Lenon


Lenonをフォローしよう!


鳴きながら道端を彷徨っていた野良猫が気がかりになり、女性が動物病院に連れて行くと・・・


動物との出会いにも運命的なものがあります。

自分が望んで保護施設や譲渡会に出向かなくても、縁があれば道を歩いていても出会いがあるものです。

これからご紹介するお話も、そのような運命的な出来事です。

しかしその猫との出会いには、プラスアルファがありました。

鳴いている猫

冬は雪に覆われるカナダのモントリオールで暮らすリンさんは、

偶然にもある野良猫と2ヶ月前に出会いました。

「その野良猫は悲しそうな泣き声を上げながら、私に駆け寄ってきました。そして私の腕へと飛び込み、側を離れようとしなかったのです。」

野良猫を保護したリンさんはこのように語ります。

推定1歳頃と思われるその野良猫は体も汚れて長い被毛も絡まり、

大量の毛玉を付けている酷い状態だったそうです。

あまりにも劣悪な野良猫の状態を見て、リンさんは近くの動物病院にその子を連れていきました。

そして、ある事実が分かったのです。

詳細は次のページにてご覧ください。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

棺桶の隣に座る悲しい顔を浮かべた1匹の犬がとった行動に、故人の家族は驚き涙した…!

棺桶の隣で悲しい顔を浮かべながら座っていた1匹の犬!この犬がとった行動に、故人の家族は驚くと共に涙が止まらなかった・・・

「今日手紙ないの?」としょんぼりするワンちゃん…その姿に同情した郵便屋さんがとった優しい行動!

家族が大好き! みなさん、ゴールデンレトリーバーという犬種にはどのような印象をお持ちでしょうか? 『 …

この子猫はビニール袋の中に固結びで閉じ込められていた→保護して1週間で見違えるような姿に…!

捨てる神あれば、拾う神あり。 現在、日本でも捨て猫の数が多くなってきています。 そんな捨て猫たちの世 …

モコモコ毛を生やしすぎて命の危機に晒されていた羊→毛刈り職人が決死の技術で命を救う!

動物保護団体に保護された『モコモコすぎる羊』 有袋類などの珍しい動物の宝庫・オーストラリア。 そんな …

かわいいけど繊細なナマケモノを守るたった1つの方法がこちら・・・!

のんびりと木にぶら下がっているナマケモノは南アメリカ・中央アメリカの熱帯林に生息し、 一生のほとんど …

PREV : 治療に時間のかかる子宮の病気になり、仕事を辞めることを伝えた時の上司の返事に言葉を失った・・・
父を亡くして戸籍を取り寄せた時、昭和10年代が壮絶な時代だったことを思い知った…! : NEXT