Lenon


Lenonをフォローしよう!


人間に食べられる運命から逃れた牛を待ち受けていたのは犬としての人生!?


食肉用の子牛

今回ご紹介する子牛の名前はゴリアテ(Goliath)君と言い、「食肉」として生まれてきました。

人間に食べられることが確定しているゴリアテを酪農場から救い出してくれたのは、

カルフォルニア州のダンビルで暮らしていたShaylee Hubbsさん一家です。

動物を引き取る話は珍しくありませんが、

子牛を引き取るのはかなりの勇気が必要だったでしょう。

Hubbsさん一家が自宅にゴリアテを連れ帰った当初、彼の体はとても弱々しい状態でした。

自力で立つことすら難しく、

さらには人間の大人が1人で軽々と持ち上げられるほど体格も小さかったのです。

しかし数ヶ月後、子牛には大きな変化が訪れていました。

ゴリアテの幸せそうな様子を、次のページで詳しくご紹介いたします。




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

お父さんは魚をおねだりするネコちゃんを無視→やがて訪れる悲惨な結末とは!?(笑)

連日のうだるような猛暑の中、夏バテを吹き飛ばすような動画がtwitter上で話題になっています。 T …

ひどくボロボロな「判別できない何か」の名前は『スカーレット』→なんと驚くことに老猫だった…!

路上でうずくまり、見るからに衰弱していたのは猫でした…。 ニューヨークにあるハンプトンベイズをある女 …

南極でゴロゴロしていたら子ペンギンが近づいてきた→好奇心旺盛な様がかわいい!

地球上で一番過酷な大地と言われている南極。 人間はここで生きて行くことができません。 いるのは研究目 …

言葉はなくとも伝わる愛情!それを証明する動物との画像10選で優しい気持ちになる・・・

愛情とは、なにか 愛情は、我々人間にとって大きなテーマの一つです。 口に出さずとも愛が伝わり、わかり …

人形遊びをしていて徐々にテンションが上がっていくハスキー犬の表情がこちら(笑)

人形遊びをしているハスキー犬!徐々にテンションが上がっていく様子をその表情でご覧いただけます(笑)詳細はこちら・・・

PREV : 茶色い斑点があるバナナを1日2本毎日欠かさず食べると、1ヶ月後体に起こる6つのスゴい変化!
中学生の時から解読を始め、完成したある美大生の卒業制作が凄まじすぎると話題に! : NEXT