Lenon


Lenonをフォローしよう!


失明を免れ、シェルターは快適なはずなのに不機嫌そうだった犬が願っていた幸せとは?


失明の危機

飼い主からネグレクトの虐待を受けていたブルドッグのロッドは、

目が感染症を患っていたにも関わらず放置されていました。

そんなロッドを、

アメリカのペンシルバニア州にあるグリフィンボンド・アニマルシェルター(GPAS)が引き取ることに。

かなり病状が進行していたロッドの視力は、病院の診断によると通常の10%しか機能していませんでした。

しかし目の治療がすぐに行われたことで日増しに視力は良くなり、物にぶつかることも無くなったそうです。

GPASのスタッフであるクリス・マシューソンさんは、

「もし元の飼い主が目の手当てをしていれば、視力は100%回復していたはずです。」と語ります。

100%の回復は見込めないものの、かなり視力も取り戻セテご飯も寝床も与えられたロッドでしたが、

今一つ幸せにはなれませんでした。

その理由については次のページで詳しくご紹介いたします。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

一家に一羽欲しくなる超お利口なニワトリ!「息子起こしてきて!」の一言で自慢の雄叫びを使い、叩き起こす(笑)

家族の一員はニワトリ! 皆さんは、お家でペットは飼ってらっしゃいますか? 犬、猫、ハムスター、ウサギ …

新しい暮らしのために実家を出た男性が1年後に帰ってくると自分の部屋が無くなっていた?(笑)

ジョセフ・ソポさんは1年前、新生活を始めるために実家を出ました。 実家で自分が使っていた部屋は自分が …

ハスキー犬が意外とドジでこれでは野生で生きていけないと心配になる画像12選!

勇猛果敢な顔つきに見えるハスキー犬、実は意外とドジだった?これでは野生で生きていけないと心配になる画像12選をご覧ください!

海岸に残された足跡の主が送っている悲しいメッセージを人間は必ず受け取らなければいけない…!

ウミガメの産卵シーンを、テレビや本などで見たことはありませんか? 海中ではもの凄い早さで泳げるウミガ …

少女の手に人懐っこく鼻先を寄せたワンちゃん→翌日、このワンちゃんは少女に骨を砕かれていた・・・

殺処分毎年17万頭…立ち上がった少女達 青森県・十和田市。 2012年、三本木農業高校の女子生徒らは …

PREV : 期待に胸を膨らませてアメリカへ留学した日本人高校生を待ち受けていた残酷な運命とは…?
「旅立つ君たちへ」ある高校の卒業式で『親から子へ』と贈られたサプライズに涙…! : NEXT