Lenon


Lenonをフォローしよう!


10歳の少年からひとりぼっちの子猫を託された新しい母猫!その後の子猫は・・・


動物の赤ちゃんは、母親がいなくては生きていけません。

不幸にも、お母さんと別れてしまった赤ちゃんを人間が代わりに育てるお話がありますが、

できれば同じ種類の代理母が育てるのが一番ベストなのです。

母親から引き離された子猫をいくら人間が大切に育てたとしても、

その子は情緒不安定になりがちで大きくなってからも問題行動が多くなります。

ひとりぼっちの子猫

カリフォルニアにある猫コロニーに、母猫とはぐれてしまったひとりぼっちの子猫がいました。

この子はレスキューグループ『MeoowzResQ』に保護され、

里親が見つかるまでここで過ごすところでした。

この話を聞いたケリー・グロスさんが、

同じようにレスキューされた母猫と6匹の子猫一家を預かっていることもあり、

子猫の里親になることを申し出ました。

ケリーさんと10歳になる弟のザック君が子猫を迎えにいくと、

今までにないくらい大きな声で鳴いたそうです。

「アリエル」と名付けられた子猫は、ケリーさんのもとで上手くやっていけるのでしょうか?

気になる方は次のページをご覧ください。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

母親に見捨てられた子鹿が人間の優しさに触れたことで再び家族の元に帰るまでの記録に心温まる…!

動物界はとてもシビアなのでしょうか。 足が悪いというだけで母親に子鹿は捨てられます。 しかし、その子 …

東北サファリパークのツイートが話題に!ペンギンの視線の先にある切ない光景がこちら・・・

東北サファリパークの公式Twitterが投稿したツイートが話題に!ペンギンの視線の先にある切ない光景がこちら・・・

新入りの猫に先住猫が気を遣ってなかなか距離が縮まらない感じがもどかしい(笑)

先住猫が新入りの猫に気を遣ってなかなか距離が縮まらない様子を映した動画をご紹介!もどかしい感じにさせられる動画はこちら(笑)

小さな柴犬と大きなシベリアン・ハスキーが親子のようにじゃれ合う姿に癒される・・・

小さな柴犬と大きなシベリアン・ハスキーがじゃれ合っています。犬種が違うのにまるで親子のよう!これは癒されること間違いなしです・・・

飼い主が帰ってきたことが嬉しすぎてヘンテコなダンスでお出迎えする子猫がおもしろ可愛い!

飼い主さんが帰ってきて喜びが爆発した子猫!ヘンテコなダンスでお出迎えする姿がおもしろ可愛い(笑)ほっこり動画はこちら・・・

PREV : 「神様お願い。7日間の元気な時間をください」52年共に過ごした妻に先立たれた71歳の男性の泣ける投書!
『エスカレーターの片側を空ける』のは正しいマナー?ある障害者のツイートに考えさせられる・・・ : NEXT