Lenon


Lenonをフォローしよう!


廃墟から助けを呼ぶ声を聞いた10歳の少年が1本の電話をかけたことで救われた子猫の生命力に胸が熱くなる…!


廃墟からの声

「自然淘汰」という言葉があります。

自分の力で生きなければならない野良猫は、数匹産んだ子猫のうち丈夫な子だけを選んで育てるとのこと。

そうして強い遺伝子だけが残っていく仕組みですが、体が弱く小さめに生まれてきた子にも命があります。

イギリスのとある廃墟から、子猫の鳴き声が聞こえていたそうです。

母猫はひと目に付かないように、この廃墟で子猫を生みました。

しかし数週間すると体の弱い子猫を置いて、どこかに去って行ってしまったそうです。

残された子猫は、母猫を求めて必死に泣き叫んでいました。

そんな、悲痛な叫び声に答えた10歳の少年がいたのです。

果たして子猫の叫びに反応した少年に、大人たちはどのような行動をするのでしょうか?

詳細は次のページにてお伝えいたします。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

24年の人生を謳歌し、ギネスにも登録された猫が教えてくれた事とは・・・?

長寿のポピー このケーキの側に立っている猫の名前は「ポピー」といいます。 被毛はふさふさで、ケーキを …

チェーンに繋がれた6年間、半径1メートル内でしか生きられなかったビーグル犬は初めて知った広い世界に好奇心が止められない!

チェーンに繋がれたビーグル犬 生粋の狩猟犬と言えば「ビーグル犬」です。 イギリスなどの外国映画で貴族 …

体内に18発の弾が…!エアガンで撃たれた小犬、奇跡の回復力で新しい家族のもとに・・・

動物への虐待や飼育放棄の問題が後を絶ちません。 このような問題が解決しないのは、現代社会の持つ暗い部 …

女性が出会ったのは瀕死寸前の猫!救いたいという彼女の思いが奇跡を起こす・・・

2016年6月に韓国で、 レイチェル・ブラウンさんは重度の上部呼吸器感染(URI)と脱水症状を患って …

望まぬ形であろう最期を迎えようとしていた猫→ペット用品店で暮らし始め、幸せで掴んで最期を見事に免れる!

ペットとして犬よりも猫の飼育頭数が上回っている日本ですが、ペットの殺処分は依然として続いています。 …

PREV : 吹雪の中で助けを求めていた運転手を発見した18歳の女の子がとった行動に絶賛の声続々!
足を組む癖が体にもたらす背筋も凍るような悪影響!?体から危険信号が発信されています・・・ : NEXT