Lenon


Lenonをフォローしよう!


「安楽死させてほしい」と持ち込まれた鳴き声が可愛すぎる老猫は穏やかな余生を望み・・・


老猫のルビー

「Bleakholt Animal Sanctuary(BAS)」と言うサンクチュアリに、

「ルビー」と言う名前の16才の老猫が連れてこられました。

家族が海外へ引っ越しをしないといけなくなり、

面倒をみることができなくなったためにBASへ連れてきたようです。

ルビーの安楽死が家族の希望でしたが、レスキューのスタッフはこれをキッパリ断りました。

その理由をスタッフのルーシーさんはこのように話しています。

「私たちは引き取った動物を決して殺さないレスキューです。今までもこれからも、健康体である動物を安楽死させるようなことは絶対にありません」

ではこの先、ルビーの暮らしはどうなるのでしょうか?

気になる方は次のページをご覧ください。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

愛猫を救いたい一心で火事によって燃えている自宅に飛び込み、わずか23歳で亡くなった女性に涙…!

みなさんはペットを飼っておられるでしょうか。 もしくは飼われていたことはあるでしょうか。 ペットを飼 …

5年前まではがん病棟に犬なんて必要ないと思っていた…でも実際の医療現場を見て考えが変わった!

現在、子供が病気で亡くなる確率が一番高いのは小児がんです。 この小児がんは大人のがんよりは少ないので …

「その手があったか!」行き場を失った野良猫に幸せをもたらした画期的なアイデアがこちら・・・

レモンパイ カリフォルニア州サンディエゴを拠点に活動する野良猫の保護団体「Love Your Fer …

ずっと行方不明だった愛猫と念願の再会を果たした自閉症の少年!嬉し涙を流した感動の瞬間がこちら・・・

ストレスや強い不安感を和らげるために、動物の力を借りることをアニマルセラピーといいます。 動物と触れ …

警察が人懐こくてフワフワな毛並みをしていたワンちゃんを雇った理由とは?

厳しい仕事の多い警察が、人懐こくてフワフワな毛並みをしてワンちゃんを雇うことに!果たしてその理由とは?詳細はこちら・・・

PREV : 11歳の少年の遺体に医師たちが深々と敬礼した背景に考えさせられる・・・
異常に筋肉が発達した世界一マッチョな8歳児!17年後の激変した姿がこちら・・・ : NEXT