Lenon


Lenonをフォローしよう!


認知症の豆柴「しの」と猫の「くぅ」の心温まる関係を表した画像と動画にほっこり・・・


くぅとしの

人間と同じように、犬にも認知症があることをご存知でしょうか?

高齢化により脳に変化が生じて、説明のつかない行動をします。

典型的な症状の1つは『徘徊』。

自分の居場所が分からなくなり、あてもなく歩き続ける行動がみられるとのこと。

特に柴犬は、認知症になりやすい犬種といわれています。

飼い犬の認知症が原因で、やむなく施設に預ける飼い主がいるほど深刻な認知症ですが、

あるお家では認知症のワンちゃんを介護する猫がいるそうです。

上の画像に写っている猫の名前は「くぅ(オス7歳)」、そしてワンちゃんの名前は「しの(メス18歳)」です。

しのは人間の年齢で換算すると4歳になります。

そんなおばあちゃんのしのに、認知症の症状が現れたそうです。

その「しの」を丁寧にお世話してくれるのが、猫の「くぅ」です。

犬と猫の心温まる関係を、次のページにてご覧ください。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

犬のベビーシッターに対する反応が敵意むき出しだった→そのおかげで子供を暴力から救い出せた!

日本ではあまりベビーシッターを雇うという話は聞きませんが、アメリカでは一般的なようです。 そして、あ …

毎年8,000キロの距離を泳いで命の恩人である漁師に会いに来るペンギン!その絆に心温まる・・・

ブラジルでは野生の動物をペットとして飼うのは禁止されています。 しかし中にはペットしてではなく、親友 …

重くて長すぎる毛がドレッドヘア状態になっていたプードルを保護した結果・・・

重く長すぎる毛がドレッド状態になり、動くことすらままならない状態だったプードル!総重量2キロに及ぶ毛を刈り終えると・・・

人間と同じように育てられた結果、自分を人間だと思っているかのように生きる犬!

ラガー 皆さんはペットを飼っていますか? 自分で手間暇かけて世話をする訳ですから、 飼い主さんの誰も …

母親に育児放棄されたキツネが人間に保護されて同じ施設にいた猫と仲良くなった結果…!

子ギツネのヴィクシー 子ギツネのヴィクシーは母親に育児放棄され、 このまま野生で暮らしていくことは難 …

PREV : おばあちゃんの手を握りしめた姿が写る「最期の1枚」に胸が熱くなる・・・
「全額寄付します」高須院長の台湾地震における義援金の寄付方法に称賛の声続々! : NEXT