Lenon


Lenonをフォローしよう!


「障害はこの子が持つ魅力の一つ」脳障害を抱えた子猫に愛情を注ぐ女性の想いに感動・・・


脳障害を持つカヌー

2018年3月中旬、1匹の子猫がアメリカのシカゴの路上で歩いていたところを保護されました。

カヌーと呼ばれるようになった子猫は、「小脳低形成」という先天性の脳障害や口蓋裂、

結膜炎に上部気道感染など多くの病気や障害を抱えていたそうです。

動物愛護団体のスタッフはこのように語っています。

「脳障害を抱えているせいで、彼女(カヌー)はバランスを上手く保つことができません。彼女が路上で保護されたときはすでに、ふらふらと不安定な歩き方をしていたそうです。」

カヌーは必要な治療とケアを施設で受けた後、

リンジーさんという預かりボランティアの自宅へ移されました。

カヌーのその後の様子は、次のページで詳しくご紹介いたします。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

1匹の猫が空軍基地に現れ、その写真をSNSで拡散した結果、仰天の事実が明らかに!

空軍基地に猫   猫を飼っている方は経験があると思いますが、 「いつの間にここに?」という …

観光客が与えた1本のソーセージ→このエサやりが『クマを殺す』ことに・・・

北海道の知床がに認定されたこともあって、観光客は以前より大幅に増加しました。 そんな知床ではたくさん …

田んぼでワンちゃんを遊ばせた結果恐ろしい姿に…!さっきまでの可愛らしさはどこ?

ワンちゃんは室内でも外でも、どこでも自由に遊びます。 飼い犬が遊ぶ姿は可愛らしく、そんなところで遊ん …

ハヤブサの完全に野生をどこかへと置き忘れたに違いない表情をご覧ください…(笑)

今回ご紹介するハヤブサの野生は一体どこへやら…?イメージが覆されること間違いなしな表情をご覧ください・・・(笑)

子鹿を助けるため、自分の身長より深い上に氾濫した川に飛び込んだ少年!救出劇の結末は…?

困っている人を助けるのには、勇気がいります。 助けたくても勇気がないせいで行動に移せず、自己嫌悪に陥 …

PREV : 丸の内の街でおじさんがミニスカ&ハイヒールで踊り狂っている!?
刺身の菊は醤油に散らして食べる食用菊だってご存知?実際に試してみたら香り良いアクセントに! : NEXT