野良猫を大切に育てたらある日、何かを口に咥えて帰ってきた! 咥えていた驚きの物とは…? | Lenon-2ページ

Lenon


Lenonをフォローしよう!


野良猫を大切に育てたらある日、何かを口に咥えて帰ってきた! 咥えていた驚きの物とは…?


ストライダーが咥えていたのは・・・

仰天です。

ストライダーが咥えていた物は、なんと仔猫だったのです。

koneko1

拾われたストライダーは元来捨て猫が多い飼い主さんの近所で暮らしていた野良猫でした。

そのストライダーは甘え上手な性格で、飼い主さんからも大事にされながら順調に育ってきました。

おそらく捨て猫の地域で育ったストライダーは飼い主さんの家族と触れ合っていくうち、

「ここなら、他の猫を連れてきても大事に育ててくれるに違いない」と思ったのではないでしょうか?

koneko2

仔猫の名前は「ギムリ」

飼い主さんはストライダーの行動に驚きました。

ストライダーの目は、凛とした面持ちで飼い主さんを見つめています。

飼い主さんは仔猫を受け入れ、名前を「ギムリ」と付けました。

当初のギムリはかなり汚れていましたし、ノミもたくさんいました。

飼い主さんはストライダーと同様、お風呂に入れて猫用洗剤で洗い磨き上げました。

するとさらさらな毛並みが揃ってとても綺麗になりました。

愛くるしい仔猫に 大変身したのです。

gimuri1

gimuri2

ここからストライダーに加え、ギムリとの暮らしが始まったのです。

その様子は、次のページで詳しくご紹介いたします。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

多くの人が知らない絶句してしまうような象牙に隠された事実に対し、ある国が下した決断によって多くの命が助かったことで賞賛の声続々!

象牙の加工品で有名な中国。 その中国が2017年の内に、国内の象牙取引を全面廃止するという決断をしま …

20年間サーカス団に不自由な状態で飼われていたピューマを鎖の束縛から解放します…!

ムファサ 20年間太い鎖につながれてトラックの荷台で生きてきた一匹のピューマ。 サーカス団に飼われて …

犬舎の隅で世界の終わりのような表情でうなだれるシニア犬と過ごす時間が写真家に教えた事とは?

ロサンゼルス在住の写真家ジョン・ワンさんは、大の動物好きでした。 そのため彼は、犬や猫をはじめとした …

涙が溢れる!ガンで残り少ない命のホームレスの男性は「私の犬を助けてください」と道端で出会った女性に願いを託した・・・

全世界、どの国にもいるホームレス。 今回ご紹介するのはカリフォルニア州で暮らしている女性、「ジェニー …

生後45日の子柴犬が初めてのお庭へ→不安そうなこの子を優しくサポートしてくれるのは17歳のおばあちゃん犬!

生まれたばかりのモフモフした子柴犬。 初めてのお庭に緊張気味…。 するとおばあちゃん犬が子犬の近くへ …

PREV : 彼氏の誠実さを確かめるため、彼女はベッドの下に隠れる→しかし、その後の展開にショックを受ける…!
窓ガラスを舐めるワンちゃんの謎!聞くと「納得」のその理由とは・・・? : NEXT