Lenon


Lenonをフォローしよう!


1匹の保護犬が身寄りのない子猫に愛情を注ぎ続ける理由に胸が熱くなる・・・


ロンダさんとズーカ

アメリカのオレゴン州に住むロンダさんは預かりボランティアをしており、

身寄りのない子猫を保護するための活動に取り組んでいます。

今までに自分で育てた子猫の数は、100匹以上にものぼります。

しかし、「たった1人で100匹も育てるのは難しいのでは?」と思う方もいるでしょう。

しかしロンダさんには、とても心強い味方がいるのです。

それは、「ズーカ」と言う名前の12歳になる保護犬です。

ズーカは自分が母親となって子猫たちの世話をし、ロンダさんを手伝ってくれているそうです。

ズーカが身寄りのない子猫に愛情を注ぎ続ける感動的な理由は、次のページで詳しくご紹介いたします。




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

白い老猫の後を付いて行ってみたらジブリの世界のような光景が現れた!

猫の前足はたいへん器用です。 足ですが手のように物をつかみ、水を飲む猫さんもいます。 そんな器用な猫 …

アジアで初めて!動物愛護法の改正案が可決され、台湾で犬肉と猫肉を食すことが全面禁止に・・・

全面禁止 2017年4月11日、台湾で動物愛護法を強化する改正案が可決されました。 これにより、犬や …

道端で死にそうだった白猫が、保護されて元気になるとビックリするほど美しくなりました!

白猫は幸運を呼ぶと言われています。 神秘的な目である「オッドアイ」は白猫の25%に見られるとか。 真 …

自分のペットである4匹の犬を女性が捨てようとする瞬間を撮影し、全世界に拡散した結果…!

自分のペットである4匹の犬を捨てようとする女性を発見!その現場を動画に撮影して全世界に拡散していった結果はこちら・・・

「犬にとって人間はエルフ」犬好きな人なら涙を流さずにはいられない名文がこちら!

人間にとって、犬と言えばどんなことが思い浮かぶでしょうか。 真面目で飼い主さんに対し忠実な性格をして …

PREV : アメリカ恒例の「映ったらキス」に映されても2人がなかなかキスしない理由に会場中が爆笑!
「羽生結弦が嫌い」と口にする人々がいる中、母親の言葉が心に突き刺さる・・・ : NEXT