Lenon


Lenonをフォローしよう!


虐待を受けて生活のほとんどを窮屈なキャリーの中で過ごしてきた猫は愛情を求めて・・・


2歳になる「サムエル」と言う名の猫は、生活のほとんどを狭いキャリーケースの中で生きていました。

飼い主にネグレクトされ、ひどい状態で発見され救助されたのです。

貧血と皮膚病を患ったサムエルは、片方の目の角膜に腫瘍がありました。

さらに歯の状態も悪く、肝臓も腎臓も機能が低下していたのです。

そして、FIV(猫後天性免疫不全症候群)の陽性も出てしまいました。

たくさんの病気を抱えたサムエルは、2歳の猫とは思えないほど軽かったそうです。

この子が生きた2年間が、どれだけ過酷だったのかが伺えます。

厳しい環境の中で生き抜いたサムエルですが、この子にはどのような将来が待っているのでしょうか?

サムエルのその後は、次のページで詳しくご紹介いたします。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

赤ちゃんにボールを横取りされたワンちゃんの素敵な対応にほっこり・・・

ワンちゃんのボールが赤ちゃんに取られてしまいました!一触即発と思いきや、まさかの素敵な対応に思わずほっこり・・・

玄関で正体不明なほど痛々しい姿をしていた動物!心優しい人々によって本来の姿に・・・

正体不明の動物 シャロンさんは玄関先で何時間も動かない動物を不憫に思い、フォルサム動物管理局へ通報し …

愛犬のために裏庭を改造!愛情がこもって最高傑作となった犬のドリームハウスをご覧ください・・・

建築未経験な男性のプロジェクト テッサ、ブルーノ、クーパー、ミアの4匹は、もしかしたら地球上で一番幸 …

野良猫がいつしか犬小屋に居候するように!さらに子猫までをも出産した結果・・・

犬小屋に居ついた野良猫と飼い犬。 というちょっと変わった組み合わせのすごく可愛いお話をご存知でしょう …

倒れた飼い主を、雪が舞う中で愛犬が20時間温め続けたおかげで男性の命が救われる…!

2016年12月31日の夜でした。 アメリカのミシガン州に暮らしているボブさんは自宅の暖炉で暖まりな …

PREV : 民宿を経営する夫婦の幸せそうな笑顔の裏には9,000人の命を救った娘のつらく悲しい記憶があった…!
吉野家の「ぶっちゃけ最近、牛丼も食べ飽きてきた」と言う一言からあの店が絡んだ思わぬ展開に…! : NEXT