Lenon


Lenonをフォローしよう!


角を切り落とされて殺された母サイに寄り添う子サイのとった行動に胸が締め付けられる…!


サイの角

アフリカや南アジアに生息しているサイは、ゾウに次ぐ大型の陸上哺乳類です。

最強の皮膚を持つサイは、その硬さと厚さで肉食獣から身を守っています。

しかし、その生息数は年々減少しているとのこと。

その原因は、サイの角を目当てにした人間による密猟です。

サイの特徴でもある角は、皮膚が角質化したもので一生伸び続けるそうです。

その角が工芸品・漢方薬として高額で売買されているそうです。

その角が欲しいだけで、サイの命を奪う密猟が後を絶たないのです。

2月15日、南アフリカの国立公園であるサイの親子が発見されました。

上の画像は、子サイが母に寄り添う微笑ましいシーンではありません。

母サイの顔には角が無く、密猟者に殺されてしまったのです。

突然ひとりぼっちになった子サイ。

この子の取った行動が密猟の悲劇を物語ります。

詳細は次のページにてご覧ください。




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

このワンちゃんが玄関から部屋に入ることができない理由が情けなくて笑わずにはいられない!

愛犬は時に飼い主さんが想像もしていなかったことをして、 飼い主さんをびっくりさせたり笑わせてくれたり …

ロックを解除すると自動撮影するアプリを使って犯人を探し当てたがまさかの・・・

海外の掲示板で話題になっている1枚の写真があります。 その写真に写っているものとは、スマホのロックを …

保護5日目にみせたかわいさ→子猫の兄弟がピタッとくっついて眠る姿にメロメロ不可避!

猫。 それは寝ていても起きていても、なにをしていてもかわいく癒される存在です。 それが子猫ともなれば …

20年以上人々を墓場で癒し続けた墓守猫→慰めの天使は最後まで任務を全うし、自らも天国へと旅立つ・・・

イギリスのガーンジー島にあるサンプソン教会区の教会で建てられた墓場は、 遺族たちが愛する者と最後のお …

「これっぽっちも猫を抱きたいなんて思わない」と豪語する男性の家に子猫が来て3ヶ月後・・・

「これっぽっちも猫を抱きたいなんて思わない」 動物が嫌いな人の理由とは何でしょう? 「毛が抜ける」「 …

PREV : 「予算がない時はどの掃除機が良い?」と言う質問に対するSHARPのキレッキレな回答がこちら(笑)
アメリカ恒例の「映ったらキス」に映されても2人がなかなかキスしない理由に会場中が爆笑! : NEXT