Lenon


Lenonをフォローしよう!


人間に食べられる運命から逃れた牛を待ち受けていたのは犬としての人生!?


食肉用の子牛

今回ご紹介する子牛の名前はゴリアテ(Goliath)君と言い、「食肉」として生まれてきました。

人間に食べられることが確定しているゴリアテを酪農場から救い出してくれたのは、

カルフォルニア州のダンビルで暮らしていたShaylee Hubbsさん一家です。

動物を引き取る話は珍しくありませんが、

子牛を引き取るのはかなりの勇気が必要だったでしょう。

Hubbsさん一家が自宅にゴリアテを連れ帰った当初、彼の体はとても弱々しい状態でした。

自力で立つことすら難しく、

さらには人間の大人が1人で軽々と持ち上げられるほど体格も小さかったのです。

しかし数ヶ月後、子牛には大きな変化が訪れていました。

ゴリアテの幸せそうな様子を、次のページで詳しくご紹介いたします。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

「誰かぼくのこといりませんか?」5年間誰にも引き取られずに施設で過ごしたピットブルはメッセージ付きで写真に写ったことで大きく運命が変わった…!

チェスター アメリカのニューヨーク州にある動物保護団体、「The North Fork Animal …

結局最後まで名前を呼ばれなかった結果、あからさまに拗ねちゃったワンちゃんがかわいい…!

集団で飼われているワンちゃん達。 こちらのワンちゃん達はとっても賢いんです。 食事をするときは、名前 …

茶トラ猫の兄弟は優しい女性に保護され、預かり先で最高に居心地の良い場所を手にした!

心優しい女性に保護された茶トラ猫の兄弟!そして預かり先で兄弟猫たちを待っていたのは、最高に居心地の良い場所だった・・・

猫の誤飲で悲劇を経験した飼い主の悲痛な訴え!飼い主さんは是非とも気をつけて・・・

猫や犬など、ペットを室内で飼っている方は気をつけないといけないことがあります。 ヘアピンや釘など、口 …

すっかり夢心地で眠る赤ちゃんを見ていた子犬のとった行動が世界中の心臓を鷲掴み!

赤ちゃんが寝ているのを静かに見ていた子犬。 見ているうちに自分もだんだん眠くなってしまいます。 うと …

PREV : 茶色い斑点があるバナナを1日2本毎日欠かさず食べると、1ヶ月後体に起こる6つのスゴい変化!
中学生の時から解読を始め、完成したある美大生の卒業制作が凄まじすぎると話題に! : NEXT