって異なる子猫が生まれました。

さらに少し口が裂けている状態だったのです。

この先天性な特徴のある猫は2歳の頃、ミネソタのレスキューに保護されました。

この猫の情報を、オクラホマに住んでいたクリスティーナさんが知ることとなります。

彼女はこの猫を見て興味を持ちました。

「うちの子と同じだわ!」

クリスティーナさんの7歳になる息子さんのマッデン君も、

同じような虹彩異色症で左右の目が異なっていたのです。

そしてマッデン君と家族は、オクラホマからミネソタへ猫に会うために車で向かいました。

マッデン君は同じ目を持つ猫を気に入り、猫も運命を感じたようにすり寄ってきたのです。

そうして始まった猫と少年の大切な時間について、次のページで詳しくご紹介いたします。




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

シベリアの道路脇に忠犬ハチ公!氷点下の中で飼い主を待ち続ける1匹の犬の運命は…?

寒いロシアの北側に位置するシベリア地方。 冬の気温はとても低く、早いところでは8月下旬に雪が降ります …

子猫が頑張って近づいてくれたがなぜか何度もつまずいていた→女性が心配になって拾い上げると…!

何度もつまづく子猫 約1年前のこと。 動物病院の看護師であるブリアナ・ウオーカーさんは、愛犬といつも …

子犬がカゴに閉じ込められて大ピンチ!家族総出で大奮闘の救出劇の結末は…?

白いワンちゃんとカゴ 4匹の柴犬ちたちが、部屋の中で自由にのんびりとした時間を過ごしています。 皆思 …

飼い主に呼ばれてワンちゃん登場!しかし予想以上のビッグサイズだった・・・

飼い主さんに呼ばれて、ワンちゃんがやってきました!しかし、予想以上のサイズにビックリ仰天であります…!詳細はこちら・・・

「野良猫を保護した」とおばあちゃんが言うので孫が見に行くとそこにいたのは…!

「野良猫を保護した」と話すおばあちゃん!孫がおばあちゃんの家を訪ねて保護した野良猫を見に行くとそこで目にしたのは・・・

PREV : 地元の人しか知らない!?マイナーだけど美しく絶景な秘境15選がこちら・・・
「京都行ってる場合じゃねぇ!」宿が取れなくて仕方なく奈良で宿泊した結果・・・ : NEXT