Lenon


Lenonをフォローしよう!


脱毛の再診に訪れたワンちゃんは飼い主が無知であるために悲惨な姿になっていた…!


世の中には、ペットを扱う動物病院がたくさんあります。

どこへ行けば良いか迷うほどですがそんな時、

飼い主さんにも少しの知識があれば病院を見分けることができるかもしれません。

これからご紹介するワンちゃんは、飼い主さんの無知でつらい思いをしました。

さらに民間治療を施され、酷い目にあったそうです。

紫色の被毛をしたワンちゃんの名前はキティー。

顔面や背中に脱毛があり、まだらに紫という悲惨な姿をしていますが、

なぜキティーはこのような姿になってしまったのでしょう?

そこには、飼い主さんのあまりにも浅はかな考えがありました。

気の毒なキティーのお話を、次のページで詳しくご紹介いたします。




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

キラキラと宝石のように輝く瞳を持ったおねだり上手な子猫が成長すると…?

世界には多くの動物が生息していますが、 その中でも猫科の生き物はとても美しい姿や動きを見せてくれます …

交通事故で死んだはずの猫が土の中で息を吹き返し、奇跡的に生き返る!

死んだはずの猫 『バート』という名の猫は、フロリダ州の路上で車に轢かれてしまいました。 大怪我を負い …

縁の下で見つかり保護された2匹の小さな子猫たちの1年後の姿に誰もが驚く…!

縁の下で発見された2匹の小さな子猫!保護されて1年後の姿に、誰もがきっと驚くことでしょう…!詳細はこちら・・・

どん兵衛ハウスで暮らしていたツバメの雛たちにいよいよ巣立ちの時期がやって来ました…!

ツバメが巣を作るとその家は繁盛する、という昔からの言い伝えがあります。 田畑の害虫を食べてくれるツバ …

雨の中、道端をさまよっていた子猫を保護!すると”たてがみ”が信じられない変化を起こして・・・

アンデルセン氏作「みにくいアヒルの子」という有名な童話がありますが、 人間を含めて生き物全て子供の頃 …

PREV : コールダックを手に乗せる飼い主の足元で仲間が必死に奮闘していた!
市川海老蔵、息子の勸玄君と娘の麗禾ちゃんが涙した理由に「つらい。抱きしめることしかできない」 : NEXT