Lenon


Lenonをフォローしよう!


「育てる価値はない」と言われた片目の猫がもう一度生きるチャンスをもらった結果・・・


片目の猫

2年前、1匹の野良猫がある家に姿を現すようになりました。

家族が野良猫の世話をし始めて数週間後、妊娠していることに気づきます。

その後、無事に出産を終えましたが生まれた子猫のうちの1匹が、他とは違った特徴を持っていました。

その子猫はピーナッツと言って、他のきょうだいたちと同じように母猫のおっぱいを飲めないのです。

そこで家族のアレックスさんは、哺乳瓶を使ってミルクをあげることにしました。

生まれつき身体も小さいピーナッツは、きょうだいたちと比べて半分くらいのサイズです。

さらに目は片方だけで、鼻の一部も欠けています。

しかしそれだけで健康上の問題はなく、順調に成長していきました。

生きるチャンスをもらった子猫の様子を、次のページで詳しくご紹介いたします。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  1. 匿名 より:

    こういうこと言うやつって、自分の子供が難病持ちや奇形児だったら、
    調著することなく産む前に処分するんだろうね。
    てめえの方が生きてる価値ねえんだよ!

  関連記事

子猫とパパ猫の対決!?どうしても触れ合いたいパパ猫が恐る恐る近づくと予想外の展開に…!

とあるお宅で、父猫が子猫達の様子を見守っていました。 父猫はなんとか、可愛い子猫たちに近づき触れ合い …

断固として「Ctrl+z」を押させてくれない我が家の文鳥(笑)一体なぜ・・・?

ペットが飼い主の行動を妨げることはよくあります。 例えば我が家で飼っている犬はトイレの前に陣取り、 …

電車内でトートバッグからワンちゃんの顔がひょこっ!あれ?思ったよもデカい子が・・・

皆さん、ワンちゃんは好きですか? ワンちゃんは素直で、いつも元気一杯で散歩に行こうとする時は尻尾をぶ …

寒さ対策が思わぬ縁を呼び寄せた!靴下をセーターとして子猫に着させたらみんなメロメロに・・・

この地球上で一番恐ろしいのは、自然災害だと言われています。 ひとたび災害が起きると、私達人間にそれを …

ゴリラにミルクを与えて育てた男性が5年の歳月を経て再会→その瞬間緊張が解け、時間が巻き戻った…!

ゴリラと男性 アスピナル財団はおよそ10年前より、イギリスのハウレット野生動物公園と西アフリカの保護 …

PREV : 自衛隊が教える想像以上に便利なライフハック!車のヘッドライトで視界がなくなったら・・・
「死んだらみんな困る」深夜に帰宅した母は息子からのメモを読んで涙が止まらなかった・・・ : NEXT