Lenon


Lenonをフォローしよう!


保護施設で悲しそうな表情を浮かべていた猫!1週間後の幸せそうな様子に感動・・・


悲しそうな子猫

動物たちが保護施設に引き取られることになった事情は様々です。

心無い飼い主によって路上に放置されていた所を施設のスタッフが保護することもあれば、

運悪く母親が亡くなってしまって通りがかりの人に保護されることもあります。

あるいは、大切に育てられていても飼い主が亡くなる場合も考えられます。

動物それぞれの過去はありますが、

新しい飼い主さんとの出会いにもまたその動物の運が少なからず影響しているのかもしれません。

ある男性が、保護施設を訪れた日のことです。

施設内を回っていると、1匹の悲しそうな表情を浮かべた子猫を見つけました。

母猫も兄弟もいないようで、ひとりぼっちで不安そうにケージの中から外を眺めていました。

男性は、ある理由でこの子猫を引き取ることにします。

詳細は次のページにてご覧ください。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

ゴールデンレトリバーと茶トラ猫の成長の軌跡!その絆は親子を超えているかも…?

ゴールデンレトリバーの「Keelo」と茶トラ猫の「Koda」は、 Kodaが小さい子猫だった頃からず …

冷たい川から引き上げた時には心臓が止まっていたオオカミ!しかも体の中にはもっと最悪なものが・・・

冷たい川から引き上げた時にオオカミの心臓は止まっていた!しかもその体の中から、もっと最悪なものが発見された・・・

闘犬を鍛える道具として扱われ、挙げ句の果てに道端に捨てられた犬の姿に胸が痛む…!

アメリカのテキサス州を拠点に活動している動物愛護団体「Rescue Dogs Rock NYC」は先 …

危険な高速道路の路上で保護されるも、安楽死寸前にまで追いやられたハスキー犬の運命は…?

危険な高速道路で発見されたシベリアンハスキー!無事に保護されるも保健所では残酷な現実が待っており、安楽死寸前まで追いやられ・・・

人間に怯えて吠え続けていた犬!心に深い傷を負い、殺処分寸前だった犬の運命は?

心に深い傷を負い、人間に怯えて吠え続けていた犬!あと少しで殺処分という決定が下ってしまったこの犬の運命は・・・?

PREV : 床に油をぶちまけてしまった時の豆知識がすごすぎると絶賛の嵐!
3人前の食事をとっていた我が子が栄養失調になった原因がヤバすぎる! : NEXT