Lenon


Lenonをフォローしよう!


茶トラ猫の兄弟は優しい女性に保護され、預かり先で最高に居心地の良い場所を手にした!


2匹を一緒に…

猫の無邪気な姿にはとても心が癒されますが、どの子もみんな幸せなわけではありません。

不幸にも飼い主に捨てられたり、母猫とはぐれてしまったりと猫の運命もさまざまです。

ある2匹の茶トラ猫が、さ迷っているところを女性に保護されました。

彼女は仲良く身を寄せ合っている2匹を見て、引き離すことはできないと感じます。

このまま保護センターに預ければ、この子たちの行く先がどうなるか分かりません。

そこで、女性はあることを思いつきました。

アメリカの掲示板サイト「reddit」のユーザーであるwhiskitforthebiscuit(W)さんは、

動物好きなお父さんのことを思い出しました。

そして、2匹をお父さんに対面させることに。

茶トラ猫たちのその後の生活を、次のページにてご覧ください。

 



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

飼い主と死別して行き場を失った犬を救ったのは仲の良い配達員だった・・・

ピットブルのレオは、飼い主のティナさんとカリフォルニア州のランチョ・クカモンガに暮らしていました。 …

13年にも及ぶ地獄!鶏小屋で生活させられた犬が望む幸せとは?

ジャグ アメリカのメリーランド州で、鶏小屋に押し込められていた犬が一度に保護されました。 約300匹 …

「子犬工場」から助け出されたチワワの抱きしめられている時の表情の変化に涙がこみ上げる・・・

パピーミル 皆さんは「パピーミル」という言葉を知ってますか? 日本語では「子犬工場」と訳し、母犬に子 …

動物の中で最もお母さんという役割に全力を注いでいるのはニワトリだと思わされる画像8選!

赤ちゃんを産み、育てる母は強いもの。 子供に食事を与え、危険がないように気を配り、時には叱って大きな …

鼻先のねじれた犬にシェルターで待ち受けていた悲しい再会と奇跡的な出会い…!

「バックヤードブリーダー」という、 専門的な知識を持たずに小遣い稼ぎのように犬を繁殖させる人たちがい …

PREV : お昼を理由に採用面接の時刻から40分待たせた担当者の開口一番に発した言葉がこちら…!
違反者を追跡中の白バイに道を譲った時の白バイの応対は「さすがプロ」と思えるものだった…! : NEXT