Lenon


Lenonをフォローしよう!


シェルターの外に捨てられていた三本足の猫!ビクビクと怯え、8人がかりでやっと保護した結果・・・


人間に怯えるスピットファイア

今回ご紹介する子猫は、不幸にも後ろ足の一部が無くなっていました。

アメリカのテキサス州サンアントニオにある動物の保護シェルター付近にいたことから、

誰かが捨てた猫らしいのですがケガと人間不信により人を寄せ付けないのです。

子猫は優しい言葉も、おやつも子猫には通じませんでした。

人を見るなり、すぐに逃げてしまうのです。

ケガを負っている子猫をとりあえず保護しなければと、スタッフ8人がかりでやっと捕獲しました。

そして、この猫は「スピットファイア」と名付けられます。

保護されたものの、かなり攻撃的な子猫。

その心をどうにか開かせようと、動物レスキューで働いていたジャクリンさんは決意します。

果たして、人間嫌いになってしまった猫はどうなるのでしょう?

スピットファイアのその後の様子は、次のページで詳しくご紹介いたします。




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

大好物のご飯をじ〜っと見つめる子犬→食事前にとってもお行儀の良い行動をとった!

食べ盛りの生後11週になるラブラドールの子犬です。 どうやらご飯の時間が来たようです。 この年頃のワ …

鳥がパトカーの上で巣作り&出産を開始してしまった!その時の警察の人たちの対応がこちら・・・

ナゲキバトと呼ばれるカナダ南部やアメリカ、 メキシコ北部で頻繁に目撃される鳥がアメリカのオハイオ州で …

冬の湖で溺れかけており、誰もが絶望した状況のネズミの前に現れたのは・・・?

湖の不思議な光景 カナダのトロントに住むマーティン・ジンジャーリッチ(Martine Gingeri …

里親と出会えたのに猫が寂しそうにしている理由に気づいた飼い主は・・・

人間に捨てられて、保護施設に預けられるペットたち。 最近では、ペットの高齢を理由に手放す飼い主が多い …

保護されてからずっと支え合ってきた親友と1か月ぶりの再会を果たしたオマキザルの表情に強い絆を感じる…!

施設に保護されてからずっと支え合ってきた親友と1ヶ月ぶりに再会することになったオマキザル!その時の表情は2匹の強い絆を物語っていた・・・

PREV : いじめられ、「最悪のバレンタイン」だと思っていた少女を救った心優しい王子様に感動・・・
5年に及ぶ内戦を終わらせた当時28歳だった男性の真の姿に言葉を失う・・・ : NEXT