Lenon


Lenonをフォローしよう!


シェルターから救い出されて1年!御年24歳の長寿猫がこちら・・・


老猫のオーラ

一昔前まで家猫の寿命は10歳程度と言われていましたが、今では15年以上生きる猫も珍しくないとのこと。

猫の15歳は、人間では75歳にあたります。

そして猫も人間と同様に、年齢を重ねるごとに耳も不自由になり、毛の艶も悪くなります。

そのような老猫は長くなった寝る時間を、

ゆっくりと長年暮らしていた家で過ごしたいのではないでしょうか?

しかし、とある事情で家族と離れなければならない老猫がいました。

今回ご紹介する猫のの名前は、「オーラ」と言います。

1994年からシカゴでずっと家族と暮らしてきましたが、1年前にシェルターに引き渡されたそうです。

この時のオーラは23歳、人間に換算すると100歳を超える高齢猫でした。

超高齢のオーラは、突然シェルターに預けられて困惑します。

高齢とあっては、新しい里親さんを見つけるのも難しいでしょう。

そんなオーラに待ち受けていた未来を、次のページで詳しくご紹介いたします。




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

身も心も傷ついていた野良犬がつらい過去から解放され、本来の性格を見せてくれた!

野良犬仲間との喧嘩によって、身も心も傷ついていた「ヒューゴ」と言う野良犬!つらい過去から解放され、本来の性格を見せてくれた・・・

ビクビクしながらも滑り台に挑戦する好奇心旺盛な子犬に頬が緩む・・・(笑)

今回ご紹介する子犬はとても好奇心旺盛!ビクビクしながらも果敢に滑り台に挑戦する姿に思わず頬が緩む(笑)詳細はこちら・・・

飼い主が撫でるのを止めた時、驚きの行動を見せた正直すぎるハスキー(笑)

かわいい犬と言えば、小型犬が多いイメージですよね。 確かに室内で飼いやすい小型犬が人気を博しています …

怒りと笑いに同時に襲われる(笑)ペットたちにお留守番させた時のあるある10選!

お家の中で生活しているペットたち。 彼らにもストレスはあるのです。 飼い主さんが外出中だとやりたい放 …

「元気すぎる」と言う理由で2回も人間に捨てられたボーダーコリー!果たしてこの犬の運命は?

二度も人間に捨てられたボーダーコリーのお話をご紹介!この犬が捨てられた理由は、「元気すぎる」と言うことからでした・・・

PREV : 36歳の息子の墓が突如緑色になった理由が明らかになった時、母親は涙が止まらなかった…!
飛行機に搭乗する直前に見かけた男性の様子がおかしいことを察知した女性は・・・ : NEXT