Lenon


Lenonをフォローしよう!


人間に食べられる運命から逃れた牛を待ち受けていたのは犬としての人生!?


食肉用の子牛

今回ご紹介する子牛の名前はゴリアテ(Goliath)君と言い、「食肉」として生まれてきました。

人間に食べられることが確定しているゴリアテを酪農場から救い出してくれたのは、

カルフォルニア州のダンビルで暮らしていたShaylee Hubbsさん一家です。

動物を引き取る話は珍しくありませんが、

子牛を引き取るのはかなりの勇気が必要だったでしょう。

Hubbsさん一家が自宅にゴリアテを連れ帰った当初、彼の体はとても弱々しい状態でした。

自力で立つことすら難しく、

さらには人間の大人が1人で軽々と持ち上げられるほど体格も小さかったのです。

しかし数ヶ月後、子牛には大きな変化が訪れていました。

ゴリアテの幸せそうな様子を、次のページで詳しくご紹介いたします。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

車に轢かれて血だらけの馬に警察官が行ったことが世界中で共感を呼びました・・・

日本ではあまり馴染みのない、警察の騎馬隊。 アメリカでは馬にまたがり、パトロールなんて光景もあまり珍 …

傷ついた犬たちに寄り添っていた1匹のワンちゃんは温かい愛に囲まれて静かに天国へ・・・

傷ついた犬たちに寄り添っていた1匹のワンちゃん!たくさんの温かい愛に囲まれて静かに虹の橋を渡って行きました・・・

プーズーが日本にやって来た!高さが40センチしかない世界最小の鹿をご存知ですか?

小さい! チリのチロエ島には、「プーズー」という世界最小の鹿が生息しています。 体長70~90センチ …

ゴミの山から保護された1匹の犬の、1年後の姿に涙が止まらない・・・!

2013年に、ゴミ山から1匹のハスキー犬が保護されました。 保護された犬は「ミリー」という名前でした …

大好きなぬいぐるみと寝るときすら一緒にいる柴犬が可愛くて癒される・・・

柴犬とぬいぐるみ 今回ご紹介するのは、犬用のベッドで小さなぬいぐるみと共にお休みしている柴犬ちゃんの …

PREV : 茶色い斑点があるバナナを1日2本毎日欠かさず食べると、1ヶ月後体に起こる6つのスゴい変化!
中学生の時から解読を始め、完成したある美大生の卒業制作が凄まじすぎると話題に! : NEXT