Lenon


Lenonをフォローしよう!


人間に食べられる運命から逃れた牛を待ち受けていたのは犬としての人生!?


食肉用の子牛

今回ご紹介する子牛の名前はゴリアテ(Goliath)君と言い、「食肉」として生まれてきました。

人間に食べられることが確定しているゴリアテを酪農場から救い出してくれたのは、

カルフォルニア州のダンビルで暮らしていたShaylee Hubbsさん一家です。

動物を引き取る話は珍しくありませんが、

子牛を引き取るのはかなりの勇気が必要だったでしょう。

Hubbsさん一家が自宅にゴリアテを連れ帰った当初、彼の体はとても弱々しい状態でした。

自力で立つことすら難しく、

さらには人間の大人が1人で軽々と持ち上げられるほど体格も小さかったのです。

しかし数ヶ月後、子牛には大きな変化が訪れていました。

ゴリアテの幸せそうな様子を、次のページで詳しくご紹介いたします。




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

足の骨が折れている母犬が獣医を導いて3キロ歩き続けた先にあったものとは…?

心理学者のリアンネ・パウエルさんは、グレーハウンドが道でさまよっているところを発見しました。 保護す …

袖にハマって幸せそうな猫さん→くつろぐうちに同居猫が乗ってきて、あら大変(笑)

猫は狭くて暖かいところが大好きです。 私たち人間が見ると、「大丈夫?」と思う所でもハマってしまうこと …

後ろ脚が麻痺して動けなかったウサギを救ったのは、なんとスケートボードだった!

凍えたウサギ アメリカのニューヨーク州で農場を営むJason Ambrosinoさんが、 凍えて動か …

「良い子だね」とペットに声をかけた時のワンちゃんと猫ちゃんのリアクションの違いがもろ分かりな画像8選!

私達の一番身近なペットといえば、やはり「犬」と「猫」です。 よく「私は犬派・私は猫派」などと派閥分け …

安楽死直前の大変身!「汚いから殺処分してくれ」心ない元飼い主が決して見ることはできなかったワンちゃんの奇跡の姿・・・

身勝手な飼い主による持ち込み…殺処分の現状 日本では毎年およそ十万匹もの犬猫が、行政機関で私たちの税 …

PREV : 茶色い斑点があるバナナを1日2本毎日欠かさず食べると、1ヶ月後体に起こる6つのスゴい変化!
中学生の時から解読を始め、完成したある美大生の卒業制作が凄まじすぎると話題に! : NEXT