Lenon


Lenonをフォローしよう!


廃墟から助けを呼ぶ声を聞いた10歳の少年が1本の電話をかけたことで救われた子猫の生命力に胸が熱くなる…!


廃墟からの声

「自然淘汰」という言葉があります。

自分の力で生きなければならない野良猫は、数匹産んだ子猫のうち丈夫な子だけを選んで育てるとのこと。

そうして強い遺伝子だけが残っていく仕組みですが、体が弱く小さめに生まれてきた子にも命があります。

イギリスのとある廃墟から、子猫の鳴き声が聞こえていたそうです。

母猫はひと目に付かないように、この廃墟で子猫を生みました。

しかし数週間すると体の弱い子猫を置いて、どこかに去って行ってしまったそうです。

残された子猫は、母猫を求めて必死に泣き叫んでいました。

そんな、悲痛な叫び声に答えた10歳の少年がいたのです。

果たして子猫の叫びに反応した少年に、大人たちはどのような行動をするのでしょうか?

詳細は次のページにてお伝えいたします。




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

砂漠を彷徨っていた2匹の子犬!心優しい男性に拾われ、一緒にアメリカ横断の旅へ・・・

砂漠のど真ん中で彷徨っていた2匹の子犬!その後心優しい男性と出会い、一緒にアメリカ横断の旅に出ることになった・・・

大相撲の荒汐部屋に住む2匹の猫ちゃんと力士の関係!ニャンとも微笑ましいミスマッチをご覧ください・・・

荒汐部屋とは? 東京都中央区日本橋にある荒汐部屋(あらしおべや)は、日本相撲協会の時津風一門の相撲部 …

場所や背景を知らずに見れば飼い犬の日常→でも本当は、あまりにも悲しいワンちゃんの実態!

7月4日に永塚祐大さンという方がFacebookに投稿した内容が話題を呼んでいます。 小さな犬小屋に …

ケンカ中の猫たちと夏に浮かれていた犬の喜劇の斜め上な結末に思わず吹き出す!

一緒に暮らしていると、些細なことで喧嘩してしまいますよね。 それはペットたちも同じようです。 とある …

人間と同じように育てられた結果、自分を人間だと思っているかのように生きる犬!

ラガー 皆さんはペットを飼っていますか? 自分で手間暇かけて世話をする訳ですから、 飼い主さんの誰も …

PREV : 吹雪の中で助けを求めていた運転手を発見した18歳の女の子がとった行動に絶賛の声続々!
足を組む癖が体にもたらす背筋も凍るような悪影響!?体から危険信号が発信されています・・・ : NEXT