Lenon


Lenonをフォローしよう!


羽の一部が欠けていた蝶に対してある女性が起こした勇気ある行動によって奇跡が…!


羽が欠けていた蝶

アメリカに住んでいるロミー・マクロスキーさんと言う女性は、デザイナーの仕事をしています。

ロミーさんがデザイナーの仕事で身に付けたスキルを活かして起こした、

勇気ある行動に対して称賛の声が数多く集まっています。

ロミーさんはある日、庭の茂みの中から蝶の幼虫を何匹か見つけて育てることにしました。

育てた蝶が羽化して3日後、なぜか羽の一部が欠けている蝶を1匹だけ発見しました。

原因はさなぎの時にできた傷によるもので、どうやら羽が欠けた状態のまま羽化してしまったようです。

「これでは飛べないまま、死ぬことになってしまう」と、ロミーさんは心を痛めていました。

そして、ロミーさんはある勇気ある行動に出ます。

気になる方は次のページをご覧ください。




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

行き場を失ったミニブタが猫の保護団体に引き取られた結果・・・

猫の保護団体に引き取られてきた、行き場を失ったなんとミニブタ!たくさんの猫たちに歓迎され、どんどん猫っぽくなっていき・・・

友達の家でお漏らしをしてしまった子犬が考えたおもしろ賢い行動をご覧ください…!

子犬を飼うと、一番にしなくてはならないのがしつけです。 無駄吠え、噛み癖、トイレのしつけ…。 最低で …

愛に飢え、悲しい目をしていた猫に最高の環境を与えても一つ足りないものがある!それは…?

悲しい目をしたライアン この猫は、猫の愛護団体「Here Kitty Kitty Rescue(HK …

短くてかわいい足で夏を満喫→水遊びに大はしゃぎなコーギーをご覧ください…!

夏といえばプール、海、スイカ、花火など、考えればきりがありません。 しかし、今からあなたは「夏といえ …

たまたま通りかかった勇気ある女性によって橋の上から落ちる寸前だった子猫が救われた瞬間!

暗闇の中に子猫を発見! しかし少し間違いがあれば、子猫は逆に命を落とすかもしれない状態。 このような …

PREV : 小さな命と永遠に別れることを告げられた両親!しかし2人の胸の中で奇跡が起きる・・・
ケーキ屋に来た無愛想なおじいさんに「ご自宅用ですか?」と聞いてみた結果・・・ : NEXT