Lenon


Lenonをフォローしよう!


普通じゃない状態で生まれたピットブルは安楽死を勧められるが里親は拒否し…!


普通じゃないサシャ

ウェストチェンスター郡で9月に誕生したのは、小さなピットブルでした。

しかしサシャと名付けられたこの犬は、通常と異なる状態で生まれてきたのです。

サシャは生まれた日、命が非常に危なかった状態のうえに生まれつき口が裂けていて、

色もそこだけ違っていました。

調べた結果、サシャは水頭症にかかっていることが明らかになりました。

この病気は、呼吸や排尿に問題を起こす深刻なものです。

サシャの担当になった看護師はデマルコさんと言います。

彼女は病気の猫を看病した経験が豊富にあり、

サシャへ誰よりも愛情を注ぎながらつきっきりで世話をしました。

サシャがその後どうなったのかは、次のページで詳しくご紹介いたします。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

友達の家でお漏らしをしてしまった子犬が考えたおもしろ賢い行動をご覧ください…!

子犬を飼うと、一番にしなくてはならないのがしつけです。 無駄吠え、噛み癖、トイレのしつけ…。 最低で …

この世のたった1人の家族と再会するためにホームレス男性がとった行動に感動…!

この世でたった1人だけいる自分の家族と再会するためにホームレス男性がとった行動に胸が熱くなる…!詳細はこちら・・・

興味津々に覗く二つの目線→もっとかわいい光景へ変わった瞬間がこちら!

ドアのわずかなガラス部分から、部屋を覗き込むかわいい目線が二つ。 その向こうにはなにがあるのか、二人 …

6回もの脳腫瘍を耐えた女性が見つけたのは小さな子猫!保護してから彼女の生活が変わり、半年後・・・

オフィスの片隅に… 看護師として人々を助ける仕事をするララミー・エヴァンスさん。 彼女は6回もの脳腫 …

木登りしちゃうくらい元気なこちらのおばあちゃん猫、何歳だと思いますか?

ミッサンとの出会い ミッサンちと出会ったのは、飼い主さんがまだ5歳の時です。 当時の飼い主さんは、新 …

PREV : 缶切りを使わずに缶切りを使うタイプの缶詰を開ける方法が画期的だと話題に!
ダウン症の男性が姪っ子を初めて抱っこする様子を見て家族はビックリした…! : NEXT