Lenon


Lenonをフォローしよう!


虐待を受けて生活のほとんどを窮屈なキャリーの中で過ごしてきた猫は愛情を求めて・・・


安楽死?

狭いキャリー生活からやっと救出され、シェルターに預けられたサムエルですが、

一定期間を過ぎても里親が現れなければ安楽死が待っています。

たくさんの病気を抱え、皮膚病のために見た目もボロボロのサムエル。

安楽死ギリギリのところで、猫レスキュー『Save A Purrfect Cat Rescue』に保護されました。

そして、スタッフはインターネットで写真を公開したのです。

その写真を見て獣医助手をしていたレスリー・レインズさんが、サムエルを救おうと里親に名乗り出ました。

「獣医助手とレスキュー活動の長い経験から、この子には厳しい症状があるとは分かっていました。でも大丈夫、この子はきっと元気になれると信じていました。」

レスリーさんはこのように語ります。

たくさんの困難

治療費は『Save A Purrfect Cat Rescue』が負担してくれることになり、

治療のおかげで着実に体重が増え始めたサムエル。

皮膚の治療が落ち着いた頃、レスリーさんは家に連れ帰りケアを始めました。

虐待を受けていたサムエルには、たくさんの困難が待ち受けていました。

レスリーさんの家で数ヶ月の間は自分の姿や窓の反射を怖がり、

見たこともないソファーやベッドに触れることもできませんでした。

家には他にも保護された猫たちがいましたがレスリーさんの愛情が伝わり、

いつの間にかサムエルもサークル越しに彼らとお話ができるまでになったのです。

運命の人

レスリーさんに抱っこもされるようになりました。

新しい飼い主を探せるまでに人馴れしたサムエルでしたが、初めて会う人には怖がって近寄ろうとしません。

しかし、とうとう運命の人が現れました!

ガンで愛猫を失ってしまったブライアンさんが、サムエルに会った時の事です。

穏やかなブライアンさんに優しくなでられたサムエルは、自分から近くに歩いていきました。

どうやらふたりには、心が通じるものがあったようです。

救助されて10ヶ月。

サムエルは本当の家族に出会えました。

つらい経験をしてきたサムエルは、優しいブライアンさんのもとで幸せになるに違いありませんね。

気に入ったらいいね!してね♪

【関連記事】

生きている気配が感じられない状態にまで痛めつけられていた猫!虐待の裏にある悲しい連鎖とは?

子供たちに虐待され、死にかけている2匹の子猫を獣医師は安楽死させようとしたが…!

虐待を受けて全身を紫色に染められた子猫!ボロボロな状態で保護されるも、そこで素敵な親友に出会う・・・

虐待され、体がコンクリートにまみれていた猫!「絶対に助ける」という思いが奇跡の復活をもたらす・・・

猫が虐待によって口の骨が折れてしまったにもかかわらず、激痛に耐えて無理に食事をとる理由は無償の愛だった…!

出典:Save A Purrfect Cat Rescue



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

子パンダたちが積み重なり、子パンダタワーを作って大脱走を企てた結果・・・

子パンダ達が大脱走を企てたようです…!みんなで積み重なって子パンダタワーを形成し、脱出しようとした結果・・・

競売場の地獄のような囲いから救出された馬は同じ境遇の動物たちから「愛」を教わる!

競売場の地獄のような囲いから救出された馬!その後、同じような境遇を経験した動物たちから「愛」を教わっていき・・・

母親と離れ離れになり、独りぼっちになってしまった子猫→保護された家にいたのは母性に溢れた先住猫だった…!

幼い命… 韓国に住んでいるInstgramユーザー、taylormyjさんはある日、路上を彷徨う1匹 …

野良犬は救出を拒み、森へ来るように促した→そこに待っていた胸が熱くなる『絆』とは!?

無責任な飼い主に捨てられる動物は後を絶ちません。 犬種が分かっている犬が路上で放浪していた場合、それ …

大きな前進!中国で犬肉の販売が禁止され、6月の楡林犬肉祭も中止されることに…!

動物が好きな人というのは日本国内だけではなく、世界中にいる事と思います。 自宅でペットを飼っている人 …

PREV : 民宿を経営する夫婦の幸せそうな笑顔の裏には9,000人の命を救った娘のつらく悲しい記憶があった…!
吉野家の「ぶっちゃけ最近、牛丼も食べ飽きてきた」と言う一言からあの店が絡んだ思わぬ展開に…! : NEXT