衰弱したリスを保護して回復後に野生へ還すとダブルの驚きが待っていた…! | Lenon-2ページ

Lenon


Lenonをフォローしよう!


衰弱したリスを保護して回復後に野生へ還すとダブルの驚きが待っていた…!


巣立ちの日

ベラはハリソンさんの家で、木ノ実をたくさん食べて順調に回復していきました。

すっかり元気になったベラは、翌年の4月には3匹の仲間と共に野生へ還って行きました。

野生に還されたリスたちは、興奮して走り回り回っていました。

もとの場所に帰ったことが、よほど嬉しかったのでしょう。

しかし喜ぶリスたちとは反対に、ハリソンさんは寂しい思いを募らせました。

これでもう、ベラたちとは会えなくなるだろうと思っていたのです。

1つ目の驚き

しかし、それからわずか数日後のことでした。

去ったはずのベラが、再びハリソンさんの家を訪れたのです。

その日から、ベラは来る日も来る日もハリソンさんの家に顔を出すようになりました。

一度野生に返したリスが、こうして会いに来るのはベラが初めてでした。

ダイニングの窓を外から覗いているベラ。

まるで、「遊びに来たよ」と言っているようですね。

2つ目の驚き

そんな日が続いたある日、ふらりとやって来たベラが足を負傷していました。

ハリソンさんは、また昔のようにベラを保護してやりました。

そしてその怪我も治り、ベラを再度自然に還そうとした時でした。

なんと、ベラは3匹の子リスを出産したのです。

「私が育てたリスの赤ちゃん。そして、その赤ちゃんの面倒まで見ることになるなんて、本当に驚きだわ」

ハリソンさんは嬉しそうに語りました。

母親となった今でも、ベラはハリソンさんの家を訪問し続けているとのこと。

野生のリスとの交流は珍しいことですね。

それだけハリソンさんが、愛情を持ってベラを育てたということなのでしょう。

ベラとハリソンさんとの、この関係が末長く続いていくと良いですね。

気に入ったらいいね!してね♪

【関連記事】

好奇心旺盛なイルカが水槽の中から外にいるリスを発見!その結果・・・(笑)

リスの生態を描いた公園の看板にまさかの実例!う〜ん、これは分かりやすい(笑)

幸せをもたらすかもしれない「白いリス」がイギリスの公園で見つかった!

母親に見捨てられた子鹿が人間の優しさに触れたことで再び家族の元に帰るまでの記録に心温まる…!

プーズーが日本にやって来た!高さが40センチしかない世界最小の鹿をご存知ですか?

出典:boredpanda/The Dodo



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

好奇心旺盛なイルカが水槽の中から外にいるリスを発見!その結果・・・(笑)

海の中を自由に泳ぐイルカは、好奇心旺盛な動物です。 野生にも関わらず、ヨットや小型船に近寄ってきます …

子猫がミルクを飲みに来ない!心配した母猫が呼びに行った結果・・・

猫は大体2~4匹くらいの子供を産むので、母猫は大変です。 小さな子猫はお尻を刺激しないと用足しができ …

「#飼い主の心臓に悪いペットの寝相コンテスト」10選で思わず寿命が縮みそう・・・

「#飼い主の心臓に悪いペットの寝相コンテスト」というハッシュタグのもとに集まった10のツイートで思わず寿命が縮みそう(笑)

捨て犬たちの面倒を見ている心優しいおじいさん→みんなを乗せてワンコ列車、出発進行!

ずらりと犬たちが並んで乗っているワンコ列車。 この列車のような車を運転しているおじいさんは、ユージン …

猫好きではなかった男性が1匹の猫と運命的な出会いを果たした結果・・・

公園を散歩していた夫婦のもとに、1匹の猫がやってきました。 その猫は猫嫌いな夫に駆け寄り、スリスリと …

PREV : 「出産があっても忘れてなかった!」福原愛の衝撃的なハンドメイド力に吉田沙保里も脱帽・・・
「酔っ払っていたら何をしてもいいの!?」ある親子が見舞われた事件に言葉を失う・・・ : NEXT