Lenon


Lenonをフォローしよう!


愛犬との「最後のドライブ」を7年間忘れられずにいた少女に起きた衝撃の奇跡とは?


最後のドライブ

アメリカのペンシルベニア州に住むニコル・グライムスさんは、ある時思わぬ体験をしました。

始まりは彼女が10歳の頃。

おばあちゃんが一人っ子だった彼女のことを心配して、1匹の子犬を紹介してくれました。

すぐにニコルさんと仲良くなった子犬は、「クロエ」と名付けられます。

しかしともに過ごす幸せな日々は、ある日突然終わりを告げました。

クロエはもともと奔放な性格をしていたのですが、

その元気さが家で仕事をするお父さんの邪魔となっていました。

そしてニコルさんが14歳の時、とうとうクロエを保護施設へ引き渡すことが決まります。

ニコルさんは悲しみのあまり、保護施設へ向かう間ずっとお腹が痛かったそうです。

これが彼女らにとって最後のドライブとなりました。

その後に起きた奇跡は、次のページで詳しくお伝えいたします。




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

ずっと引き取ってもらえずにいた耳のない老猫に”運命の”里親さんが現れる!

猫は大人になると、引き取り手が少なくなります。 まして老猫で障害があるとなおさらです。 ところが、猫 …

ホスピスで最期が近づくおばあさんの最後の願いは子猫を抱きしめること!願いの行方は・・・?

「グローブス・コミュニティ・ホスピス」で暮らすキャロルさん。 病気と高齢のため、最期の時までホスピス …

「この子は、数年前に行方不明になった猫かもしれない…」動物病院を訪れた親子が保護されている猫を見て思わずこう口走った結果…!

動物病院のビリー 2013年11月、アメリカの駐車場でガリガリにやせ細った状態の猫が発見され、 近く …

シェルターに引き渡された犬は檻の中で涙を流していたが外に出られると・・・

南カリフォルニアのロサンゼルス郊外の街であるカーソンには、 カリフォルニアでも高い殺処分率のシェルタ …

犬用の「噛みつき防止マスク」→パグの装着見本だけ絶対に様子がおかしい(笑)

みなさんは、「噛みつき・拾い食い防止マスク(犬用)」を知っていますか? 主に動物病院や犬の美容院で使 …

PREV : 家が火事になる寸前!原因は家電でもガスでもなく、部屋によくある”アレ”だった・・・
オリンピック競技の開始直前に忘れ物に気づき、周りからも無視されてピンチだった外国人選手を救った日本人選手の神対応! : NEXT