Lenon


Lenonをフォローしよう!


「障害はこの子が持つ魅力の一つ」脳障害を抱えた子猫に愛情を注ぐ女性の想いに感動・・・


脳障害を持つカヌー

2018年3月中旬、1匹の子猫がアメリカのシカゴの路上で歩いていたところを保護されました。

カヌーと呼ばれるようになった子猫は、「小脳低形成」という先天性の脳障害や口蓋裂、

結膜炎に上部気道感染など多くの病気や障害を抱えていたそうです。

動物愛護団体のスタッフはこのように語っています。

「脳障害を抱えているせいで、彼女(カヌー)はバランスを上手く保つことができません。彼女が路上で保護されたときはすでに、ふらふらと不安定な歩き方をしていたそうです。」

カヌーは必要な治療とケアを施設で受けた後、

リンジーさんという預かりボランティアの自宅へ移されました。

カヌーのその後の様子は、次のページで詳しくご紹介いたします。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

年老いた愛犬のために写真を21枚撮り続けた→最後の写真に涙がとまらない・・・

歳をとるという事 いつも共に過ごしてきた家族のような愛犬。 人間と同じく犬もまた歳をとり、段々と衰え …

サンフランシスコで「ペットショップで販売できるのは保護動物のみ」という条例が可決されました!その裏にある悲しい現実とは?

ペットショップで販売されている動物たちの大半は、 販売目的のためにブリーダーたちによって繁殖された子 …

ネズミに困っていることを農家の友人に相談したらかわいい解決策を用意してくれた!

ネズミに困っている農家の家族(@K8terSan)がある日、同じ農家の友人に相談をしました。 すると …

一生懸命に子猫が階段を昇る→それを見ていた大型犬の心温まる行動がこちら!

子猫や子犬のような小さな動物にとって、自分の身の丈ほどの高さのある階段の上り下りは、 家の中で行動す …

食べられる運命にあった10匹の子犬が1人の女性によって幸せな暮らしを手に入れる!

韓国の犬食文化 韓国には犬食文化があり、 現在も食用の犬が多くの養犬場で飼育された後に食肉加工場で殺 …

PREV : 丸の内の街でおじさんがミニスカ&ハイヒールで踊り狂っている!?
刺身の菊は醤油に散らして食べる食用菊だってご存知?実際に試してみたら香り良いアクセントに! : NEXT