Lenon


Lenonをフォローしよう!


羽の一部が欠けていた蝶に対してある女性が起こした勇気ある行動によって奇跡が…!


羽が欠けていた蝶

アメリカに住んでいるロミー・マクロスキーさんと言う女性は、デザイナーの仕事をしています。

ロミーさんがデザイナーの仕事で身に付けたスキルを活かして起こした、

勇気ある行動に対して称賛の声が数多く集まっています。

ロミーさんはある日、庭の茂みの中から蝶の幼虫を何匹か見つけて育てることにしました。

育てた蝶が羽化して3日後、なぜか羽の一部が欠けている蝶を1匹だけ発見しました。

原因はさなぎの時にできた傷によるもので、どうやら羽が欠けた状態のまま羽化してしまったようです。

「これでは飛べないまま、死ぬことになってしまう」と、ロミーさんは心を痛めていました。

そして、ロミーさんはある勇気ある行動に出ます。

気になる方は次のページをご覧ください。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

猫用全自動トイレ、すごいけどサイヤ人のアレのようだと話題に!(笑)

ここ最近のペットブームご存知だと思いますが、猫の人気はとどまることを知りません。 全国の犬の飼育数を …

救出者は背景の無残な現状に気づき、この写真を投稿した女性を通報した!その実態は・・・

自称動物愛好家で22歳のシャルロット・マクファーソンさんは、熱心な乗馬愛好家でもありました。 イギリ …

犬たちが寒さに震えないようにいらないセーターを使って編み出されたアイデアが素晴らしい!

避難所の犬たちが寒さに震えることのないようにと、いらないセーターを使って編み出されたアイデアが素晴らしいと話題に!

洪水で街が水に沈みかかった!その時、動物愛に溢れた1組の親子がボートに乗って取り残された40匹の動物を救出…!

冠水 約2か月前、アメリカのテキサス州ブラゾリア郡で大規模な洪水が発生しました。 多くの人が避難する …

生まれつき体に異常があった子犬を安楽死させたいと申し出た飼い主→これに対する獣医師の答えは・・・

目の前にいる小さな命、その子犬は先天異常を持って生まれてきました。 「この子は長く生きられない」と言 …

PREV : 小さな命と永遠に別れることを告げられた両親!しかし2人の胸の中で奇跡が起きる・・・
ケーキ屋に来た無愛想なおじいさんに「ご自宅用ですか?」と聞いてみた結果・・・ : NEXT