Lenon


Lenonをフォローしよう!


鳴きながら道端を彷徨っていた野良猫が気がかりになり、女性が動物病院に連れて行くと・・・


動物との出会いにも運命的なものがあります。

自分が望んで保護施設や譲渡会に出向かなくても、縁があれば道を歩いていても出会いがあるものです。

これからご紹介するお話も、そのような運命的な出来事です。

しかしその猫との出会いには、プラスアルファがありました。

鳴いている猫

冬は雪に覆われるカナダのモントリオールで暮らすリンさんは、

偶然にもある野良猫と2ヶ月前に出会いました。

「その野良猫は悲しそうな泣き声を上げながら、私に駆け寄ってきました。そして私の腕へと飛び込み、側を離れようとしなかったのです。」

野良猫を保護したリンさんはこのように語ります。

推定1歳頃と思われるその野良猫は体も汚れて長い被毛も絡まり、

大量の毛玉を付けている酷い状態だったそうです。

あまりにも劣悪な野良猫の状態を見て、リンさんは近くの動物病院にその子を連れていきました。

そして、ある事実が分かったのです。

詳細は次のページにてご覧ください。




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

仲良しなオウムたち!何を言っているのかは分からないけど思わず頬が緩む・・・

3羽のオウムたちが仲良さそうに何か会話のようなことをしています!何を言っているのかは分からないものの、自然と頬が緩む・・・

中国の成都に行くならココは見逃し厳禁!『子パンダのてんこもり』に悶絶不可避!?(笑)

ゲームの大会に出場すべく中国を訪れたTwitterユーザーのトンピー(@tonpy_)さん。 しかし …

ダメだと注意されてもついついズル賢さが働く掟破りをしでかしたワンちゃん10選!

あなたが飼っている愛犬には、どうしてものってはいけない場所や部屋を言い渡していますか? その場所で大 …

昼食になると必ず食べ物をもらいに来るスズメ→最初は鬱陶しかったけどあることに気づいて関係が急転!

「アルプスの少女ハイジ」の中で、アルムの山でハイジは小鳥たちと楽しそうに遊んでいました。 ハイジが雛 …

保護されたワンちゃんが愛情によって命を輝かせ、心を開いた様子に胸が熱くなる・・・

孤独なカラ 「幸福は自分でつかみ取るもの」 このような人生論がありますが、それは自由な立場だから言え …

PREV : 治療に時間のかかる子宮の病気になり、仕事を辞めることを伝えた時の上司の返事に言葉を失った・・・
父を亡くして戸籍を取り寄せた時、昭和10年代が壮絶な時代だったことを思い知った…! : NEXT