Lenon


Lenonをフォローしよう!


心を開くまでに半年を要した茶トラ猫の素顔はとても心優しい猫だった・・・


茶トラの猫、アンガスはジョセリン・クーリーさんのご主人の仕事場に突然姿を現しました。

アンガスは雨の日も風の日も、ダンプスター(大型のゴミ箱)の下に隠れて過ごしました。

そんな生活から半年が経った頃、ようやく彼を保護することに成功しました。

それから、野良猫アンガスには素敵な明日への道が開たのです。

心を開くのに半年

ジョセリンさんのご主人は、アンガスに新しい飼い主を探してやりたいと思いました。

そこでジョセリンさんにメールを送り、どうしたものかと相談したのです。

メールを受けたジョセリンさんはまずアンガスを動物病院へ連れて行き、

マイクロチップの有無を調べました。

しかしアンガスにマイクロチップは装着されておらず、元の飼い主を探し出すことはできませんでした。

そこで新たに里親を募集しようとしましたが、

その頃にはもうジョセリンさんはアンガスを手放すことができなくなっていました。

今ではマイクロチップも装着してワクチンも首輪も万全にし、

すっかりジョセリンさんのお家の子になってしまいました。

アンガスの新しい暮らしぶりは、次のページで詳しくご紹介いたします。




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

老犬との最後のドライブを写した写真が規約違反に!しかしその背景に涙が止まらない・・・

近年、空前のペットブームで犬や猫を飼う人が増えています。 しかし、家族同然の犬や猫にも必ずお別れの時 …

10年間毎日のように駅で飼い主の帰りを待つ猫のほっこりさせられる12枚の写真・・・

オランダのロッテルダムにある路面電車の駅に毎日ご主人様の帰りを待ち続ける猫がいます。 その猫の名前は …

鼻先のねじれた犬にシェルターで待ち受けていた悲しい再会と奇跡的な出会い…!

「バックヤードブリーダー」という、 専門的な知識を持たずに小遣い稼ぎのように犬を繁殖させる人たちがい …

最期を看取る天使のような眼差し→猫は大好きなおばあさんのそばを離れない・・・

アメリカのホスピスでの光景です。 もうすぐ旅立ってしまうおばあさんと、おばあさんを天使のような優しい …

助けられたのに悲しそうな目をしていた頭が曲がってしまっている犬!その理由とは…?

頭が片側に曲がってしまっていた犬は無事に救出されたものの、なぜか悲しそうな目をしていた…!果たしてその理由とは?

PREV : 大雪舞う東京駅で目撃された「美しさと日本人らしさを兼ね備えた光景」に称賛の声続々!
「これで煽ってくる奴は常識ゼロ」車に貼られたそのステッカーがこちら…! : NEXT