Lenon


Lenonをフォローしよう!


鳴きながら道端を彷徨っていた野良猫が気がかりになり、女性が動物病院に連れて行くと・・・


動物との出会いにも運命的なものがあります。

自分が望んで保護施設や譲渡会に出向かなくても、縁があれば道を歩いていても出会いがあるものです。

これからご紹介するお話も、そのような運命的な出来事です。

しかしその猫との出会いには、プラスアルファがありました。

鳴いている猫

冬は雪に覆われるカナダのモントリオールで暮らすリンさんは、

偶然にもある野良猫と2ヶ月前に出会いました。

「その野良猫は悲しそうな泣き声を上げながら、私に駆け寄ってきました。そして私の腕へと飛び込み、側を離れようとしなかったのです。」

野良猫を保護したリンさんはこのように語ります。

推定1歳頃と思われるその野良猫は体も汚れて長い被毛も絡まり、

大量の毛玉を付けている酷い状態だったそうです。

あまりにも劣悪な野良猫の状態を見て、リンさんは近くの動物病院にその子を連れていきました。

そして、ある事実が分かったのです。

詳細は次のページにてご覧ください。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

泥棒を現行犯逮捕!盗んだものは相当な被害だけど可愛くて思わず笑ってしまう(笑)

確かに置いたはずのものが、なくなっていることってありませんか? 誰もいじっていないはずなのに、どう探 …

ティッシュ箱の中に子猫を発見!その後緊急で手術が施されたものの・・・

店先に置かれていたティッシュ箱の中に、なんと子猫を発見しました!その後急いで緊急手術が施されましたが・・・

20年以上人々を墓場で癒し続けた墓守猫→慰めの天使は最後まで任務を全うし、自らも天国へと旅立つ・・・

イギリスのガーンジー島にあるサンプソン教会区の教会で建てられた墓場は、 遺族たちが愛する者と最後のお …

「子犬工場」から助け出されたチワワの抱きしめられている時の表情の変化に涙がこみ上げる・・・

パピーミル 皆さんは「パピーミル」という言葉を知ってますか? 日本語では「子犬工場」と訳し、母犬に子 …

本当にあった話!警察官を病気で倒れた飼い主の所まで連れて行った犬の心揺さぶられる救出劇!

深刻な孤独死 高齢化社会が進んだ現代の日本において、孤独死は大変深刻な問題です。 子供も独り立ちし、 …

PREV : 治療に時間のかかる子宮の病気になり、仕事を辞めることを伝えた時の上司の返事に言葉を失った・・・
父を亡くして戸籍を取り寄せた時、昭和10年代が壮絶な時代だったことを思い知った…! : NEXT