Lenon


Lenonをフォローしよう!


虐待を受けて生活のほとんどを窮屈なキャリーの中で過ごしてきた猫は愛情を求めて・・・


2歳になる「サムエル」と言う名の猫は、生活のほとんどを狭いキャリーケースの中で生きていました。

飼い主にネグレクトされ、ひどい状態で発見され救助されたのです。

貧血と皮膚病を患ったサムエルは、片方の目の角膜に腫瘍がありました。

さらに歯の状態も悪く、肝臓も腎臓も機能が低下していたのです。

そして、FIV(猫後天性免疫不全症候群)の陽性も出てしまいました。

たくさんの病気を抱えたサムエルは、2歳の猫とは思えないほど軽かったそうです。

この子が生きた2年間が、どれだけ過酷だったのかが伺えます。

厳しい環境の中で生き抜いたサムエルですが、この子にはどのような将来が待っているのでしょうか?

サムエルのその後は、次のページで詳しくご紹介いたします。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

ワンちゃんが現れてもじ〜っと動かない猫!まったりとした動画に癒される・・・

ある場所に猫がいました。 柔らかい春の日を浴びて、眠っているようです。 するとそこへ、コーギーのワン …

1年以上かけて信頼関係を築いた野良猫と女性→晴れて家族になろうとした時に悲劇が…!

警戒心の強い野良猫 ある日needleptさんのお母さんは、デパートの裏で1匹の野良猫を見つけました …

盲導犬のうっかりミスに50万人以上の人が「これは仕方ない」と思った理由がこちら(笑)

障害者を支える盲導犬が、盲導犬らしからぬうっかりミス!しかし50万人以上の人がこれは仕方ない」と思った理由がこちら(笑)

8日間冬の山の中で彷徨いながらも生きることを諦めなかった目が見えない犬に起こった奇跡に胸が熱くなる…!

行方不明になった犬 アメリカのカルフォルニア州で奇跡のような出来事が起こりました。 2017年2月の …

人間に助けられた子供のワラビーは野生に帰った後、自分の子供を恩人に紹介してくれました!

オーストラリアにある野生保護団体に所属しているRetboopさん。 傷ついた野生動物を治療し、野生に …

PREV : 民宿を経営する夫婦の幸せそうな笑顔の裏には9,000人の命を救った娘のつらく悲しい記憶があった…!
吉野家の「ぶっちゃけ最近、牛丼も食べ飽きてきた」と言う一言からあの店が絡んだ思わぬ展開に…! : NEXT