Lenon


Lenonをフォローしよう!


凍って動けない小鳥はもう手遅れだろうと思っていた犬の飼い主→しかし、犬は決して諦めなかった…!


この世の中に生きているのは人間だけではありません。

可愛がっているペットや森に暮らす動物、水中で生きる魚たち空を飛ぶ鳥や虫たちなど、

たくさんの命にあふれています。

しかし、食物連鎖の頂点にいる人間は知らず知らず、小さな生き物を軽視しているかもしれません。

1羽の小鳥

大雪が降った次の日のことです。

小型犬のヨークシャーテリアの飼い主さんは、雪が積もった庭で愛犬を遊ばせていました。

その時、ワンちゃんは何かを発見したようでした。

飼い主さんが近寄ってみると、そこには凍死したように見える1羽の小鳥が…。

飼い主さんは「もう手遅れだろう…」と思い、小鳥を気にしているワンちゃんに声をかけ、

部屋に連れて行こうとします。

しかし、ワンちゃんはそこから動こうとしませんでした。

果たして、小鳥を気にかけたワンちゃんの思いは飼い主さんに通じるのでしょうか?

気になる方は次のページをご覧ください。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

背筋ヒエヒエ注意!飼い主を鋭い目つきで狙うニャン殺者(暗殺者)な猫10選・・・

ニャン殺者(暗殺者)に要注意!? いつもそのかわいさで私たちを癒してくれる猫。 でも実は、私たちを背 …

空想上の生物と考えられていたツチノコ…しかし現代になって目撃情報が続々と!?

日本に生息すると言われている未確認生物(UMA)のひとつツチノコ。 ツチノコは頭が大きく、胴体の部分 …

宝石のようなオッドアイをもつ純白の猫に世界中が注目!サファイアと琥珀色の神秘をご覧ください・・・

パムパム 「オッドアイ」と聞くとなんだか神秘的なイメージがありますよね。 また、中には宝石のように美 …

心を開くまでに半年を要した茶トラ猫の素顔はとても心優しい猫だった・・・

ある家庭に保護された猫は心を開くまでに半年を要しました…!しかしその素顔はとても心優しい性格だったのです・・・

猫が虐待によって口の骨が折れてしまったにもかかわらず、激痛に耐えて無理に食事をとる理由は無償の愛だった…!

最近の風潮として、全ての事を経済的対価で測ってしまうという傾向が強いと思いませんか。 人々が、弱者へ …

PREV : ドライブスルーで買ったマックのポテトを熱々のまま持ち帰る裏ワザがこちら!
あるおみくじの説明書きが引く前から人間を試していると話題に!あなたはどうしますか? : NEXT