「野良猫を保護した」とおばあちゃんが言うので孫が見に行くとそこにいたのは…! | Lenon-2ページ

Lenon


Lenonをフォローしよう!


「野良猫を保護した」とおばあちゃんが言うので孫が見に行くとそこにいたのは…!


野良猫を保護?

アメリカのカンザス州に暮らすEric Hertleinさん。

近所に住む彼のおばあちゃんは野良猫たちを保護する活動を行っており、

家に何匹もの保護猫たちが住んでいます。

最近また猫を保護したということだったので、Ericさんはさっそくおばあちゃんの家へ遊びに行くことに。

そこで驚きの光景を目の当たりにします。

手前に座るのは間違いなく猫のようですが、そこにいるのは野生のオポッサム。

ネズミのような見た目をした有袋類で、フクロネズミとも呼ばれています。

おばあちゃんは自宅のベランダを野良猫たちの避難所に改装し、

いつでも入れるように開放しっぱなしなのだそうです。

オポッサムは野良猫たちに紛れて侵入したようです。

おばあちゃんの反応

オポッサムのことを野良猫だと思い込んで「テテ」という名前まで与えて可愛がっていたのに、

実は猫じゃないという真実を知ってしまったおばあちゃん。

しかし驚く素振りを全く見せず、Ericさんにこう言いました。

「例え野良猫じゃなくたって、私は気にしないわ。この子は誰にも迷惑をかけていないんだから、このまま一緒に面倒を見てあげてもいいじゃない。」

おばあちゃんは、優しく寛大な心をもっていたのです。

「テテ」の正体を知ったおばあちゃん。

今でも変わらず猫たちとオポッサムの世話をしながら、のんびりと暮らしているそうです。

気に入ったらいいね!してね♪

【関連記事】

優しい女性に保護されたオポッサムは彼女に優しさに触れ、野生での暮らしを捨てて彼女との生活を選んだ!

母親を失ったオポッサムを背中に乗せ続けたジャーマンシェパードの母→種類は違っても支え合って生きる2匹の姿に感動…!

家の前に、度々猫を捨てられる92歳のおばあさんの行動に胸が熱くなる・・・

2年前に愛するの夫を亡くして悲しみに暮れていたおばあさんを救ったのは大嫌いなはずの猫だった…!

ホスピスで最期が近づくおばあさんの最後の願いは子猫を抱きしめること!願いの行方は・・・?

出典:LoveMeow




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

竜巻の被害状況を中継していたレポーターが目にした光景に笑いが止まらず、中継が途切れ・・・

竜巻による被害は家の屋根が飛んで行ってしまったり、車が飛ばされたりと壮絶なものです。 そんな竜巻は突 …

ワンちゃんが現れてもじ〜っと動かない猫!まったりとした動画に癒される・・・

ある場所に猫がいました。 柔らかい春の日を浴びて、眠っているようです。 するとそこへ、コーギーのワン …

1週間も放置された木箱!その中に入れられていたものに衝撃と怒りの声が寄せられる…!

空港に忘れられた木箱 よく空港を利用した時、 「荷物が紛失した」「荷物だけ便が遅れてる」などと困った …

猫が電車の車内で爆睡中!飼い主を探してあげようとFacebookで呼びかけた結果・・・

地下鉄の車内に猫!? もし、電車の中で猫が長々と寝ていたらどうでしょう。 大抵の人は驚きますよね。 …

縛られたままゴミ箱の中に放置され、死を待つのみという状態だった犬の運命は…?

縛られたままゴミ箱の中に放置され、死を待つのみという状態だった犬!あまりにも悲惨な状況だった犬の運命は…?詳細はこちら・・・

PREV : 韓国と日本、それぞれで流行っているメイクを顔半分ずつに施して比較した結果…!
高須院長、衝撃の金額となった『昭和天皇独白録』を自腹で落札!「皇室にお返しします」というコメントに称賛の声続々・・・ : NEXT