Lenon


Lenonをフォローしよう!


失明を免れ、シェルターは快適なはずなのに不機嫌そうだった犬が願っていた幸せとは?


失明の危機

飼い主からネグレクトの虐待を受けていたブルドッグのロッドは、

目が感染症を患っていたにも関わらず放置されていました。

そんなロッドを、

アメリカのペンシルバニア州にあるグリフィンボンド・アニマルシェルター(GPAS)が引き取ることに。

かなり病状が進行していたロッドの視力は、病院の診断によると通常の10%しか機能していませんでした。

しかし目の治療がすぐに行われたことで日増しに視力は良くなり、物にぶつかることも無くなったそうです。

GPASのスタッフであるクリス・マシューソンさんは、

「もし元の飼い主が目の手当てをしていれば、視力は100%回復していたはずです。」と語ります。

100%の回復は見込めないものの、かなり視力も取り戻セテご飯も寝床も与えられたロッドでしたが、

今一つ幸せにはなれませんでした。

その理由については次のページで詳しくご紹介いたします。




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

これはもう血が繋がっていることは間違いないと断言できる猫6匹の様子がこちら!

血統の確かなメス猫に、雑種のオス猫を交配していけないということをご存知ですか? メス猫は発情が来ると …

余命数日の愛犬と1,900キロの大冒険!最高の思い出が起こした奇跡とは!?

アメリカのニューヨークに住むロドリゲスさんの愛犬「ポー」。 ロドリゲスさんは、動物保護施設でポーに出 …

病気に侵された犬を山に捨てたというひどい飼い主!下された判決がこちら・・・

日本でも外国でも、動物を飼う方はたくさんいます。 しかしそんな中で問題となっているのが、自分のペット …

電車内でトートバッグからワンちゃんの顔がひょこっ!あれ?思ったよもデカい子が・・・

皆さん、ワンちゃんは好きですか? ワンちゃんは素直で、いつも元気一杯で散歩に行こうとする時は尻尾をぶ …

プリンターの上に座る猫!偶然の行動が生んだ笑える奇跡をご覧ください・・・

ペットには、家の中でもお気に入りの場所があるようです。 一旦お気に入りの場所を見つけると、そこで寝た …

PREV : 期待に胸を膨らませてアメリカへ留学した日本人高校生を待ち受けていた残酷な運命とは…?
「旅立つ君たちへ」ある高校の卒業式で『親から子へ』と贈られたサプライズに涙…! : NEXT