Lenon


Lenonをフォローしよう!


目の色が左右で異なる少年が全く同じ特徴の猫と出会った結果・・・


「虹彩異色症(こうさいいしょくしょう)」と呼ばれる症状をご存知でしょうか?

左右の目の色が異なっている状態を言います。

この現象は白猫に多く見られ、猫の場合は『オッドアイ』と呼ばれています。

人間も先天的虹彩異色症は白人の方に多いとされていますが、

この魅惑的な瞳を持つ少年と同じ目をしたオッドアイの猫が運命的な出会いをしました。

個性的な瞳

アメリカで、目の色が左右によって異なる子猫が生まれました。

さらに少し口が裂けている状態だったのです。

この先天性な特徴のある猫は2歳の頃、ミネソタのレスキューに保護されました。

この猫の情報を、オクラホマに住んでいたクリスティーナさんが知ることとなります。

彼女はこの猫を見て興味を持ちました。

「うちの子と同じだわ!」

クリスティーナさんの7歳になる息子さんのマッデン君も、

同じような虹彩異色症で左右の目が異なっていたのです。

そしてマッデン君と家族は、オクラホマからミネソタへ猫に会うために車で向かいました。

マッデン君は同じ目を持つ猫を気に入り、猫も運命を感じたようにすり寄ってきたのです。

そうして始まった猫と少年の大切な時間について、次のページで詳しくご紹介いたします。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

通行人からお金を寄付してもらっていたホームレス猫!お金の魅力に取りつかれていた彼の恩返しとは?

お金の価値は人間にしかわかりませんがお金に魅了されるのは人間のみ、というわけではないようです。 海外 …

どん兵衛ハウスで暮らしていたツバメの雛たちにいよいよ巣立ちの時期がやって来ました…!

ツバメが巣を作るとその家は繁盛する、という昔からの言い伝えがあります。 田畑の害虫を食べてくれるツバ …

母親をなくした6匹の子猫を温かく迎えてくれたのは、耳の長いお父さんでした・・・

リズさんの家には、6匹の子猫が暮らしています。 4匹は1週間前に母猫を亡くした子猫たち、2匹は3週間 …

リュックの中から衰弱した状態で発見された猫!助けられると感謝の喜びが止まらなくなった・・・

ペットを安易に捨ててしまうのは残酷な行為ですが、 誰かに拾われるように捨てるのとゴミのように捨てるの …

お昼寝の前にはご主人様とお話しないと寝れない人間の言葉が分かっている様子の猫をご覧ください・・・

子供の頃、夜寝る前に絵本などの読み聞かせを親にしてもらったことがあるという方は多いと思います。 今回 …

PREV : 地元の人しか知らない!?マイナーだけど美しく絶景な秘境15選がこちら・・・
「京都行ってる場合じゃねぇ!」宿が取れなくて仕方なく奈良で宿泊した結果・・・ : NEXT