Lenon


Lenonをフォローしよう!


「安楽死させてほしい」と持ち込まれた鳴き声が可愛すぎる老猫は穏やかな余生を望み・・・


老猫のルビー

「Bleakholt Animal Sanctuary(BAS)」と言うサンクチュアリに、

「ルビー」と言う名前の16才の老猫が連れてこられました。

家族が海外へ引っ越しをしないといけなくなり、

面倒をみることができなくなったためにBASへ連れてきたようです。

ルビーの安楽死が家族の希望でしたが、レスキューのスタッフはこれをキッパリ断りました。

その理由をスタッフのルーシーさんはこのように話しています。

「私たちは引き取った動物を決して殺さないレスキューです。今までもこれからも、健康体である動物を安楽死させるようなことは絶対にありません」

ではこの先、ルビーの暮らしはどうなるのでしょうか?

気になる方は次のページをご覧ください。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

絶滅危惧種の調査のために設置されたカメラにとんでもないものが映っていた!最後まで目を反らさずにご覧ください・・・

人間がほとんど足を踏み入れていなかったため、島を熱帯林が覆っていたボルネオ島。 近年でも新種の生物の …

人生のほとんどを野良犬に捧げた女性が突如天国へ!彼女の葬儀に次々と現れた野良犬の姿に胸が熱くなる・・・

メキシコのユカタン州で生まれ育ったマルガリータ・スアレスさん。 彼女は大の動物好きで、人生のほとんど …

事故で下半身が麻痺した野良猫を救ったのは「天使のような姉妹」と話題の2人の女性だった!

天使のような姉妹 アラブ首長国連邦在住のアメ・アリ(Ame Ali)さんとその妹さんは15年ほど前か …

このワンちゃんが玄関から部屋に入ることができない理由が情けなくて笑わずにはいられない!

愛犬は時に飼い主さんが想像もしていなかったことをして、 飼い主さんをびっくりさせたり笑わせてくれたり …

鎖で拘束され、森の中でか細い声で助けを求めていた子猫が自由を手に入れる…!

森の中で鎖につなげられ、小さくか細い声で助けを求めていた子猫!心優しい人に保護され、自由を手に入れました・・・

PREV : 11歳の少年の遺体に医師たちが深々と敬礼した背景に考えさせられる・・・
異常に筋肉が発達した世界一マッチョな8歳児!17年後の激変した姿がこちら・・・ : NEXT