Lenon


Lenonをフォローしよう!


鳴きながら道端を彷徨っていた野良猫が気がかりになり、女性が動物病院に連れて行くと・・・


動物との出会いにも運命的なものがあります。

自分が望んで保護施設や譲渡会に出向かなくても、縁があれば道を歩いていても出会いがあるものです。

これからご紹介するお話も、そのような運命的な出来事です。

しかしその猫との出会いには、プラスアルファがありました。

鳴いている猫

冬は雪に覆われるカナダのモントリオールで暮らすリンさんは、

偶然にもある野良猫と2ヶ月前に出会いました。

「その野良猫は悲しそうな泣き声を上げながら、私に駆け寄ってきました。そして私の腕へと飛び込み、側を離れようとしなかったのです。」

野良猫を保護したリンさんはこのように語ります。

推定1歳頃と思われるその野良猫は体も汚れて長い被毛も絡まり、

大量の毛玉を付けている酷い状態だったそうです。

あまりにも劣悪な野良猫の状態を見て、リンさんは近くの動物病院にその子を連れていきました。

そして、ある事実が分かったのです。

詳細は次のページにてご覧ください。




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

前足がないハンデなんてへっちゃら!元気に走り回る生まれつき前足がない猫に心揺さぶられる・・・

みなさんがイメージする猫の姿はどのようなものでしょう。 すらりとした足、しなやかな体を持っていて、身 …

サーカスで虐待を受け、病気にまでなってしまったトラ→保護したら美しい姿を取り戻した!

サーカスは見ているお客さんを時にはハラハラさせ、 時には笑わせてくれるエンターテイメント性あふれたも …

トラックの前に白鳥が!しかも後ろは大渋滞→だからこそ見えたドライバーの優しさ・・・

トラックの前を、白鳥が歩いています。 「白鳥がなぜ!?」あるいは「危ない!」と思われた方もいらっしゃ …

「私は心から愛してる」怪我を負った犬が捨てられていた本当の理由に涙が溢れる…!

チュウィ チワワのチュウィは、まだ3ヶ月の子犬でした。 彼はラスベガスの空港で怪我を負った状態で発見 …

猫のことが大好きな赤ちゃんのそばに猫を連れて行った結果、もう嬉しさが爆発状態!

赤ちゃんはまだ動くことができません。 ベビーベットに寝かされたままです。 でも、赤ちゃんはネコが大好 …

PREV : 治療に時間のかかる子宮の病気になり、仕事を辞めることを伝えた時の上司の返事に言葉を失った・・・
父を亡くして戸籍を取り寄せた時、昭和10年代が壮絶な時代だったことを思い知った…! : NEXT