Lenon


Lenonをフォローしよう!


シェルターから救い出されて1年!御年24歳の長寿猫がこちら・・・


老猫のオーラ

一昔前まで家猫の寿命は10歳程度と言われていましたが、今では15年以上生きる猫も珍しくないとのこと。

猫の15歳は、人間では75歳にあたります。

そして猫も人間と同様に、年齢を重ねるごとに耳も不自由になり、毛の艶も悪くなります。

そのような老猫は長くなった寝る時間を、

ゆっくりと長年暮らしていた家で過ごしたいのではないでしょうか?

しかし、とある事情で家族と離れなければならない老猫がいました。

今回ご紹介する猫のの名前は、「オーラ」と言います。

1994年からシカゴでずっと家族と暮らしてきましたが、1年前にシェルターに引き渡されたそうです。

この時のオーラは23歳、人間に換算すると100歳を超える高齢猫でした。

超高齢のオーラは、突然シェルターに預けられて困惑します。

高齢とあっては、新しい里親さんを見つけるのも難しいでしょう。

そんなオーラに待ち受けていた未来を、次のページで詳しくご紹介いたします。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

梅干を干したら安易に出かけてはいけない!こんニャとんでもないことに・・・

近年、ペット業界は空前の猫ブームですね。 猫を飼っている方は多く、犬を飼っている人よりも猫を飼ってい …

「何だその顔!?」露出狂な猫が自分のアレを見せつけてきたのでツンツンしてみた結果・・・

露出狂なすずまろ君 疲れていると、ついダラダラしたくなってしまいますよね。 そしてそれは猫にも同じこ …

「こんな泳ぎ方だったの?」カバの赤ちゃんが泳いでいる姿に予想以上に可愛らしいと話題に!

好きな動物として名前が挙がることは少ないかもしれませんが、誰もが知っているカバ。 カバは漢字では「河 …

農場ショーで疲れ果て、会場で自分の牛の隣で眠る少年の姿に多くの人々が心打たれる…!

乳牛展覧会 アメリカのアイオワ州に住んでいるミッチェル・マイナー君は、 自慢の愛牛であるオードリと一 …

瓦礫に埋もれた人々を次々と救出した災害救助犬の勇敢な姿に称賛の声続々!

人間に寄り添い体を張って働いてくれる犬たち。 「盲導犬」「介助犬」「牧羊犬」など、彼らは様々な分野で …

PREV : 36歳の息子の墓が突如緑色になった理由が明らかになった時、母親は涙が止まらなかった…!
飛行機に搭乗する直前に見かけた男性の様子がおかしいことを察知した女性は・・・ : NEXT