Lenon


Lenonをフォローしよう!


目の色が左右で異なる少年が全く同じ特徴の猫と出会った結果・・・


「虹彩異色症(こうさいいしょくしょう)」と呼ばれる症状をご存知でしょうか?

左右の目の色が異なっている状態を言います。

この現象は白猫に多く見られ、猫の場合は『オッドアイ』と呼ばれています。

人間も先天的虹彩異色症は白人の方に多いとされていますが、

この魅惑的な瞳を持つ少年と同じ目をしたオッドアイの猫が運命的な出会いをしました。

個性的な瞳

アメリカで、目の色が左右によって異なる子猫が生まれました。

さらに少し口が裂けている状態だったのです。

この先天性な特徴のある猫は2歳の頃、ミネソタのレスキューに保護されました。

この猫の情報を、オクラホマに住んでいたクリスティーナさんが知ることとなります。

彼女はこの猫を見て興味を持ちました。

「うちの子と同じだわ!」

クリスティーナさんの7歳になる息子さんのマッデン君も、

同じような虹彩異色症で左右の目が異なっていたのです。

そしてマッデン君と家族は、オクラホマからミネソタへ猫に会うために車で向かいました。

マッデン君は同じ目を持つ猫を気に入り、猫も運命を感じたようにすり寄ってきたのです。

そうして始まった猫と少年の大切な時間について、次のページで詳しくご紹介いたします。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

18歳で飼い主に捨てられた老猫!施設職員の懸命さと熱意が幸せへと導く・・・

みなさんは、猫の平均寿命がどれ位かご存知ですか? 近年、人間の平均寿命は年々上がっていますが、実は猫 …

ダンボールに入れられた状態で捨てられ、ひとりぼっちだった2本足の犬が自由を手に入れた瞬間に涙…!

サンフランシスコの繁華街に、1匹の子犬が捨てられていました。 子犬はダンボールに閉じ込められ、繁華街 …

老犬が生き埋めにされ、虐待されていた→愛犬と散歩していた男性による決死の救出作業が行われたが…!

パリのキャリエール・シュル・セーヌに住んでいるペドロ・ディニースさんは、 愛犬のデエスといつものよう …

食べ物も飲み物もない建設途中のビルの屋上で3日間取り残されていた猫が奇跡的に生還!

ビルの屋上に取り残された猫 これは、レバノンの首都であるベイルートで撮影された建築中のビルの写真です …

ひとりぼっちだったボブキャットの赤ちゃんが同じ身の上のボブキャットと出会ったことで前を向くようになる…!

1年前のことです。 アメリカのフロリダ州にある野生動物保護施設で、 今にも死にそうな状態で民家の庭に …

PREV : 地元の人しか知らない!?マイナーだけど美しく絶景な秘境15選がこちら・・・
「京都行ってる場合じゃねぇ!」宿が取れなくて仕方なく奈良で宿泊した結果・・・ : NEXT