Lenon


Lenonをフォローしよう!


シェルターから救い出されて1年!御年24歳の長寿猫がこちら・・・


老猫のオーラ

一昔前まで家猫の寿命は10歳程度と言われていましたが、今では15年以上生きる猫も珍しくないとのこと。

猫の15歳は、人間では75歳にあたります。

そして猫も人間と同様に、年齢を重ねるごとに耳も不自由になり、毛の艶も悪くなります。

そのような老猫は長くなった寝る時間を、

ゆっくりと長年暮らしていた家で過ごしたいのではないでしょうか?

しかし、とある事情で家族と離れなければならない老猫がいました。

今回ご紹介する猫のの名前は、「オーラ」と言います。

1994年からシカゴでずっと家族と暮らしてきましたが、1年前にシェルターに引き渡されたそうです。

この時のオーラは23歳、人間に換算すると100歳を超える高齢猫でした。

超高齢のオーラは、突然シェルターに預けられて困惑します。

高齢とあっては、新しい里親さんを見つけるのも難しいでしょう。

そんなオーラに待ち受けていた未来を、次のページで詳しくご紹介いたします。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

ワンちゃんは私たち人間を心から信頼していることがよく伝わるおもしろ&ほっこり画像12選!

犬は人間のパートナー 犬は昔から、人間の大切なパートナーとして愛され続けています。 それはある人の癒 …

5年前まではがん病棟に犬なんて必要ないと思っていた…でも実際の医療現場を見て考えが変わった!

現在、子供が病気で亡くなる確率が一番高いのは小児がんです。 この小児がんは大人のがんよりは少ないので …

猫とフェレットが仲良く昼寝している下でこの1匹は犠牲になったのだ・・・

猫とフェレットが仲良くお昼寝中!しかし一方で、その下で犠牲になっている1匹がいたのです…(笑)詳細はこちら・・・

「母猫にも目を向けて欲しい」ある動物保護施設からの切実な訴えに耳を傾けて!

ミモザちゃん 猫の保護施設「Cat Adoption and Rescue Efforts」は、アメ …

いつもこうして皆の帰りを待っていたんだね…天国へ旅立った愛犬との思わぬ形での再会に涙が止まらない・・・

お留守番をすることが多いペット。 帰宅した際の彼らの喜びと歓迎ぶり、に一日の疲れが吹き飛ぶような思い …

PREV : 36歳の息子の墓が突如緑色になった理由が明らかになった時、母親は涙が止まらなかった…!
飛行機に搭乗する直前に見かけた男性の様子がおかしいことを察知した女性は・・・ : NEXT