母性に溢れた母猫は、安心できるまで絶対に我が子を離そうとしなかった・・・ | Lenon-2ページ

Lenon


Lenonをフォローしよう!


母性に溢れた母猫は、安心できるまで絶対に我が子を離そうとしなかった・・・


強い警戒心

アシュリーさんの家で小さな子猫たちを守り続けるスプリンクルスは、

しばらくは食べ物を拒否するほどの警戒心を見せました。

しかし、アシュリーさんは黙って彼女が自分に心を許すのを待ちます。

ある時、アシュリーさんが静かにスプリンクルに手を差し伸べてみると、

彼女は匂いを嗅ぎ顔も擦り付けてきたのです。

やっと安心できる場所だと、理解してくれたようです。

そしてこの日から、アシュリーさんとスプリンクルの子猫達を育てる日々が始まりました。

まだ目も開いていない小さな命を、ふたりで大切にお世話をします。

3匹の子猫は、「ココ」「フリッター」「メイプル」と名付けられます。

2匹の子猫は順調に育ちましたが、一番小さなメイプルはほとんど体重が増えませんでした。

子育て奮闘記

そして懸命にお世話をしたものの、1週間後には天国に旅立ってしまったのです。

母猫のスプリンクルは最後までメイプルに寄り添い、すべてを悟ったようでした。

スプリンクルはその後も懸命に子育てをします。

アシュリーさんが見守る中、安心してトイレに行きご飯もゆっくり食べられました。

ココとフリッターは順調に成長し、目も開いて来ました。

今では部屋の中を探検するまでに成長したそうです。

また子猫達が寝ている時には、スプリンクルがアシュリーさんに甘えるそうです。

気が張っている彼女には、休息が必要なのかも知れませんね。

優しい里親ママに見守られながら、安心して子育てができたスプリンクル。

悲しい出来事もありましたが、2匹の子猫が無事に成長してくれるといいですね。

気に入ったらいいね!してね♪

【関連記事】

10歳の少年からひとりぼっちの子猫を託された新しい母猫!その後の子猫は・・・

我が子と二度と会えなくなった母猫!子の遺灰を抱きしめる母性に溢れた姿に涙が溢れる・・・

行き場を失くした猫の親子!預かり主の諦めない気持ちが怯える母猫の心を開く・・・

子猫と離れ離れになった母猫が保護された場所で再会した瞬間に胸が熱くなる…!

病気の体を押して出産した母猫!我が子を守るため、母猫は決して眠らなかった・・・

出典:Instagram



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

認知症の豆柴「しの」と猫の「くぅ」の心温まる関係を表した画像と動画にほっこり・・・

あるお家で飼われている豆柴の「しの」と猫の「くぅ」!認知症を抱えた犬とその犬を支える猫の素敵なエピソードはこちら・・・

家の前に、度々猫を捨てられる92歳のおばあさんの行動に胸が熱くなる・・・

今回ご紹介する92歳のおばあさんは、家の前に何度も猫を捨てられるそうです!そんなおばあさんの行動に胸が熱くなります・・・

子猫を閉じ込められていた壁から救出→後日、母猫と兄弟も発見するが実は家族みんな指の数が普通と違う猫たちだった!

動物の赤ちゃんって、無条件に可愛いですよね! よくテレビでも動物の番組があるとついつい見てしまいます …

2年間孤独のままに人間を避け続けてきた犬が温もりを知り、瞳に輝きを宿すようになるまで

これはアメリカのロサンゼルスにあるサンペドロの港で、 2年前に見かけられるようになって以来ずっと人の …

プーズーが日本にやって来た!高さが40センチしかない世界最小の鹿をご存知ですか?

小さい! チリのチロエ島には、「プーズー」という世界最小の鹿が生息しています。 体長70~90センチ …

PREV : ヒントなしで解けたら天才かも!?「虹」のクイズがネット上で話題沸騰!
丸の内の街でおじさんがミニスカ&ハイヒールで踊り狂っている!? : NEXT