Lenon


Lenonをフォローしよう!


「障害はこの子が持つ魅力の一つ」脳障害を抱えた子猫に愛情を注ぐ女性の想いに感動・・・


脳障害を持つカヌー

2018年3月中旬、1匹の子猫がアメリカのシカゴの路上で歩いていたところを保護されました。

カヌーと呼ばれるようになった子猫は、「小脳低形成」という先天性の脳障害や口蓋裂、

結膜炎に上部気道感染など多くの病気や障害を抱えていたそうです。

動物愛護団体のスタッフはこのように語っています。

「脳障害を抱えているせいで、彼女(カヌー)はバランスを上手く保つことができません。彼女が路上で保護されたときはすでに、ふらふらと不安定な歩き方をしていたそうです。」

カヌーは必要な治療とケアを施設で受けた後、

リンジーさんという預かりボランティアの自宅へ移されました。

カヌーのその後の様子は、次のページで詳しくご紹介いたします。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

猫が大好きなのに自分では飼えない男性の独特な愛情表現を写した画像12選!

ニック・カニングさんは大の動物好きで、今はオーストラリアン・キャットル犬と一緒に暮らしています。 し …

ヒーターへ必死にピ〜ンッとおててを伸ばして温まろうとする柴犬の幸せそうな姿に癒される・・・

今回は柴犬の子犬がヒーターに手をかざして暖まる様子が可愛い、と話題になっているのでご紹介します。 話 …

工場の機械で子猫が大ケガに見舞われた!みんなで必死に看病した結果・・・

ある日、工場でフォークリフトに挟まれて大けがをしている子猫が発見されました。 工員たちは大急ぎで動物 …

雨の中、道端をさまよっていた子猫を保護!すると”たてがみ”が信じられない変化を起こして・・・

アンデルセン氏作「みにくいアヒルの子」という有名な童話がありますが、 人間を含めて生き物全て子供の頃 …

3度の出産と劣悪な環境…母犬の我が子を思う悲痛な願いに涙が止まらない・・・

アメリカのノースカロライナ州に、産後まもないメス犬がいました。 この犬は名前を「ナナ」といいました。 …

PREV : 丸の内の街でおじさんがミニスカ&ハイヒールで踊り狂っている!?
刺身の菊は醤油に散らして食べる食用菊だってご存知?実際に試してみたら香り良いアクセントに! : NEXT