Lenon


Lenonをフォローしよう!


凍って動けない小鳥はもう手遅れだろうと思っていた犬の飼い主→しかし、犬は決して諦めなかった…!


この世の中に生きているのは人間だけではありません。

可愛がっているペットや森に暮らす動物、水中で生きる魚たち空を飛ぶ鳥や虫たちなど、

たくさんの命にあふれています。

しかし、食物連鎖の頂点にいる人間は知らず知らず、小さな生き物を軽視しているかもしれません。

1羽の小鳥

大雪が降った次の日のことです。

小型犬のヨークシャーテリアの飼い主さんは、雪が積もった庭で愛犬を遊ばせていました。

その時、ワンちゃんは何かを発見したようでした。

飼い主さんが近寄ってみると、そこには凍死したように見える1羽の小鳥が…。

飼い主さんは「もう手遅れだろう…」と思い、小鳥を気にしているワンちゃんに声をかけ、

部屋に連れて行こうとします。

しかし、ワンちゃんはそこから動こうとしませんでした。

果たして、小鳥を気にかけたワンちゃんの思いは飼い主さんに通じるのでしょうか?

気になる方は次のページをご覧ください。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

ギネス記録を持つ猫が2匹もいる男性の家!猫の仰天な姿をご覧ください・・・

アメリカのミシガン州に動物愛護団体を運営しているウィル・パワーズさんは、 2匹の猫と一緒に暮らしてい …

自然災害の写真を収めようとしていた→その数分後、まさかの救世主出現に驚かされる!

嵐に見舞われた南米の小さな町で起きた奇跡の救出劇。 そこに登場するのは私たち人間ではありません。 嵐 …

宝石のようなオッドアイをもつ純白の猫に世界中が注目!サファイアと琥珀色の神秘をご覧ください・・・

パムパム 「オッドアイ」と聞くとなんだか神秘的なイメージがありますよね。 また、中には宝石のように美 …

ガンを患い、余命6ヶ月に…もうすぐお別れとなる愛犬の飼い主が考えた「死ぬまでにやりたいことリスト」に涙が止まらない…!

愛犬ジゼルのガン アメリカ・ニューヨーク州マンハッタンに住む旅行作家のローレンさんは、イングリッシュ …

ボロボロの状態で発見された15歳の老猫が保護された施設で運命の人と出会うと・・・

ある日、全身ボサボサの15歳の老猫が発見され、『ボールヒーズ・アニマル孤児院』へ保護されました。 ス …

PREV : ドライブスルーで買ったマックのポテトを熱々のまま持ち帰る裏ワザがこちら!
あるおみくじの説明書きが引く前から人間を試していると話題に!あなたはどうしますか? : NEXT