Lenon


Lenonをフォローしよう!


脱毛の再診に訪れたワンちゃんは飼い主が無知であるために悲惨な姿になっていた…!


世の中には、ペットを扱う動物病院がたくさんあります。

どこへ行けば良いか迷うほどですがそんな時、

飼い主さんにも少しの知識があれば病院を見分けることができるかもしれません。

これからご紹介するワンちゃんは、飼い主さんの無知でつらい思いをしました。

さらに民間治療を施され、酷い目にあったそうです。

紫色の被毛をしたワンちゃんの名前はキティー。

顔面や背中に脱毛があり、まだらに紫という悲惨な姿をしていますが、

なぜキティーはこのような姿になってしまったのでしょう?

そこには、飼い主さんのあまりにも浅はかな考えがありました。

気の毒なキティーのお話を、次のページで詳しくご紹介いたします。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

子ガメを発見したアシカの赤ちゃん!ガラパゴス諸島の日常はこんなにもほっこり・・・

生き物の宝庫 ガラパゴス諸島と聞くとリクガメや色鮮やかな鳥など、固有の動植物の宝庫で有名ですね。 ど …

後ろ足が動かなくなった子猫!もう一度自力で歩けるようになった姿に心震える・・・

ある日、子猫の『タリーランド』は庭にあった排水管の中で身動きがとれなくなっていました。 助けを求めて …

家が燃え盛る中、オムツを咥えながら赤ちゃんを救い出したピットブルの物語!

火事によって家が燃え盛る中、オムツを咥えながら赤ちゃんを救い出したピットブル!勇敢なワンちゃんの物語はこちら・・・

家で飼っている覚えのない猫が爆睡していた!翌日にはいなくなると思っていたら衝撃の展開へ・・・

美味しい食べ物につられてたまにやってくる野良猫。 しかし、人間になれていない野良猫は人の気配を感じる …

散歩中の犬が急に狂ったように吠えて公園のトイレへと向かった!その先には信じられないものが捨てられていた・・・

シェットランドシープドックという犬をご存知でしょうか。 シェルティーの愛称を持つこの犬は性格はおとな …

PREV : コールダックを手に乗せる飼い主の足元で仲間が必死に奮闘していた!
市川海老蔵、息子の勸玄君と娘の麗禾ちゃんが涙した理由に「つらい。抱きしめることしかできない」 : NEXT