Lenon


Lenonをフォローしよう!


人間に食べられる運命から逃れた牛を待ち受けていたのは犬としての人生!?


食肉用の子牛

今回ご紹介する子牛の名前はゴリアテ(Goliath)君と言い、「食肉」として生まれてきました。

人間に食べられることが確定しているゴリアテを酪農場から救い出してくれたのは、

カルフォルニア州のダンビルで暮らしていたShaylee Hubbsさん一家です。

動物を引き取る話は珍しくありませんが、

子牛を引き取るのはかなりの勇気が必要だったでしょう。

Hubbsさん一家が自宅にゴリアテを連れ帰った当初、彼の体はとても弱々しい状態でした。

自力で立つことすら難しく、

さらには人間の大人が1人で軽々と持ち上げられるほど体格も小さかったのです。

しかし数ヶ月後、子牛には大きな変化が訪れていました。

ゴリアテの幸せそうな様子を、次のページで詳しくご紹介いたします。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

オナガフクロウの魚雷のように飛んでいる様子を捉えた画像が話題に!※合成ではありません

最近は写真技術の進歩によって修正、合成をほどこした写真と本物の写真の区別がつかなくなってきました。 …

ある犬種の犬がイケメンすぎて写真を見た人々から「抱かれても良い」との声が続出!

女性が憧れるのはいつの時代もイケメン男性ですね。 地位やお金も大切ですが、やはり顔が命です。 イケメ …

目が見えないなうえに耳が4つの猫!障害に負けず、懸命に生きるその姿はみんなを勇気づけます・・・

クリーチャー アニマルシェルターと聞くと捨て猫や捨て犬が保護され、 健康状態などが良ければ譲渡会など …

カモメが海で溺れている!その時、海岸を散歩中だった女性がとった行動に心揺さぶられる・・・

みなさんも一度は行ったことがある「海」。 海と言われて連想するのは「魚」「海鳥」「貝」といったものが …

保護施設で暮らしていた20歳の老猫→迎え入れてくれた家族に最期のその時まで愛情を注ぎ注がれ尽くした…!

新しい家族を求めて… ある日、ジル・ウィリアムズさん一家が訪れたのは地元の動物保護施設。 その理由は …

PREV : 茶色い斑点があるバナナを1日2本毎日欠かさず食べると、1ヶ月後体に起こる6つのスゴい変化!
中学生の時から解読を始め、完成したある美大生の卒業制作が凄まじすぎると話題に! : NEXT