Lenon


Lenonをフォローしよう!


脱毛の再診に訪れたワンちゃんは飼い主が無知であるために悲惨な姿になっていた…!


世の中には、ペットを扱う動物病院がたくさんあります。

どこへ行けば良いか迷うほどですがそんな時、

飼い主さんにも少しの知識があれば病院を見分けることができるかもしれません。

これからご紹介するワンちゃんは、飼い主さんの無知でつらい思いをしました。

さらに民間治療を施され、酷い目にあったそうです。

紫色の被毛をしたワンちゃんの名前はキティー。

顔面や背中に脱毛があり、まだらに紫という悲惨な姿をしていますが、

なぜキティーはこのような姿になってしまったのでしょう?

そこには、飼い主さんのあまりにも浅はかな考えがありました。

気の毒なキティーのお話を、次のページで詳しくご紹介いたします。




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

不機嫌そうな顔のお婆ちゃん猫は1年以上も里親が見つからない!しかし彼女の本当の姿は・・・

どちらかと言えば視覚でものを判断する人間は、美しさや可愛らしさで優劣を決める傾向があります。 美男美 …

「#飼い主の心臓に悪いペットの寝相コンテスト」10選で思わず寿命が縮みそう・・・

「#飼い主の心臓に悪いペットの寝相コンテスト」というハッシュタグのもとに集まった10のツイートで思わず寿命が縮みそう(笑)

「いつも元気がないおじいちゃんを笑顔にしたい」その一心で猫を飼ってみたら・・・

病気を患ったことで、いつも不機嫌そうだったおじいちゃんを笑顔にするため、奇跡を信じて猫を飼うことにしてみた結果・・・

いつもご飯をくれる女性にお返しを持ってくる野良犬がいじらしい・・・

タイに住むOrawan Kaewla-iatさんは、たくさんの野良犬の面倒を見ることを日課としていま …

赤ん坊に接するピットブルの姿に当初大パニックだった男性は、“闘犬”への意識の変革を願うように・・・

自分の赤ん坊に接するピットブルに男性は大パニック!しかしその経験から、男性は“闘犬”への意識の変革を願うようになった・・・

PREV : コールダックを手に乗せる飼い主の足元で仲間が必死に奮闘していた!
市川海老蔵、息子の勸玄君と娘の麗禾ちゃんが涙した理由に「つらい。抱きしめることしかできない」 : NEXT