Lenon


Lenonをフォローしよう!


「障害はこの子が持つ魅力の一つ」脳障害を抱えた子猫に愛情を注ぐ女性の想いに感動・・・


脳障害を持つカヌー

2018年3月中旬、1匹の子猫がアメリカのシカゴの路上で歩いていたところを保護されました。

カヌーと呼ばれるようになった子猫は、「小脳低形成」という先天性の脳障害や口蓋裂、

結膜炎に上部気道感染など多くの病気や障害を抱えていたそうです。

動物愛護団体のスタッフはこのように語っています。

「脳障害を抱えているせいで、彼女(カヌー)はバランスを上手く保つことができません。彼女が路上で保護されたときはすでに、ふらふらと不安定な歩き方をしていたそうです。」

カヌーは必要な治療とケアを施設で受けた後、

リンジーさんという預かりボランティアの自宅へ移されました。

カヌーのその後の様子は、次のページで詳しくご紹介いたします。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

猫がのんびり寝ているだけの動画かと思いきや、最後に仰天事実が発覚!

春になり、日差しも暖かくなってきました。 ストーブやコタツで昼寝をしていた猫さんも、 日の差し込む場 …

保健所へ向かう途中、高速道路の路肩という危険な場所で子猫を保護!2つの命が救われ、同時に奇跡を起こす・・・

保健所へ子猫を引き取りに向かう途中、高速道路の路肩で別の子猫を保護!2つの命が救われ、同時に奇跡を起こす・・・

そして父になる…出産の立ち会いから子育てまで!家族思いなイクメンニャンコが微笑ましい・・・

出産は、母親にとっては本当に命がけ。 そして産んだ後も、本当に大変と言われていますよね。 今回ご紹介 …

動物シェルターで1匹のビーグル犬に出会った少女は、大人が気付けなかったことに気付きました…!

とある動物シェルターにいるビーグル犬のメス「スージー」。 彼女の周りには「引き取り済み」の印が付けら …

孤独だった迷子の子猫→保護されるとあっという間に20人の友達ができ、嬉しさが爆発!

弱り切った子猫 生まれてまだ一か月の子猫は箱の中に捨てられ、独りぼっちで鳴いていました。 食べ物もな …

PREV : 丸の内の街でおじさんがミニスカ&ハイヒールで踊り狂っている!?
刺身の菊は醤油に散らして食べる食用菊だってご存知?実際に試してみたら香り良いアクセントに! : NEXT