Lenon


Lenonをフォローしよう!


「安楽死させてほしい」と持ち込まれた鳴き声が可愛すぎる老猫は穏やかな余生を望み・・・


老猫のルビー

「Bleakholt Animal Sanctuary(BAS)」と言うサンクチュアリに、

「ルビー」と言う名前の16才の老猫が連れてこられました。

家族が海外へ引っ越しをしないといけなくなり、

面倒をみることができなくなったためにBASへ連れてきたようです。

ルビーの安楽死が家族の希望でしたが、レスキューのスタッフはこれをキッパリ断りました。

その理由をスタッフのルーシーさんはこのように話しています。

「私たちは引き取った動物を決して殺さないレスキューです。今までもこれからも、健康体である動物を安楽死させるようなことは絶対にありません」

ではこの先、ルビーの暮らしはどうなるのでしょうか?

気になる方は次のページをご覧ください。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

誰が見てもあまりの可愛さにキュンと癒される…萌えフォルムなハムケツ画像集8選!

ハムケツの萌えフォルムをどうぞ! ハムスターといえば、アニメの 『とっとこハム太郎』(2000年7月 …

山火事から逃れてシェルターに保護されたオス猫が一緒に保護された子猫たちにとった行動に胸が熱くなる…!

山火事と野良猫 2017年8月1日、カナダのブリティッシュコロンビア州で山火事が発生しました。 その …

これはこれでかわいい!どうやらこの豚は自分のことを犬だと信じて疑っていないようです・・・

オーストラリアのシドニーに住んでいる子ブタのオリーブは、 自分を犬だと思い込んでしまっているようです …

この黄色い海、正体は放棄された小さな命!その有様に言葉が出ない・・・

動物虐待は犯罪です。 同時に動物遺棄も犯罪になり、処罰されます。 それでも、何らかの理由からペットを …

飼い主と犬が保護施設で奇跡的に再会!しかし、犬はただ残酷な現実を思い知るのみだった・・・

アメリカにある動物ケアセンターで、この悲しい出来事は起きてしまいました。 アメリカのカリフォルニア州 …

PREV : 11歳の少年の遺体に医師たちが深々と敬礼した背景に考えさせられる・・・
異常に筋肉が発達した世界一マッチョな8歳児!17年後の激変した姿がこちら・・・ : NEXT