Lenon


Lenonをフォローしよう!


「安楽死させてほしい」と持ち込まれた鳴き声が可愛すぎる老猫は穏やかな余生を望み・・・


老猫のルビー

「Bleakholt Animal Sanctuary(BAS)」と言うサンクチュアリに、

「ルビー」と言う名前の16才の老猫が連れてこられました。

家族が海外へ引っ越しをしないといけなくなり、

面倒をみることができなくなったためにBASへ連れてきたようです。

ルビーの安楽死が家族の希望でしたが、レスキューのスタッフはこれをキッパリ断りました。

その理由をスタッフのルーシーさんはこのように話しています。

「私たちは引き取った動物を決して殺さないレスキューです。今までもこれからも、健康体である動物を安楽死させるようなことは絶対にありません」

ではこの先、ルビーの暮らしはどうなるのでしょうか?

気になる方は次のページをご覧ください。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

心を開くまでに半年を要した茶トラ猫の素顔はとても心優しい猫だった・・・

ある家庭に保護された猫は心を開くまでに半年を要しました…!しかしその素顔はとても心優しい性格だったのです・・・

12枚の仰天画像→ママは思わず目が点に!部屋に戻ると寝ている赤ちゃんとワンちゃんが・・・

集団生活をする犬は、自分の中で家族に順位を付けています。 餌を与えてくれ、散歩に連れてお世話をしてく …

子猫のひろしくん、刺身を発見!「ちょうだい!」のおねだりが可愛すぎるも最後は実力行使(笑)

「猫と魚」と言えば、某国民的アニメに出てくる「お魚くわえたドラ猫~」が有名ですよね。 「漁港近くの野 …

凍って動けない小鳥はもう手遅れだろうと思っていた犬の飼い主→しかし、犬は決して諦めなかった…!

凍って動けない小鳥を発見したものの、犬の飼い主さんはもう手遅れだろうと思っていた!しかし、犬は決して諦めなかった・・・

構ってもらうためなら手段を選ばずアピールする可愛い猫の画像8選!

猫が気まぐれと言われてしまう原因は、飼い主の都合も考えずに絡んでくることです。 しかし、飼い主さんは …

PREV : 11歳の少年の遺体に医師たちが深々と敬礼した背景に考えさせられる・・・
異常に筋肉が発達した世界一マッチョな8歳児!17年後の激変した姿がこちら・・・ : NEXT