Lenon


Lenonをフォローしよう!


シェルターから救い出されて1年!御年24歳の長寿猫がこちら・・・


老猫のオーラ

一昔前まで家猫の寿命は10歳程度と言われていましたが、今では15年以上生きる猫も珍しくないとのこと。

猫の15歳は、人間では75歳にあたります。

そして猫も人間と同様に、年齢を重ねるごとに耳も不自由になり、毛の艶も悪くなります。

そのような老猫は長くなった寝る時間を、

ゆっくりと長年暮らしていた家で過ごしたいのではないでしょうか?

しかし、とある事情で家族と離れなければならない老猫がいました。

今回ご紹介する猫のの名前は、「オーラ」と言います。

1994年からシカゴでずっと家族と暮らしてきましたが、1年前にシェルターに引き渡されたそうです。

この時のオーラは23歳、人間に換算すると100歳を超える高齢猫でした。

超高齢のオーラは、突然シェルターに預けられて困惑します。

高齢とあっては、新しい里親さんを見つけるのも難しいでしょう。

そんなオーラに待ち受けていた未来を、次のページで詳しくご紹介いたします。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

なでられて顔がデレデレのハスキー犬!・・・からの、ギャップ萌え〜(笑)

犬は可愛いですね。 遊び相手になってあげれば、すぐにその気になって乗ってきます。 ただ、夢中になりす …

猫のケンカがヒートアップしすぎてマジ喧嘩に!危険なことになる前に止めに入った2匹のワンちゃんが超イケメン・・・

マジ喧嘩勃発! 2匹の猫がにらみ合っています。 今にもケンカが勃発しそうな雰囲気です。 この2匹の間 …

サービスドッグへの周囲の理解を訴える病気に苦しむ女性!あなたのその行動、見直しませんか?

サービスドッグ オーストラリアン・シェパードで1才になるフリン君は生まれて間もなく、 てんかん発作を …

認知症の豆柴「しの」と猫の「くぅ」の心温まる関係を表した画像と動画にほっこり・・・

あるお家で飼われている豆柴の「しの」と猫の「くぅ」!認知症を抱えた犬とその犬を支える猫の素敵なエピソードはこちら・・・

縛られたままゴミ箱の中に放置され、死を待つのみという状態だった犬の運命は…?

縛られたままゴミ箱の中に放置され、死を待つのみという状態だった犬!あまりにも悲惨な状況だった犬の運命は…?詳細はこちら・・・

PREV : 36歳の息子の墓が突如緑色になった理由が明らかになった時、母親は涙が止まらなかった…!
飛行機に搭乗する直前に見かけた男性の様子がおかしいことを察知した女性は・・・ : NEXT