Lenon


Lenonをフォローしよう!


「育てる価値はない」と言われた片目の猫がもう一度生きるチャンスをもらった結果・・・


片目の猫

2年前、1匹の野良猫がある家に姿を現すようになりました。

家族が野良猫の世話をし始めて数週間後、妊娠していることに気づきます。

その後、無事に出産を終えましたが生まれた子猫のうちの1匹が、他とは違った特徴を持っていました。

その子猫はピーナッツと言って、他のきょうだいたちと同じように母猫のおっぱいを飲めないのです。

そこで家族のアレックスさんは、哺乳瓶を使ってミルクをあげることにしました。

生まれつき身体も小さいピーナッツは、きょうだいたちと比べて半分くらいのサイズです。

さらに目は片方だけで、鼻の一部も欠けています。

しかしそれだけで健康上の問題はなく、順調に成長していきました。

生きるチャンスをもらった子猫の様子を、次のページで詳しくご紹介いたします。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  1. 匿名 より:

    こういうこと言うやつって、自分の子供が難病持ちや奇形児だったら、
    調著することなく産む前に処分するんだろうね。
    てめえの方が生きてる価値ねえんだよ!

  関連記事

前足が曲がった状態で発見された子猫!必死に近づいてきた姿に人々が愛を注ぐことを決意して2週間後・・・

前足が曲がった子猫 とある民家の庭先から小さな子猫の鳴き声が聞こえてきました。 家の住人が鳴き声に気 …

殺処分間際のところで助けてもらった猫→新しい飼い主さんへ全身で表す感謝の気持ちが止まらない!

様々な理由から保健所の送られる動物がいます。 私たちの生活には、全面的に関わりのない事と思われがちで …

お腹のすいた子猫が勇気を出して民家の庭に出現!しかし食べ物よりも価値あるものを手に入れた・・・

食べ物を求めて民家の庭に出現した子猫!しかしこの子猫は、最終的に食べ物よりも価値のあるものを手に入れることができた・・・

子サモエドが先住猫と友達になるまでの11週間奮闘記!健気に頑張り続けた最後の結末に心癒される・・・

子サモエドが先住猫と友達になるために健気に頑張り続けた11週間の奮闘記!最後の結末に心癒されること間違いなし・・・

腫瘍で先の長くない犬を飛行機に乗せ、最期に暮らす家へと向かって行く・・・

腫瘍を抱え、もう先が長くないとされた犬!それを知ったレスキューの男性は自家用の飛行機に犬を乗せて最期の家へと連れて行く・・・

PREV : 自衛隊が教える想像以上に便利なライフハック!車のヘッドライトで視界がなくなったら・・・
「死んだらみんな困る」深夜に帰宅した母は息子からのメモを読んで涙が止まらなかった・・・ : NEXT