犬たちが寒さに震えないようにいらないセーターを使って編み出されたアイデアが素晴らしい! | Lenon-2ページ

Lenon


Lenonをフォローしよう!


犬たちが寒さに震えないようにいらないセーターを使って編み出されたアイデアが素晴らしい!


いらないセーター

避難所には、いつも約100匹の犬が待機しているそうです。

彼らはずっと養子縁組を待っていますが、

後から保護されてくる子もいるので引き取り手が来ないと数は増える一方。

そんな大量にいる犬たちの寒さ対策として、施設の人たちはセーターを用意しているとのこと。

しかし犬の数に対してセーターの数が追い付かず、施設側は常にセーター不足に陥っています。

不要になった古いセーターの活用方法は、犬たちのセーターを作ることです。

これなら犬たちに着せてあげるだけで、外が寒くてもおもいきり遊ぶことができます。

これでもうヒーターだけに頼る必要はないのです。

1着で3着分

リサイクルされたセーターを喜んで受け取るのは、ワシントン郡動物保護区の犬だけではありません。

他の数多くの避難所にいる動物たち、

特に寒さの厳しい避難所においてはペット用の防寒服を寄付されれば喜んで受け取ってくれることでしょう。

人間用のセーターは1着をリサイクルするだけで犬のセーターを3着も作ることができるので、

寄付する側としてもやりがいがあるでしょう。

みんな避難所で新しい家族が引き取ってくれるのを待っていますが、いつ来るのかは誰にもわかりません。

せめて待っている間だけでも、周りの人々の優しさとセーターで彼らを暖めてあげたいですね。

気に入ったらいいね!してね♪

【関連記事】

寒さ対策が思わぬ縁を呼び寄せた!靴下をセーターとして子猫に着させたらみんなメロメロに・・・

へその緒が取れないで痛みに苦しんでいた子猫を救った”魔法のアイテム”とは?

寒かろうと思ってワンちゃんに生まれて初めて洋服を着せてあげた結果・・・(笑)

マイナス35度という極寒の中、猫は羊で暖をとることにした!「ここにいてもいいかニャ?」

マイナス39度の極寒の中、列車のエンジンの隙間で凍り付いていた猫は車掌さんの心温まる行動で死の淵から救われた…!

出典:The Dodo



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

まるでカップルのように寄り添い合う猫とネズミ!異色の組み合わせに驚きつつも癒される・・・

日本昔話「十二支」の内容を知っていますか? 一年の干支を決めるのに、神様が動物たちに競争させて順番を …

シェルターから救い出されて1年!御年24歳の長寿猫がこちら・・・

御年24歳になる長寿の猫をご紹介!シェルターから救助されて1年、老猫は一体どのような暮らしをしているのでしょうか…?

ドアの前に小さい子供をそっと横たえたゴリラが立った時、胸が震える光景が広がった…!

男の子の落下事故 1996年10月16日、シカゴのブルックフィールド動物園で予期せぬ緊急事態が起きま …

この猫はいつも悲しそうな瞳をしていた→そんな猫が幸せな暮らしを手に入れた結果…!

動物達の顔にもそれぞれの特徴があります。 また彼らはとても表情豊かで、すねたり怒ったりもします。 一 …

人間の見世物に利用され、鼻やあごを失ってしまった犬→過去に同じような経験を受けた里親と育まれた絆に感動…!

虐待イベント、ブルベイティング 今では違法とされている「ブルベイティング」というイベントに利用され、 …

PREV : 心が壊れかけた時の対処法に共感の声殺到!もっと早く知っておきたかった・・・
「どこがいけないの?」不登校だった妹が卒業文集を書くも先生に却下される…! : NEXT