Lenon


Lenonをフォローしよう!


売買され、虐待に苦しんでいたオオカミ犬!自分らしく生きることのできる新しい人生を手にした姿に涙・・・


人間は身近にいた捕食動物の「オオカミ」を、ことごとく排除しようとして来ました。

国によっては絶滅したオオカミもいます。

しかし、次は見た目もオオカミに近い犬種(シェパードやハスキー犬等)とオオカミを交配させ、

「オオカミ犬」という種類の犬種を生み出しました。

しかも高額で売買されるオオカミ犬を使って、麻薬取引に利用される事実があります。

麻薬とオオカミ犬

日本では「シャブ」「スピード」「ヒロポン」などと呼ばれているメタンフェタミン。

強い中枢興奮作用があり、精神依存や薬剤耐性で犯罪につながりやすい薬物です。

覚せい剤は暴力団の資金源とされていますが、

その取引にあたって海外では「オオカミ犬」が高額で売買し利用されているとのこと。

アメリカのカリフォルニア州で、

警察の麻薬捜査当局が通報を受けて同州のサン・ベルナルディーノを訪問したところ、

1匹のオオカミ犬を保護しました。

所有者が「ウォルフィー」と名付けていたこのオオカミ犬は、ロサンゼルスでは違法動物となります。

規則の厳しいカリフォルニア州で、ウォルフィーはどのような運命をたどるのでしょう?

その後のウォルフィーの姿は、次のページで詳しくご紹介いたします。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

ミミズクが命の恩人にハグ…人間とミミズクの絆に感動が止まらない!

アメリカのミシシッピ州で頭に酷いけがを負ったミミズクが発見されました。 すぐに動物保護施設「ワイルド …

「静かに…奴だニャ」猫が映画のワンシーンにありそうな場面を演じているかのような写真が話題に!

感動的で笑える動物映画やドラマは、世の中にたくさんあります。 しかし大抵は人間が主人公で、そこに可愛 …

2年間孤独のままに人間を避け続けてきた犬が温もりを知り、瞳に輝きを宿すようになるまで

これはアメリカのロサンゼルスにあるサンペドロの港で、 2年前に見かけられるようになって以来ずっと人の …

全身が毛玉で覆われた13歳の老猫は大量の毛から解放されてとても嬉しかったようで…!

全身がひどい毛玉で覆われていた13歳の老猫!トリミングされ大量の毛から解放されると、とても嬉しかったようで・・・

自分がやらかした失敗を心の底から反省している、かわいそうだけど笑えるワンちゃん14選!

こちらのワンちゃん、何かしでかしたようですね。 立ち上がって飼い主さんの様子をうかがっているようです …

PREV : 江頭2:50、平昌五輪で北朝鮮美女軍団と勝手にコラボするという伝説を打ち立てる!
「よくぞ言ってくれた!」山手線の駅員が駆け込み乗車をする人に怒りの正論をぶつける・・・ : NEXT