Lenon


Lenonをフォローしよう!


角を切り落とされて殺された母サイに寄り添う子サイのとった行動に胸が締め付けられる…!


サイの角

アフリカや南アジアに生息しているサイは、ゾウに次ぐ大型の陸上哺乳類です。

最強の皮膚を持つサイは、その硬さと厚さで肉食獣から身を守っています。

しかし、その生息数は年々減少しているとのこと。

その原因は、サイの角を目当てにした人間による密猟です。

サイの特徴でもある角は、皮膚が角質化したもので一生伸び続けるそうです。

その角が工芸品・漢方薬として高額で売買されているそうです。

その角が欲しいだけで、サイの命を奪う密猟が後を絶たないのです。

2月15日、南アフリカの国立公園であるサイの親子が発見されました。

上の画像は、子サイが母に寄り添う微笑ましいシーンではありません。

母サイの顔には角が無く、密猟者に殺されてしまったのです。

突然ひとりぼっちになった子サイ。

この子の取った行動が密猟の悲劇を物語ります。

詳細は次のページにてご覧ください。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

パパ、ママ子育て奮闘中…!思わず応援したくなるワンちゃん達の頑張る姿8選!

子育てはかわいいだけでは終わりません。 「子供をきちんと育てよう」という思いとは裏腹に言うことを聞か …

子豚たちの親代わりとなり、本当の我が子のように可愛がる犬に奇跡が起きた…!

子豚たちの親代わりとなった犬!種族は違えど本当の我が子であるかのごとく可愛がっていると、その犬に奇跡が起きた・・・

犬が毎朝いそいそとベッドを運んでいた理由に呆れつつも癒されます・・・

朝起きた1匹のワンちゃん。 このワンちゃんが毎朝欠かさず行っていることは、自分のベッドを移動させるこ …

兄弟がいじめられていると見るや、いじめっ子を撃退して男の子を救出したのはなんと猫!

喧嘩やいじめはどこにでも起こりうることです。 人間のみならず、動物間でも喧嘩やいじめは発生しています …

「僕のバス停へようこそ」バス停で待つ間、遊んでくれる猫が話題に!

バス停の猫 バスが来るのを待っている時間、皆さんは何をしながら過ごしていますか? 本を読んでいるとい …

PREV : 「予算がない時はどの掃除機が良い?」と言う質問に対するSHARPのキレッキレな回答がこちら(笑)
アメリカ恒例の「映ったらキス」に映されても2人がなかなかキスしない理由に会場中が爆笑! : NEXT