Lenon


Lenonをフォローしよう!


失明を免れ、シェルターは快適なはずなのに不機嫌そうだった犬が願っていた幸せとは?


失明の危機

飼い主からネグレクトの虐待を受けていたブルドッグのロッドは、

目が感染症を患っていたにも関わらず放置されていました。

そんなロッドを、

アメリカのペンシルバニア州にあるグリフィンボンド・アニマルシェルター(GPAS)が引き取ることに。

かなり病状が進行していたロッドの視力は、病院の診断によると通常の10%しか機能していませんでした。

しかし目の治療がすぐに行われたことで日増しに視力は良くなり、物にぶつかることも無くなったそうです。

GPASのスタッフであるクリス・マシューソンさんは、

「もし元の飼い主が目の手当てをしていれば、視力は100%回復していたはずです。」と語ります。

100%の回復は見込めないものの、かなり視力も取り戻セテご飯も寝床も与えられたロッドでしたが、

今一つ幸せにはなれませんでした。

その理由については次のページで詳しくご紹介いたします。




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

6日間行方不明だったワンちゃんが「奇跡としか言いようがない」状況で発見される!

6日間行方不明だったワンちゃんがまさかの場所で発見される!その状況は、まさに奇跡としか言いようがないものだった・・・

脚が不自由で殺処分寸前だった老犬と、彼に希望を与えて片時も離れないモルモットの絆にほっこり…!

脚に障害を負い、殺処分寸前だった老犬と、そんな犬に希望を与えたモルモット!片時も離れない2匹の深い絆にほっこり・・・

旅先で野良猫が水をおねだりしてきたのでペットボトルの水を手のひらに出して見せた結果・・・

野良猫のおねだり 今回ご紹介するのは、とある1匹の野良猫のおねだりについてのお話です。 場所は東ヨー …

頬が緩んじゃう!くっついてお昼寝している猫たちを1匹ズラしてみたら・・・もっと可愛いことに!

可愛すぎてキュン死注意です! 子猫が3匹寄り添い合うようにくっついてお昼寝しています。 これだけでも …

生まれつき足のないハスキー犬!絶望していた犬が家族と車いすを手に入れると・・・

タイに住むハスキー犬のマヤは、生まれつき足がありませんでした。 そんなマヤは足以外に腰にも問題を抱え …

PREV : 期待に胸を膨らませてアメリカへ留学した日本人高校生を待ち受けていた残酷な運命とは…?
「旅立つ君たちへ」ある高校の卒業式で『親から子へ』と贈られたサプライズに涙…! : NEXT