Lenon


Lenonをフォローしよう!


「安楽死させてほしい」と持ち込まれた鳴き声が可愛すぎる老猫は穏やかな余生を望み・・・


老猫のルビー

「Bleakholt Animal Sanctuary(BAS)」と言うサンクチュアリに、

「ルビー」と言う名前の16才の老猫が連れてこられました。

家族が海外へ引っ越しをしないといけなくなり、

面倒をみることができなくなったためにBASへ連れてきたようです。

ルビーの安楽死が家族の希望でしたが、レスキューのスタッフはこれをキッパリ断りました。

その理由をスタッフのルーシーさんはこのように話しています。

「私たちは引き取った動物を決して殺さないレスキューです。今までもこれからも、健康体である動物を安楽死させるようなことは絶対にありません」

ではこの先、ルビーの暮らしはどうなるのでしょうか?

気になる方は次のページをご覧ください。




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

厳しい寒さの中、弟猫を支えていた姉猫!家族が一緒にいることの大切さについて考えさせられる・・・

厳しい寒さの中で、お互いを支え合っていた姉弟猫が保護されました!弟を必死に守る姉の姿に、家族が一緒にいることの大切さについて考えさせられます・・・

そうだったのか(笑)なぜか仕事をしていると猫が横にやってくる理由とは…?

何かお仕事などをしていると、猫が横にやってくることはありませんか?その行動の理由はこうだったのかもしれません(笑)

頭をケガしていた子犬を保護して調べた結果、そのケガはむごい虐待によるものと判明…!

頭をケガした子犬 「子犬の頭に穴が開いていたの。車を降りて子犬に近づいてみたら少し怯えてたけど、呼ん …

雷が激しく鳴る深夜にバスルームへ→済ました猫とバスタブの中にもう1名(笑)

ペットとして犬と猫の両方を飼っている人は、彼らの行動と性格の違いをつぶさに観察することができます。 …

猫カフェが保護しないなら野良の子猫を触らないように訴える理由がこちら・・・

「お願いですから、保護する気がないのなら野良の子猫を安易に触らないでください」 こう訴えるのは、奈良 …

PREV : 11歳の少年の遺体に医師たちが深々と敬礼した背景に考えさせられる・・・
異常に筋肉が発達した世界一マッチョな8歳児!17年後の激変した姿がこちら・・・ : NEXT