Lenon


Lenonをフォローしよう!


シェルターの外に捨てられていた三本足の猫!ビクビクと怯え、8人がかりでやっと保護した結果・・・


人間に怯えるスピットファイア

今回ご紹介する子猫は、不幸にも後ろ足の一部が無くなっていました。

アメリカのテキサス州サンアントニオにある動物の保護シェルター付近にいたことから、

誰かが捨てた猫らしいのですがケガと人間不信により人を寄せ付けないのです。

子猫は優しい言葉も、おやつも子猫には通じませんでした。

人を見るなり、すぐに逃げてしまうのです。

ケガを負っている子猫をとりあえず保護しなければと、スタッフ8人がかりでやっと捕獲しました。

そして、この猫は「スピットファイア」と名付けられます。

保護されたものの、かなり攻撃的な子猫。

その心をどうにか開かせようと、動物レスキューで働いていたジャクリンさんは決意します。

果たして、人間嫌いになってしまった猫はどうなるのでしょう?

スピットファイアのその後の様子は、次のページで詳しくご紹介いたします。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

飼い主さんの足にじゃれつく猫→ただならぬ匂いだった結果、こんなリアクションに…!

猫ちゃんが飼い主の足にじゃれついています。 とても微笑ましい光景ですね。 足を見る限り、この飼い主さ …

猫にパソコンを取られて考えたことは…→この発想は斜め上だった・・・!(笑)

猫は家の中のどこでも寝てしまいますね。 「あれ?いない」と思ってその行方を追ってみると驚くところで寝 …

少し驚かそう思っただけなのに…子犬にイタズラで軽く一鳴きしたらとんでもない事態に!

天気の良い日に公園に出かけると、小さな子供達が夢中で遊んでいるのを目にします。 とても可愛らしく、思 …

木の下でちょっとお昼寝していた男性→こんな動物による寝起きドッキリは見たことがない!

チーターが大好きな動物愛好家のドルフ・フォルカーさんは、 2014年と2015年の夏の期間にボランテ …

猫が虐待によって口の骨が折れてしまったにもかかわらず、激痛に耐えて無理に食事をとる理由は無償の愛だった…!

最近の風潮として、全ての事を経済的対価で測ってしまうという傾向が強いと思いませんか。 人々が、弱者へ …

PREV : いじめられ、「最悪のバレンタイン」だと思っていた少女を救った心優しい王子様に感動・・・
5年に及ぶ内戦を終わらせた当時28歳だった男性の真の姿に言葉を失う・・・ : NEXT