Lenon


Lenonをフォローしよう!


失明を免れ、シェルターは快適なはずなのに不機嫌そうだった犬が願っていた幸せとは?


失明の危機

飼い主からネグレクトの虐待を受けていたブルドッグのロッドは、

目が感染症を患っていたにも関わらず放置されていました。

そんなロッドを、

アメリカのペンシルバニア州にあるグリフィンボンド・アニマルシェルター(GPAS)が引き取ることに。

かなり病状が進行していたロッドの視力は、病院の診断によると通常の10%しか機能していませんでした。

しかし目の治療がすぐに行われたことで日増しに視力は良くなり、物にぶつかることも無くなったそうです。

GPASのスタッフであるクリス・マシューソンさんは、

「もし元の飼い主が目の手当てをしていれば、視力は100%回復していたはずです。」と語ります。

100%の回復は見込めないものの、かなり視力も取り戻セテご飯も寝床も与えられたロッドでしたが、

今一つ幸せにはなれませんでした。

その理由については次のページで詳しくご紹介いたします。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

深刻な社会問題?アフリカで水洗トイレを作るとゾウが水を飲みに来てしまう!

今、アフリカで生活する人にとって深刻な問題が起きています。 それは私たち人間が、快適な暮らしをするた …

余命数日の愛犬と1,900キロの大冒険!最高の思い出が起こした奇跡とは!?

アメリカのニューヨークに住むロドリゲスさんの愛犬「ポー」。 ロドリゲスさんは、動物保護施設でポーに出 …

プールが気になって鼻を突っ込んじゃった子犬→好奇心から来るビックリな結末をご覧ください…!

個人宅などで使う、丸いビニールプール。 その縁に、一匹の子犬がじっと水面を見つめています。 まだまだ …

「いらない」と言われて捨てられた犬が超人気女優との出会いを経て大スターになる逆転物語がこちら!

この子はいらない 今から2ヶ月ほど前、 ロサンゼルスの「Love Leo Rescue」というアニマ …

飼い主に捨てられたひとりぼっちの老犬に愛情を注いだ唯一の存在は同じ境遇の猫でした…!

ある日、オーストラリアの動物保護施設に1匹の老犬がやって来ました。 ウエスト・ハイランド・ホワイト・ …

PREV : 期待に胸を膨らませてアメリカへ留学した日本人高校生を待ち受けていた残酷な運命とは…?
「旅立つ君たちへ」ある高校の卒業式で『親から子へ』と贈られたサプライズに涙…! : NEXT