Lenon


Lenonをフォローしよう!


人間に食べられる運命から逃れた牛を待ち受けていたのは犬としての人生!?


食肉用の子牛

今回ご紹介する子牛の名前はゴリアテ(Goliath)君と言い、「食肉」として生まれてきました。

人間に食べられることが確定しているゴリアテを酪農場から救い出してくれたのは、

カルフォルニア州のダンビルで暮らしていたShaylee Hubbsさん一家です。

動物を引き取る話は珍しくありませんが、

子牛を引き取るのはかなりの勇気が必要だったでしょう。

Hubbsさん一家が自宅にゴリアテを連れ帰った当初、彼の体はとても弱々しい状態でした。

自力で立つことすら難しく、

さらには人間の大人が1人で軽々と持ち上げられるほど体格も小さかったのです。

しかし数ヶ月後、子牛には大きな変化が訪れていました。

ゴリアテの幸せそうな様子を、次のページで詳しくご紹介いたします。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

新しい家族と出会えて幸せいっぱいになった日!ワンちゃんの記念写真集14選にほっこり・・・

保護施設に預けられたワンちゃんたちには、様々な理由があります。 しかしある日、自分を家族にしたいとい …

湖で楽しそうに遊んでいた犬がこの写真が撮影された直後に死亡した理由とは?

ハンツ ジェニファー・ウォルシュさんは家族と飼い犬のハンツと共に、湖のほとりまでハイキングに行きまし …

猫とトカゲの仲良しコンビ!思わず心が癒される2匹のラブラブ模様をご覧ください・・・

世の中には、異種間で仲良しな動物達がいます。 例えば「猫とネズミ」「犬と猫」などの組み合わせは聞いた …

母親に捨てられた未熟児のカバが人間の母親の深い愛情を受けて奇跡の成長を遂げる!

未熟児のカバ 南アフリカのある動物園で、カバの赤ちゃんが誕生しました。 生まれた赤ちゃんは「チャーリ …

猛暑の中、壁の内側で鳴いていた生後数日の子猫→救助されたのち、素敵なママと出会う!

厳しい暑さの中、壁の内側で鳴いていた、生まれてからわずか数日の子猫!無事に救助されたのちに、素敵なママと出会えた・・・

PREV : 茶色い斑点があるバナナを1日2本毎日欠かさず食べると、1ヶ月後体に起こる6つのスゴい変化!
中学生の時から解読を始め、完成したある美大生の卒業制作が凄まじすぎると話題に! : NEXT